また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2583731 全員に公開 ハイキング 比良山系

蓬莱山、ホッケ山、権現山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴一時曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小女郎谷林道東屋付近に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
18分
合計
4時間51分
S小女郎谷林道東屋付近07:2107:40小女郎谷林道終点07:47薬師ノ滝07:4808:25小女郎谷上部08:2709:00小女郎峠09:03小女郎ヶ池09:0609:09小女郎峠09:29蓬莱山09:3009:47小女郎峠09:4810:08ホッケ山10:27権現山10:3010:47ズコノバン11:04林道ゲート11:0511:11水場11:1711:19霊仙山口(林道分岐)12:12小女郎谷林道東屋付近G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小女郎谷林道東屋付近7:21→小女郎谷林道終点7:40→薬師の滝7:47→小女郎谷上部8:25(水分補給)→小女郎峠9:00→小女郎ヶ池9:03(水分補給)→小女郎峠9:09→蓬莱山9:29→小女郎峠9:47→ホッケ山10:08→権現山10:27(水分補給)→ズコノバン10:47→林道ゲート11:04(水場で少し休憩)→霊仙山口(林道分岐)11:08(水分補給)→小女郎谷林道東屋付近12:12着でした。
コース状況/
危険箇所等
小女郎谷林道は舗装林道だが急坂でキツイ、木の枝と湿ったコケに注意。
小女郎谷林道終点〜小女郎峠、倒木あり、中盤以降は落石及び転落注意、終盤は急坂&ザレで荒れ気味。
小女郎峠〜小女郎ヶ池、歩き易い。
小女郎峠〜蓬莱山、流水で掘れた場所が多い。
小女郎峠〜ホッケ山〜権現山、一部掘れて歩き難い場所があります。
権現山〜ズコノバン、急坂あり、足元注意、一部未舗装の林道。
ズコノバン〜霊仙山口(林道分岐)、未舗装の林道、崩れ気味だが徒歩では問題なし。
霊仙山口(林道分岐)〜小女郎谷林道入口付近、林道を繋いで歩く(一部樹林を短絡しています。)、苔むした舗装路は濡り転倒注意、終盤は農道(ゲートは開閉して通過)を使っています。
その他周辺情報トイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(1個) 予備電池(2本) ヘッドランプ(1個) 昭文社地図 コンパス(1個) GPS(1個) カメラ(2個) 雨具(1枚) 飲料(2.0L) ロールペーパー(適量) タオル(2枚) 携帯電話(1個) サバイバルシート(1個) 飴(適量) 折り畳み傘(1本) 手袋(1式)

写真

イタドリかな。
2020年09月21日 07:22撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタドリかな。
2
小女郎谷林道終点にて…登山者の赤いバイク。
2020年09月21日 07:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎谷林道終点にて…登山者の赤いバイク。
2
薬師の滝。
2020年09月21日 07:47撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師の滝。
8
倒木あり…左側を潜る。
2020年09月21日 07:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり…左側を潜る。
1
日陰に咲くキタヤマブシ。
2020年09月21日 07:59撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰に咲くキタヤマブシ。
4
キタヤマブシ。
2020年09月21日 08:00撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キタヤマブシ。
3
河原は石だらけ…土石流の跡かな。
2020年09月21日 08:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原は石だらけ…土石流の跡かな。
1
テンニンソウ。
2020年09月21日 08:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンニンソウ。
3
陽を浴びるテンニンソウ。
2020年09月21日 08:09撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びるテンニンソウ。
2
ミカエリソウの花…こちらは木の仲間。
2020年09月21日 08:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミカエリソウの花…こちらは木の仲間。
3
ミカエリソウの花。
ピンク色で目立ちます。
2020年09月21日 08:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミカエリソウの花。
ピンク色で目立ちます。
1
キタヤマブシ…陽光を浴びると力強く感じます。
2020年09月21日 08:18撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キタヤマブシ…陽光を浴びると力強く感じます。
4
アザミの仲間。
2020年09月21日 08:27撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの仲間。
1
アキチョウジ。
2020年09月21日 08:38撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキチョウジ。
2
地味に急坂です。
2020年09月21日 08:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味に急坂です。
1
細長く点々と咲くミズヒキ。
2020年09月21日 08:49撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細長く点々と咲くミズヒキ。
3
テンニンソウ。
2020年09月21日 08:50撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンニンソウ。
1
テンニンソウと蜂の仲間。
2020年09月21日 08:50撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンニンソウと蜂の仲間。
3
陽を浴びるキタヤマブシ。
2020年09月21日 08:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びるキタヤマブシ。
2
小女郎峠近くより琵琶湖を望む。
2020年09月21日 08:58撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠近くより琵琶湖を望む。
8
小女郎ヶ池より蓬莱山を望む。
2020年09月21日 09:04撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池より蓬莱山を望む。
11
小女郎峠にて。
2020年09月21日 09:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠にて。
2
コケオトギリだろうか。
2020年09月21日 09:10撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケオトギリだろうか。
2
稜線よりホッケ山と琵琶湖を望む。
2020年09月21日 09:12撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線よりホッケ山と琵琶湖を望む。
7
稜線より近江大橋と琵琶湖を望む。
2020年09月21日 09:12撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より近江大橋と琵琶湖を望む。
3
稜線より蓬莱山を望む。
2020年09月21日 09:13撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より蓬莱山を望む。
8
稜線より琵琶湖を望む。
2020年09月21日 09:15撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より琵琶湖を望む。
8
蓬莱山にて。
2020年09月21日 09:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山にて。
5
石仏と山々。
2020年09月21日 09:29撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏と山々。
6
蓬莱山より武奈ヶ岳を望む。
2020年09月21日 09:30撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山より武奈ヶ岳を望む。
3
稜線よりホッケ山方面を望む。
2020年09月21日 09:35撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線よりホッケ山方面を望む。
3
雲が覆うも琵琶湖はよく見えます。
2020年09月21日 09:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が覆うも琵琶湖はよく見えます。
5
キタヤマブシ。
2020年09月21日 09:48撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キタヤマブシ。
1
お地蔵様…少し陰って来ました。
2020年09月21日 09:51撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様…少し陰って来ました。
2
ススキと山々。
2020年09月21日 09:56撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキと山々。
3
稜線より琵琶湖を望む。
2020年09月21日 09:56撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より琵琶湖を望む。
2
リンドウが僅かに咲いていました。
2020年09月21日 09:59撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウが僅かに咲いていました。
7
ススキと琵琶湖。
2020年09月21日 10:01撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキと琵琶湖。
7
テンニンソウが沢山咲きます。
2020年09月21日 10:05撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンニンソウが沢山咲きます。
2
陽を浴びるテンニンソウ。
2020年09月21日 10:07撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びるテンニンソウ。
1
ホッケ山にて。
2020年09月21日 10:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山にて。
3
ホッケ山より蓬莱山を振り返る。
2020年09月21日 10:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山より蓬莱山を振り返る。
4
ホッケ山より真野方面と琵琶湖を望む。
2020年09月21日 10:09撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山より真野方面と琵琶湖を望む。
3
シコクママコナかな。
2020年09月21日 10:24撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクママコナかな。
3
権現山にて。
2020年09月21日 10:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山にて。
2
権現山より途中、大原方面を望む。
2020年09月21日 10:28撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山より途中、大原方面を望む。
5
急坂を下ると林道になります。
2020年09月21日 10:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を下ると林道になります。
1
林道ゲートにて。
2020年09月21日 11:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲートにて。
3
水場…涼しい湧水が有り難い。
2020年09月21日 11:11撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場…涼しい湧水が有り難い。
2
ヤナギタデかな?
2020年09月21日 11:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤナギタデかな?
2
霊仙山口にて。
2020年09月21日 11:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山口にて。
2
ミゾソバ…草の隙間を狙う。
2020年09月21日 11:21撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミゾソバ…草の隙間を狙う。
3
ゲンノショウコ。
2020年09月21日 11:22撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲンノショウコ。
7
まだ稲刈りが済んでいない田んぼもありました。
2020年09月21日 12:05撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ稲刈りが済んでいない田んぼもありました。
4
東屋近くの駐車地へ戻る。
2020年09月21日 12:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋近くの駐車地へ戻る。
2

感想/記録

今日は久々に小女郎谷経て蓬莱山、ホッケ山、権現山と歩くことにします。
やや早め出発で小女郎谷林道東屋付近に7:15着、ここに車を停めます。

序盤は暗い植林に囲まれた急坂な舗装林道を登ります、この日は路面が乾燥していましたが濡れて苔むすと滑り易く要注意です。

砂防ダムの手前で林道終点となり山道へ、道は小石が多くなり油断すると滑ります。
薬師の滝はまずまずの水量で迫力がありました。

沢沿いの雰囲気は少し以前と違う場所もあり、どうやら土石流が起きた様です。
水分補給の後は段々と沢から離れますが落石注意です、この辺りで以前に斜めから拳大の石が落ちてきて怖かったので足早に通過します。

終盤は枯れた沢に近い場所を登って行きます、この辺りも所々崩れた場所が多く感じます。
やがて振り返ると琵琶湖が見え展望を愉しむ、あと少し頑張って小女郎峠へ着きます。

稜線は気持ち良い青空が広がっているので先に小女郎ヶ池に寄ります、池越しに蓬莱山と青空を眺められて心地好いひと時でした。

小女郎峠に戻り稜線を進めば琵琶湖が一望出来て写真を何枚も撮ってしまう。
緩やかな尾根道ですが最後は勾配が少しキツくなり踏ん張って蓬莱山へ到着します。

蓬莱山はロープウェイやリフトで登ってくる観光客が多く、スピーカーから音楽も流れて騒がしく落ち着かず。
いつも通り長居は避けて景色を愉しみ早々に引き返します。

帰りは少し雲が出始め時々日陰に覆われる、小女郎峠からの稜線も雲に時折り邪魔されてしまう。
ホッケ山辺りから再び日差しが戻り、権現山に着くと雲も移動して青空が広がり展望を愉しめ満足でした。

ここからは栗原方面へ下る、急坂な上に小石で足を滑らせない様に気を付けます。

急坂が終われば未舗装林道(作業道)となってしまい、山道は僅かに残るのみ。
ズコノバンから先も元々のルートは潰され林道なので面白味が少なくなったと感じます。

林道ゲート先の水場で冷たい水で顔を洗って小休止、すぐに霊仙山口(林道分岐)に出ます。

ここからは林道を繋いで駐車地まで戻りますが少しショートカットを試みます、僅かでしたが藪を抜け別の林道に出ました。
時間短縮出来たかも怪しく効果は微妙です、林道に戻れば単調で長い道のりです。

市街地に出てゲートを開閉し農道を抜ければ前からよく停めていた場所に出ます、そこから少し登り返して小女郎林道東屋付近へと至りました。

花はイタドリ、キタヤマブシ、テンニンソウ、アザミの仲間、アキチョウジ、ミズヒキ、コケオトギリ、リンドウ(咲き始め一株のみ)、シコクママコナ、ヤナギタデ、ミゾソバ、ゲンノショウコが咲いていました。
木に咲く花はミカエリソウ、キハギが見れたのみでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:298人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ