また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2484154 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

根石岳〜硫黄岳(赤岳断念)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月08日(土) ~ 2020年08月09日(日)
メンバー , その他メンバー6人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
あずさ新宿発7:00 茅野9:07着
茅野駅から桜平までジャンボタクシー16000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間11分
休憩
45分
合計
5時間56分
S桜平駐車場(中)10:1410:25桜平10:52夏沢鉱泉10:5811:59オーレン小屋12:0312:48箕冠山12:55根石岳山荘13:03根石岳13:0913:24根石岳山荘13:3414:03夏沢峠14:05山びこ荘14:10ヒュッテ夏沢14:15夏沢峠14:15山びこ荘14:15ヒュッテ夏沢15:27硫黄岳15:4616:10硫黄岳山荘
2日目
山行
4時間13分
休憩
25分
合計
4時間38分
硫黄岳山荘08:0908:34硫黄岳08:59赤岩の頭09:54ジョウゴ沢09:58大同心沢(大同心ルンゼ)分岐10:0010:10赤岳鉱泉10:3111:19堰堤広場11:2111:56美濃戸11:56美濃戸山荘11:57美濃戸12:01赤岳山荘12:03やまのこ村12:41八ヶ岳山荘12:41yatsugatake J&N12:41美濃戸口12:46美濃戸口12:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
桜平ー夏沢鉱泉 舗装路急登
赤岳鉱泉ー美濃戸ー美濃戸口 林道ー舗装路 地味につらい
その他周辺情報桜平駐車場(中)のトイレは閉鎖していました。
硫黄岳山荘 水豊富、コンセント豊富、トイレ綺麗、ドコモ電波wi-fi有り

写真

西だか東の天狗も見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西だか東の天狗も見えた
赤岳も見え明日に期待大事‼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳も見え明日に期待大事‼
赤岳断念を決定(´Д⊂ヽ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳断念を決定(´Д⊂ヽ

感想/記録

去年天候で山行自体中止した赤岳〜硫黄岳のストーカー山行

今回は天気悪くても行きやすい硫黄岳山荘泊にして桜平スタートとし初日は根石岳よって硫黄岳山荘泊としました。
梅雨も明け天気期待していましたが台風発生もあり当日もよく分からない予報・・・
茅野駅までのあずさ車中も雲がかかっておりもやもや。

尻上がり回復期待して桜平からスタートトイレがコロナの為か閉鎖中
スタートから夏沢鉱泉までは舗装路だが意外に急登
そこからは沢沿いに歩いてオーレン小屋からは樹林帯歩き易い道です。
読み方が覚えられない箕冠山過ぎて景色が開けた思ったら根石岳山荘
しかしガスって展望は開けない(;^ω^)

山荘付近に荷物をデポして根石岳へ風が強く頂上では晴れて天狗岳が見える!
トイレを済まして硫黄岳方面へ戻る
当初は根石岳山荘に泊まり二日目は天狗へ下るコースも考えてました。
ここからは天気も中々で夏沢峠過ぎてからの岩稜帯は日差しに涼しい風が気持ちよかったです。
前回白い闇だった硫黄岳の爆裂火口の全容も見れて明日に期待高まります!

硫黄岳山荘は綺麗で水が豊富で水洗トイレどころかシャワーまである充実ぶり
しかもクレジットカード使えて利用しなかったですが電子マネーも使える雰囲気でしたステッカーがたくさん貼ってました!
しかもいたるところにコンセントがあるというちょっとした民宿でした!
携帯もドコモは電波入りましたしWi-Fiもありました
就寝が8時で朝飯が早くても6時10分と夜の時間が長いですが寒くてそそくさと寝ましたが今年初の小屋泊のせいか結構息苦しかったです(;^ω^)
夕食時間には長野県警の山岳隊の方も宿泊していたので簡単な講習みたいなのも受けれました。

そして息苦しいのが和らいで寝たと思ったら風の音で目が覚める時間は4時・・・
とりあえずは動き出す人出るまでまって5時過ぎに外見に行くと強風(´・д・`)
15Mの風にガスの白い闇・・・昼には天気落ち着く予報でしたが一番大変な硫黄岳〜赤岳間は午前中、天気の回復待ち一時間スタート遅らせまいたが回復せず
赤岳へ向かう方もチラホラ居ましたが自分たちは断念して硫黄岳から赤岳鉱泉ー美濃戸口へと下山

赤岩の頭までは岩稜帯そこからは樹林帯で赤岳鉱泉ここの樹林意外に歩き易かったです赤岳鉱泉からは林道そして美濃戸から美濃戸口までは舗装路これが地味につらかったです
赤岳鉱泉は小屋の中は行きませんでしたがテントはかなりの賑わってました
このころには天気もだいぶ落ち着いてました
前行った業者小屋もですが赤岳鉱泉もドコモ電波届かず×

赤岳山荘で風呂に入り茅野駅の蕎麦屋で軽く反省会開き
16時過ぎのあずさで帰路へ車窓からは赤岳の雄姿が・・・
また来たいと思いました。

目標の硫黄岳ー赤岳は無理でしたが結構マイナーな根石岳を同行者に見せれたのはよかったです、そして八月なのに涼しくむしろ夜は寒くインナーダウン必須)気持ちの良い山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:56人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ