また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2528806 全員に公開 ハイキング 九州・沖縄

鶴見岳_猪の瀬戸からロープウエイ登山口へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
別府駅からバス往復
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
1時間17分
合計
7時間1分
S猪の瀬戸09:1109:24山桜の大木09:43林道通過10:02登山口への林道10:04猪ノ瀬戸園地10:19林道終点・登山口10:2011:04船底新道分岐11:1011:18西ノ窪分岐11:3511:47馬の背11:5912:22鶴見岳12:5413:48南平台分岐13:5714:21火男火売神社14:52別府高原駅16:12ゴール地点/霊泉寺バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
猪の瀬戸バス停から猪の瀬戸園地内まではどこでも歩けるが、径を辿るのはそれなりに難しく地図に注意。
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし、西面は沢を渡る箇所なども含め不明瞭な箇所多い
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

別府駅からバス:0820発、猪の瀬戸下車。降りたところに山椒の木があった。実が赤いのを見たのは初めて。
2020年08月25日 09:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別府駅からバス:0820発、猪の瀬戸下車。降りたところに山椒の木があった。実が赤いのを見たのは初めて。
2
道路を横断する川方向を目指すが下草が多く断念、湿原奥に向かう径へ
2020年08月25日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を横断する川方向を目指すが下草が多く断念、湿原奥に向かう径へ
直ぐに川方向に向かう分岐があり、よく下草が刈られていたので正解
2020年08月25日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに川方向に向かう分岐があり、よく下草が刈られていたので正解
川を渡って道路下を横断・通過
2020年08月25日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡って道路下を横断・通過
よく下草が刈られていて快適
2020年08月25日 09:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく下草が刈られていて快適
既に咲き終わったキツネノカミソリ。ちょっと径からそれてしまっていた。
2020年08月25日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に咲き終わったキツネノカミソリ。ちょっと径からそれてしまっていた。
いい目印になる大振りの山桜。
2020年08月25日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい目印になる大振りの山桜。
林道を横断、その後の背の高いカヤトの藪を越えて振り返る。左側から出てくるのが正解か?
2020年08月25日 09:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断、その後の背の高いカヤトの藪を越えて振り返る。左側から出てくるのが正解か?
登山口に続く林道にでる。山側でしばしばチェーンソーの音がしていた
2020年08月25日 10:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に続く林道にでる。山側でしばしばチェーンソーの音がしていた
気象庁の地殻変動観測設備
2020年08月25日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気象庁の地殻変動観測設備
新しく林道が築かれ切り出された杉が並んでいた。チェーンソーの音を納得。
2020年08月25日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しく林道が築かれ切り出された杉が並んでいた。チェーンソーの音を納得。
1
林道の断面から火山の地下浅い部分はスカスカであることに納得
2020年08月25日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の断面から火山の地下浅い部分はスカスカであることに納得
1
登山口に到着
2020年08月25日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着
1
標識はしっかりしている
2020年08月25日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はしっかりしている
沢を渡ったりするが、テープ・標識に注意
2020年08月25日 10:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ったりするが、テープ・標識に注意
右岸を大きくトラバースして、船底新道に向かう分岐
2020年08月25日 11:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を大きくトラバースして、船底新道に向かう分岐
南平台に向かう分岐
2020年08月25日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台に向かう分岐
馬の背:内山への尾根通しは通行止め
2020年08月25日 11:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背:内山への尾根通しは通行止め
由布岳は雲の中だが、登山口周辺はよく見える
2020年08月25日 11:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
由布岳は雲の中だが、登山口周辺はよく見える
鞍の戸方面の尾根は崩壊が酷くなっているような気もする。崩壊部は青くなっているようだ
2020年08月25日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍の戸方面の尾根は崩壊が酷くなっているような気もする。崩壊部は青くなっているようだ
2
鶴見岳山頂の電波塔を確認
2020年08月25日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳山頂の電波塔を確認
アザミの葉が足に刺さり痛い。払おうとしたら手にも切り傷が。慌てて手袋装着
2020年08月25日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの葉が足に刺さり痛い。払おうとしたら手にも切り傷が。慌てて手袋装着
鶴見岳山頂。直前に一人いた人も帰り一人占め。
2020年08月25日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴見岳山頂。直前に一人いた人も帰り一人占め。
2
冷やして持ち込んだアルコールとパチリ。その後喉を潤す。
2020年08月25日 12:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷やして持ち込んだアルコールとパチリ。その後喉を潤す。
1
温度計・気温は24度、沢を登ってきたときは23度代だった。
2020年08月25日 12:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温度計・気温は24度、沢を登ってきたときは23度代だった。
由布岳もくっきり
2020年08月25日 12:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
由布岳もくっきり
別府湾の展望も確保できた
2020年08月25日 12:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別府湾の展望も確保できた
1
アザミの群落
2020年08月25日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの群落
最後の展望:別府湾・高崎山側
2020年08月25日 12:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の展望:別府湾・高崎山側
志高湖、バス道路までメガソーラーパネルが展開
2020年08月25日 13:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志高湖、バス道路までメガソーラーパネルが展開
ちょっと降りるとロープウエイ山頂駅への分岐
2020年08月25日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと降りるとロープウエイ山頂駅への分岐
径をちょっと離れたところにツチアケビが
2020年08月25日 13:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
径をちょっと離れたところにツチアケビが
南平台分岐、もう一方側
2020年08月25日 13:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南平台分岐、もう一方側
ヘビが逃げていった
2020年08月25日 13:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘビが逃げていった
林道を通過
2020年08月25日 14:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を通過
火男火売神社
2020年08月25日 14:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火男火売神社
参道下の手水舎、豊富に流れ出ている
2020年08月25日 14:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道下の手水舎、豊富に流れ出ている
1
鳥居バス停からの道に合流
2020年08月25日 14:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居バス停からの道に合流
旗の台バス停との分岐
2020年08月25日 14:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旗の台バス停との分岐
浅見川源流:大きな岩が流れに停まっている。最近だろうか
2020年08月25日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅見川源流:大きな岩が流れに停まっている。最近だろうか
キツネノカミソリはここではまだ花が残っていた
2020年08月25日 15:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネノカミソリはここではまだ花が残っていた
民家に降りてきて一休み
2020年08月25日 15:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家に降りてきて一休み
バス停まで杉乃井ホテル側の断層面を降りる
2020年08月25日 16:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停まで杉乃井ホテル側の断層面を降りる
途中に滝も確認、その後まもなく霊泉寺バス停
2020年08月25日 16:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に滝も確認、その後まもなく霊泉寺バス停
2

感想/記録

暑い中での行動に若干不安もあったので、山頂以降の行動に自由度がある鶴見岳に行くこととした。バス停を降りて下草の茂りが多いことを実感した。赤い実を付けた木が山椒であることに驚き写真を撮った。帰宅を確認すると熟れると赤くなることが分かった。実を採取してくればよかったと思った。
赤い山椒の赤い実の食べ方!乾燥させて調味料にすると絶品!【秋の味覚】
https://always-aki.net/archives/333

馬の背からの登り径アザミの葉が足に当たってかなり痛かったので手で払ったら手も傷ついてしまった。鹿が食べない・登山者の踏みつけも少なくなっているからであろうかアザミの繁殖が気になった。

下山時の林の木の株横に昨年の秋初めて知ったツチアケビを見つけた。試しに焼酎に浸けてみよう実を2つほど持ち帰った。改めて確認するとランの一種であることを認識した。
6月頃にはいかにもランらしい花を咲かせます。実からはちょっと想像しにくいけどランです。葉を持たず光合成をせずナラタケに寄生し、栄養をもらい成長する菌従属栄養植物です。そういわれてみればショウキランに似ている。ナラタケに寄生ということは、この辺りにはあのポリポリと食感のいいナラタケが発生するということかな。楽しみ!。
https://hachikita.jp/%E3%83%84%E3%83%81%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%93%E3%81%AE%E5%AE%9F/

今回山もそれなりに涼しいことを実感した。気温は午前中は25度以下だった。なお持ち込み水量2リットル全て飲んでしまった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:137人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ