また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2555115 全員に公開 沢登り 丹沢

西丹沢玄倉川・小川谷廊下

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月30日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間24分
休憩
2時間32分
合計
9時間56分
Sスタート地点08:2908:56小川谷出合10:14小川谷廊下11:07ワナバ沢(罠場沢)11:3212:20ヒエ畑沢12:3214:04デッチ沢14:3615:22デッチ沢16:1116:50西丹沢県民の森駐車場17:2317:57小川谷出合17:5818:25玄倉駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
最初の大岩(CS 5m)は噂通り中間のボルトが潰されていて上部のお助け紐も撤去されていた模様。運良く先行パーティーが「これからも登りに来るから」と言って残置してくれたので利用させてもらいました。中間はアングルが一本残置されています。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメット ハーネス スリング カラビナ 沢靴 雨具 ヘッドランプ 着替え 地形図 コンパス
共同装備 8mmx30m補助ロープ(M) ハンマー・ハーケン(M) ツェルト(S) コッヘル(S) ライター等(S)
備考 今回みたいなことがあるかもしれないので軽量アブミを持っていくようにしたい。

写真

下降点は林道沿いに小さなケルンが作ってあるので分かりやすい。
2020年08月30日 10:07撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降点は林道沿いに小さなケルンが作ってあるので分かりやすい。
小川谷出合い。鋭角に方向が変わるので間違って下らないように。
2020年08月30日 10:13撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川谷出合い。鋭角に方向が変わるので間違って下らないように。
最初の滝。この奥に難所のCSがあるのだが登るのに一生懸命で写真を撮るのを忘れた。
2020年08月30日 10:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の滝。この奥に難所のCSがあるのだが登るのに一生懸命で写真を撮るのを忘れた。
大きな巻きポイント。ここを巻くしかないというところに多めに支点が打ってあるので間違えない。
2020年08月30日 13:02撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな巻きポイント。ここを巻くしかないというところに多めに支点が打ってあるので間違えない。
噂の堰堤その1
2020年08月30日 14:40撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の堰堤その1
噂の堰堤その2。遡行終了点。
2020年08月30日 14:48撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の堰堤その2。遡行終了点。
下山で道に迷い17:30のバスに間に合わず。19:24の最終バスまで玄倉バス停で1時間程待った。蚊がものすごかった。
2020年08月30日 19:05撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山で道に迷い17:30のバスに間に合わず。19:24の最終バスまで玄倉バス停で1時間程待った。蚊がものすごかった。

感想/記録

とてもきれいな沢。普段は濡れることをよしとせずできるだけヘツって頑張るのだが今回は思わず飛び込みたくなるような、白い岩の上を滑るように流れる青い清水と釜。
滝はほとんど登れてそれなりに技術も必要なところもあって飽きさせない。
下山は下降する尾根を間違って大きな時間と体力のロス。最後の堰堤から小さなコルを目指して登っていくのだが途中間違った方向へ踏み跡らしきもの(獣道?)がついていたり、ルートを塞ぐように進入禁止のロープが張ってあったりするトラップがあるので要注意。概念図が頭に入っていればルートを間違っていることにすぐ気づくのだが、沢しか気にしていなかった(「東京起点 沢登りルート120」には下山道のことはほとんど書いてないんだよなぁ)。
車がないとアクセスとアプローチが大変だけどここはまた来たい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:187人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ