また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2542542 全員に公開 ハイキング 近畿

笹間ヶ岳(サギソウを探して)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月31日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富川道登山口の駐車スペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間8分
休憩
25分
合計
2時間33分
S富川道登山口08:1808:38御仏河原09:03大谷河原09:30笹間ヶ岳09:5110:33御仏河原10:3710:51富川道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

富川道登山口から歩き始めます。
2020年08月31日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富川道登山口から歩き始めます。
沢沿いのシダが茂る道を進み、
2020年08月31日 08:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのシダが茂る道を進み、
ごつごつとした岩場を通過すると御仏河原に差し掛かり、滑滝を横目に緩やかに登ります。その先の分岐で矢筈ヶ岳に続く道を見送り、
2020年08月31日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごつごつとした岩場を通過すると御仏河原に差し掛かり、滑滝を横目に緩やかに登ります。その先の分岐で矢筈ヶ岳に続く道を見送り、
1
しばらく進むと池が点在するようになり、
2020年08月31日 08:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと池が点在するようになり、
池畔では、お目当てのサギソウとご対面。白鷺が乱舞を繰り広げます。
2020年08月31日 08:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池畔では、お目当てのサギソウとご対面。白鷺が乱舞を繰り広げます。
5
大きく翼を広げて優雅に舞う白鷺を思わせる花姿に魅了されます。
2020年08月31日 08:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく翼を広げて優雅に舞う白鷺を思わせる花姿に魅了されます。
7
一番大きな池のほとりを進むと、
2020年08月31日 08:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番大きな池のほとりを進むと、
1
こちらでもサギソウ鑑賞。緑の草の上で羽根を休め、
2020年08月31日 08:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらでもサギソウ鑑賞。緑の草の上で羽根を休め、
13
強烈な夏の日差しが水面に乱反射する中を羽ばたく白鷺の姿に目を細めます。
2020年08月31日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な夏の日差しが水面に乱反射する中を羽ばたく白鷺の姿に目を細めます。
2
平坦な砂の道となって大谷河原に飛び出すと、右方向に進み、
2020年08月31日 09:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な砂の道となって大谷河原に飛び出すと、右方向に進み、
尾根道に取り付き、小刻みなアップダウンを繰り返しながら進みます。
2020年08月31日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に取り付き、小刻みなアップダウンを繰り返しながら進みます。
やがて舗装林道に出合うと、そこからひと登りで、
2020年08月31日 09:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて舗装林道に出合うと、そこからひと登りで、
八畳岩が横たわる笹間ヶ岳の頂上に到着します。梯子を伝って岩の上に立つと、そこで待っていたのは絶景。
2020年08月31日 09:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八畳岩が横たわる笹間ヶ岳の頂上に到着します。梯子を伝って岩の上に立つと、そこで待っていたのは絶景。
9
琵琶湖から流れ出す瀬田川を挟んで、大津と草津の街並みが広がり、対岸には比叡山や比良山系の山並みが手に取るように見渡せます。
2020年08月31日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖から流れ出す瀬田川を挟んで、大津と草津の街並みが広がり、対岸には比叡山や比良山系の山並みが手に取るように見渡せます。
4
ここでアマビエが登場。清々しい夏空とぴったりな装いのアマビエ11号で、疫病退散を祈願します。
2020年08月31日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアマビエが登場。清々しい夏空とぴったりな装いのアマビエ11号で、疫病退散を祈願します。
10
帰路は、ポイント「S-11」のところから尾根通しに行く道へ。蜘蛛の巣を払いのけながら歩くことを余儀なくされますが、
2020年08月31日 10:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は、ポイント「S-11」のところから尾根通しに行く道へ。蜘蛛の巣を払いのけながら歩くことを余儀なくされますが、
随所で展望が開け、露岩の上に立てば、琵琶湖や、
2020年08月31日 10:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随所で展望が開け、露岩の上に立てば、琵琶湖や、
2
堂山、太神山、矢筈ヶ岳など湖南アルプスの山並みを眺めながら進むので爽快です。
2020年08月31日 10:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂山、太神山、矢筈ヶ岳など湖南アルプスの山並みを眺めながら進むので爽快です。
4

感想/記録

炎天下のお山歩きはさすがに堪えましたが、大谷河原に続く湿地帯では、清々しい純白の羽を広げて舞うサギソウに癒され、頂上からの眺望は格別。アマビエの自作フェルトマスコットで疫病退散を祈願しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:222人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 滑滝 出合 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ