また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2525313 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

高畑山〜倉岳山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR中央本線「鳥沢」駅をスタート
JR中央本線「梁川」駅にゴール
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
1時間31分
合計
5時間18分
S鳥沢駅08:2208:54小篠貯水池09:16穴路峠分岐09:2009:49仙人小屋跡地09:5010:11高畑山10:2210:23雛鶴分岐10:2410:43天神山10:4410:46穴路峠11:08倉岳山12:1812:41立野峠12:4213:25倉岳山登山口13:2713:40梁川駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小篠貯水池から上は、しばらくの区間道が荒れていて足元に注意が必要。
また、下りで利用した月屋根沢沿いのルートも道が荒れていて足元に注意が必要。月屋根沢沿いでは顔の周りに小さな虫が飛び回って追い払うのに苦労する。刺されるわけではないのだが、時々目などに入るので厄介。
特に月屋根沢沿いのルートでは徒渉する箇所が多いので、水量の多い時は苦労すると思われる。
全体的に荒れた道が多いので、トレイルランには向かない。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動職 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック 入浴道具
共同装備 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) 計画書 ファーストエイドキット ツェルト
備考 虫よけのヘッドネットがあると良い。

写真

鳥沢駅に到着。
2020年08月23日 08:03撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥沢駅に到着。
駅舎はきれい。
2020年08月23日 08:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅舎はきれい。
これから向かう方面の山々にはガスがかかっている。
2020年08月23日 08:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう方面の山々にはガスがかかっている。
中央線の線路をくぐる。
2020年08月23日 08:30撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央線の線路をくぐる。
小篠の集落を過ぎるとゲートがあるので、右側の扉を開けて入る。
2020年08月23日 08:50撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小篠の集落を過ぎるとゲートがあるので、右側の扉を開けて入る。
小篠貯水池の水はきれいな青色。
2020年08月23日 08:54撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小篠貯水池の水はきれいな青色。
1
貯水池から先の道は荒れていて、足元に注意が必要。
2020年08月23日 09:00撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水池から先の道は荒れていて、足元に注意が必要。
途中、カエルに出会った。
2020年08月23日 09:03撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、カエルに出会った。
1
高畑山に到着。
2020年08月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山に到着。
ガスっていて富士山は見えず。
2020年08月23日 10:11撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて富士山は見えず。
晴れていればこういう具合に見えるらしい。
2020年08月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていればこういう具合に見えるらしい。
倉岳山に向けて出発。
2020年08月23日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山に向けて出発。
尾根から鳥沢方面の市街地が見える。
2020年08月23日 10:39撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から鳥沢方面の市街地が見える。
穴路峠に到着。
2020年08月23日 10:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴路峠に到着。
この辺りは涼しい風が通り抜ける。
2020年08月23日 10:47撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは涼しい風が通り抜ける。
大分以前のものと思われる倒木が、尾根道を塞いでいる。
迂回ルートはある。
2020年08月23日 10:51撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分以前のものと思われる倒木が、尾根道を塞いでいる。
迂回ルートはある。
倉岳山へ到着。
2020年08月23日 11:09撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山へ到着。
何も見えず。
晴れていれば目の前に大きな富士が見えるとの事。
2020年08月23日 11:09撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えず。
晴れていれば目の前に大きな富士が見えるとの事。
昼食は水戻しパスタにキューピーの「あえるパスタソース ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立て」をかけて食べる。
2020年08月23日 11:29撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食は水戻しパスタにキューピーの「あえるパスタソース ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立て」をかけて食べる。
1
やはり何も見えないので、下り始める。
2020年08月23日 11:55撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり何も見えないので、下り始める。
梁川側の登山口に到着。
2020年08月23日 13:27撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川側の登山口に到着。
梁川駅にゴール。
2020年08月23日 13:42撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川駅にゴール。

感想/記録

午後から雨の降る予報だったために、午後の早めの時間に下山できるように鳥沢駅をスタートした。
距離的にはそれほど長くはないのだが、岩の転がる沢を歩いたり、足元の荒れた道が多かったりしたので苦労した。また、気温も若干高めだったので、登りでは汗が止まらなかった。
汗だくになりながらたどり着いた高畑山山頂では、予報通りに曇っていたため富士山は全く見えなかった。したがって、水分と行動食を補給してすぐに移動を開始した。
高畑山から倉岳山へ向かう途中から太陽が顔を出し始めたので、富士山が見られる事を期待しながら倉岳山に着いたが、やはり富士山は全く見えなかった。
その倉岳山の山頂で昼食とした。今回は自身2度目の水戻しパスタにキューピーの「あえるパスタソース ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立て」をかけて食べた。パスタはちょうど良い硬さだったので、これからもヤマメシに活用できそうだ。
コーヒーを淹れながらしばらく富士山が顔を出すのを待ったが、結局最後まで見ることはできなかった。
立野峠を経由して、月屋根沢に沿ってを下り始めると、足元が岩だらけとなり倒木も多かったので、慎重に下った。途中数ケ所で徒渉する場所があったが、水量が少なく問題なく渡れた。ただ、沢沿いを歩いている時は常に小さな虫が顔の周りを飛び回り、追い払うのに苦労したので、ネットなどがあると良いだろうと思った。
その後舗装路に出て15分程歩き、梁川駅に到着した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:277人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 倒木 行動食 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ