また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2530668 全員に公開 アルパインクライミング 日光・那須・筑波

松木沢ジャンダルム 中央壁直上ルート

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月26日(水) [日帰り]
メンバー
 yachimayu(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:銅親水公園(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間59分
休憩
9分
合計
12時間8分
S銅親水公園入口BS06:2018:14銅親水公園入口BS18:2318:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

●駐車場出発
2020年08月26日 06:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●駐車場出発
●松木渓谷へ
2020年08月26日 06:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●松木渓谷へ
●橋を渡ったところに簡易トイレ2基あり
2020年08月26日 06:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●橋を渡ったところに簡易トイレ2基あり
●林道を進みます
2020年08月26日 07:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●林道を進みます
●林道終点から河原へ
2020年08月26日 07:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●林道終点から河原へ
●今回の渡渉ポイント
2020年08月26日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●今回の渡渉ポイント
●正面(少し過ぎた)に、ジャンダルム
2020年08月26日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●正面(少し過ぎた)に、ジャンダルム
1
●全容を眺める
2020年08月26日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●全容を眺める
1
●踏み跡をたどって着く基部の場所、取付きへは左方向へ
2020年08月26日 08:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●踏み跡をたどって着く基部の場所、取付きへは左方向へ
1
●今回の1ピッチ目
2020年08月26日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●今回の1ピッチ目
1
●1ピッチ目リードMちゃん
2020年08月26日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●1ピッチ目リードMちゃん
●2ピッチ目終了点より見下ろす
2020年08月26日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●2ピッチ目終了点より見下ろす
●2ピッチ目の終了点。RCCボルトとカムで。
2020年08月26日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●2ピッチ目の終了点。RCCボルトとカムで。
●2ピッチ目終了点のすぐ左横には錆びたリング3つ。使いたくない。
2020年08月26日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●2ピッチ目終了点のすぐ左横には錆びたリング3つ。使いたくない。
●3ピッチ目出だし
2020年08月26日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●3ピッチ目出だし
●3ピッチ目のガレ
2020年08月26日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●3ピッチ目のガレ
1
●3ピッチ目の終了点。残置スリング、見かけたのはここだけ。
2020年08月26日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●3ピッチ目の終了点。残置スリング、見かけたのはここだけ。
●4ピッチ目の3本のクラック
2020年08月26日 12:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●4ピッチ目の3本のクラック
1
●5ピッチ目
2020年08月26日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●5ピッチ目
●6ピッチ目、コブシ岩
2020年08月26日 13:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●6ピッチ目、コブシ岩
1
●コブシ岩てっぺんから見下ろす
2020年08月26日 13:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●コブシ岩てっぺんから見下ろす
1
●頂上からの景色
2020年08月26日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●頂上からの景色
●下降は、右ルンゼ方向から
2020年08月26日 14:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●下降は、右ルンゼ方向から
●残置ロープ1本目
2020年08月26日 16:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●残置ロープ1本目
●残置ロープ2本目
2020年08月26日 16:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●残置ロープ2本目
●夕暮れを帰る。お疲れ様でした!
2020年08月26日 17:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●夕暮れを帰る。お疲れ様でした!

感想/記録

数年前に行った中央ルンゼ(アイゼントレ)以来、2度目の松木沢ジャンダルム。

●アプローチ
前回は、ジャンダルム正面当たりから渡渉、急傾斜を登って取付きに着いた記憶があったのですが、今回は河原の左岸側を歩けるギリギリまで上流へ。
ジャンダルム正面を少し過ぎたあたりから渡渉すると、樹林帯に踏み跡あり。
短い樹林後、ルンゼ下のガレでなく木々の下のケルンをたどるとジャンダルム基部へたどり着く(こんな明瞭な踏み跡があったのですね)。
右ルンゼあたりに着くので、左方向に回り込むと中央ルンゼにたどり着く。

●松木沢ジャンダルム 中央壁直上ルート
・1ピッチ目
正規のチムニーを見落とし、中央ルンゼ寄りのカンテを上がる。
1ピッチ目終了点(チムニー上がった先)より若干ルンゼ寄りで切っていたので、2ピッチ目のクラック下まで移動。

・2ピッチ目
出だし数手がハンドサイズの右上するコーナークラック。右足はフェースを拾える。
途中 #4幅になり、その後左半身を突っ込むオフウィズスへ。
傾斜は緩い為落ちはしない。右フェースのクラックにプロテクションを取るようにすれば、ジリジリ身体を上げられる。

・3ピッチ目
支点を取ったクラックからも上がれそう。左側の凹角を登りガレを通る。
大バンドの残置で切ったが、ここに残置スリングがあった。

・4ピッチ目
クラックが何本も入り、プロテクションは取りやすい。

・5ピッチ目
トポ(新版マルチピッチルートスーパーガイド)では「50m」とあったが、30m程度でコブシ岩下に着いた模様。

・6ピッチ目
コブシ岩は左側から回り込めば、ノーロープで頂上にたどり着けそう。
少々かぶり気味の正面側に回り込むと、古いハーケンと真新しいハーケン(8割しか入っていない)が並んで打ってあったので、こちら側を登る。
上部は、上記ハーケン以外プロテクションは取れないが、手はガバ。少しだけフリーチックなムーブで、一気に頂上へ。頂上の残置のハーケンとカムで後続を引き上げる。

●下降
頂上から左奥側に捨て縄がセットされているが、下はガレで、2回目以降の懸垂が出来るかは疑問。
先述のトポでは、中央ルンゼを懸垂下降するよう記載されているが、登攀中確認した限りでは、懸垂下降出来そうな残置や木は無かったように思う。
(そんなに積極的に探しまくったわけではないが)
前回、右ルンゼ側に懸垂下降で降りたこともあり、また上から見渡すと、途中に残置の懸垂支点が見えたので、そちら側から降りることにする。
最初の踏み跡を途中で見失い少し彷徨った結果、ガレを下ってしまう。
ピナクルや木で懸垂下降(ロープを頼った下降)し、残置の懸垂支点まで。
下からよくよく見ると、踏み跡があった。
懸垂下降後、残置ロープがある木まで徒歩で移動し、残置沿いにクライムダウン。
残置ロープは2本あり。右ルンゼ下にたどり着いた。

<感想・反省点>
タイムリミットとしていた14時までに頂上にはたどり着けたが、3人なので時間がかかることを考慮し、もっと水分を持って登るべきだったと反省。基部に戻って来た時は、3人とも手持ちの水分は全く無くなっていた。
半分ほど、今回もオールリードかなぁ(そうなっても楽しいルートを選んだのですが(笑))と思っていたので、3人で2ピッチずつリード出来て、それはそれで良かったと思います。

「ゲレンデ」と言われている岩場ですが、本チャンに近く、登攀やプロテクション、アプローチ・取付きの見つけ方、下降等に準備・対策が必要であることを、初足尾の2人に知って貰う機会になれば幸いです。
お疲れ様でした!

<登ったルート>
松木沢ジャンダルム 中央壁直上ルート
1ピッチ目(正規ルート横のカンテ) caravancatちゃんリード
2ピッチ目 yachimayuリード
3ピッチ目 240ambleちゃんリード
4ピッチ目 240ambleちゃんリード
5ピッチ目 caravancatちゃんリード
6ピッチ目(コブシ岩) yachimayuリード

<装備>
・全体を通して、カムでプロテクションを取る。2ピッチ目は#4が2つ欲しい。
・アタックザック1つを、フォローが担いで登る。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:352人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ