また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 256486 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山(鴨沢ピストン)

日程 2013年01月01日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴 山頂付近気温0度ときどき風 ブナ分岐付近気温5度
アクセス
利用交通機関
電車バス
0700 奥09[西東京] 鴨沢西行 乗車人数はたった10人ほど。もっと混むものと思っていました

コースタイム [注]

■往路
07:30 鴨沢BS
08:04 登山口
10:49 ブナ板分岐
11:22 ヘリポート
11:25 奥多摩小屋
11:55 小雲取山?
12:20 雲取山山頂
(昼食20分ほど)

■復路
14:18 ブナ板分岐
16:02 登山口
コース状況/
危険箇所等
七つ石山まき道〜小雲取山間は凍結とやや泥と普通の道が混ざっています。
積雪がまだ少ないためか泥もそこまではひどくありません。
小雲取山以降はほぼ雪道です。
過去天気図(気象庁) 2013年01月の天気図 [pdf]

写真

自分の初日の出は登山口から!w
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の初日の出は登山口から!w
1
七つ石山巻き道は大きな木橋を渡った先から凍結バリバリです。たまに凍結してない箇所もありますがもうずっとアイゼンつけっぱでよい気もします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ石山巻き道は大きな木橋を渡った先から凍結バリバリです。たまに凍結してない箇所もありますがもうずっとアイゼンつけっぱでよい気もします
七つ石山を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ石山を振り返ります
ヘリポート着。結構遠いですね・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポート着。結構遠いですね・・
スケートリンクと化したヘリポート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スケートリンクと化したヘリポート
カラマツ帯をゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ帯をゆく。
こういう道は大好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう道は大好きです
1
うわーまだあるのかTT
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわーまだあるのかTT
避難小屋が見えました。あそこかー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えました。あそこかー
飛龍山および奥秩父の山並みを眺めながら進みます。初めてみるので感動です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山および奥秩父の山並みを眺めながら進みます。初めてみるので感動です
1
ここらへんからはそれなりに積雪の道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんからはそれなりに積雪の道が続きます
つきました!まさかこの三角点が後に掘り返される事になるとは・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つきました!まさかこの三角点が後に掘り返される事になるとは・・・
20
雲取山山頂!初めて2000m台の山に登ることができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山山頂!初めて2000m台の山に登ることができました
4
パノラマで。南アルプスも登っている途中はクッキリしてたのですがシルエット化してしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで。南アルプスも登っている途中はクッキリしてたのですがシルエット化してしまいました
七つ石山も小さく見えます。最奥に丹沢山系も見ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ石山も小さく見えます。最奥に丹沢山系も見ることができました。
写真じゃ多分わかりませんがうっすら筑波山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真じゃ多分わかりませんがうっすら筑波山
1
あけましておめでとうございます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あけましておめでとうございます
2
川苔山方面もバッチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山方面もバッチリ
1
ヘリポートに警察庁がっ なんかスコップもってました。後のニュースで知りましたが、つまりはアレですかね・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートに警察庁がっ なんかスコップもってました。後のニュースで知りましたが、つまりはアレですかね・・・
20
その後小走りで下り16:48発に無事乗車。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後小走りで下り16:48発に無事乗車。お疲れ様でした!

感想/記録

七つ石山・鷹ノ巣山に行ったことはありますが
今回初めて雲取山に挑みました。
七つ石山以下の石尾根と比べて明らかに展望が違い感動しました。
奥多摩・丹沢を一望する事でき、さすがは東京イチの山だ、と思いました
奥秩父山塊も見れたので大満足でした。
もう少し雪があればよかったのですがこればっかりは仕方ないですね

----------------------------------------------------------------
1/7 追記

USB事件のせいかアクセス数がやたら伸びていたので
閲覧して頂いた方に悪い気もしますので
あまり大した内容ではありませんが補足しておきます。

登山中、石尾根上空をやたらヘリが飛びまわっていました。
新年だからパトロールに念を入れているのかな?とその時は思っていました。

下山中、ヘリポート付近につくとちょうどヘリが降りてきました。

降りてきた人達は救命用具の類を一切もっていなかったように
素人目には見えたので、遭難とは別件の用事かと思い
何かありましたか?と聞くと
すみません職務上お答えできませんとにこやかに言われましたので
まあそれもそうか、とあっさり納得して下山しました。

下山して民家のあたりまで来ると某TVの取材班の方々が数名いました。
取材班は雲取山がどんな山かとも知らず、撮影機材を担いできたものの
とても登れそうな山ではない事がわかり
(おそらくは)下山してきた登山者に取材していたのでしょうか?
機材を片付け撤収しそうな状況で会いました。

意外と気さくな方々だったのでバス停までの間雑談していると、
三角点の事について聞かれ、そこではじめてニュースの事を知りました。
取材班はそもそも三角点がなにかもしらなかったようです。
雲取山の標高も知らないとのこと

そこで雲取山について、今から三角点を目指して登頂するのはとても無理だということ、
今から下山してくる人はほどんどいないことを説明すると
やっぱり諦めたようで、駐車場まで戻ったみたいです。
元旦登山者の絵が欲しいなら高尾山とかどうですか、と
オススメしましたが却下されました^o^;

自分の経験したのはまあこのくらいです。

結局USBメモリはなかったようですが、登山者でない人が
いきなり雲取山行って、誰もいない時間を見計らって三角点掘り返すとか
結構無理があるかもしれませんね。
訪問者数:4056人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ