また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2586202 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

路線バスで行く多摩川源流の笠取山(新地平〜落合)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇ときどき晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:
高尾06:42(JR中央本線)
塩山07:49
塩山駅🚏08:30(山梨交通)¥990
新地平🚏09:30

復路:
落合🚏15:30(山梨交通)¥1100
塩山温泉入口🚏16:30
※塩山温泉・宏池荘 ¥500
塩山17:55
高尾19:13
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
1時間0分
合計
5時間45分
S新地平バス停09:3509:45亀田林業所ゲート11:35雁峠11:4511:55小さな分水嶺12:00笠取山西12:15笠取山展望地12:4512:50笠取山13:00水干尾根13:05水干13:1513:20笠取山西13:30笠取小屋13:3514:10作場平橋駐車場14:1514:45新犬切峠15:10高橋三叉路15:20落合バス停15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

バス出発08:30なら08:14着でも大丈夫なのだが、念のため1本前の07:49着にしたがもう行列。ただし、結果的には臨時バスも出た。
2020年09月21日 08:07撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス出発08:30なら08:14着でも大丈夫なのだが、念のため1本前の07:49着にしたがもう行列。ただし、結果的には臨時バスも出た。
1台目は緑色だったが、2台目の臨時バスは青色
2020年09月21日 09:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1台目は緑色だったが、2台目の臨時バスは青色
鶏冠荘のところが登り口
2020年09月21日 09:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠荘のところが登り口
亀田林業の所有地である林道を行く。「登山競争、トレイルランニング」は禁止とのこと。
2020年09月21日 09:43撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀田林業の所有地である林道を行く。「登山競争、トレイルランニング」は禁止とのこと。
ススキの中の道路標識。道路資材置き場のようだ。間違ってあちら方向に…ってことはないか
2020年09月21日 09:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキの中の道路標識。道路資材置き場のようだ。間違ってあちら方向に…ってことはないか
沢には橋も架けてあって親切
2020年09月21日 10:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢には橋も架けてあって親切
ところどころススキの藪漕ぎ
2020年09月21日 10:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころススキの藪漕ぎ
資材置き場だろうが、いい雰囲気
2020年09月21日 10:18撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
資材置き場だろうが、いい雰囲気
なかなか立派な沢が続くが、先を急ぐ
2020年09月21日 10:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか立派な沢が続くが、先を急ぐ
林業者所有地だけあって、きれいな植林地
2020年09月21日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業者所有地だけあって、きれいな植林地
1
カラマツの幼木も植えてある
2020年09月21日 10:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの幼木も植えてある
ところどころ徒渉する場所があるが、今日は水量が少ないので問題なし
2020年09月21日 10:27撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ徒渉する場所があるが、今日は水量が少ないので問題なし
水量は少ないが岩が滑るところもあり
2020年09月21日 10:53撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は少ないが岩が滑るところもあり
ほとんど高度を稼いでいない感じがして心配
2020年09月21日 10:59撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど高度を稼いでいない感じがして心配
沢を見ながらゆっくり歩くのにもよさそうだが、今日は急ぐ
2020年09月21日 11:00撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を見ながらゆっくり歩くのにもよさそうだが、今日は急ぐ
沢の上部は道が分かりにくい
2020年09月21日 11:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の上部は道が分かりにくい
登山道が完全に沢になっているところも
2020年09月21日 11:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が完全に沢になっているところも
笹原。道迷い注意
2020年09月21日 11:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原。道迷い注意
1
確かにクマが出そう
2020年09月21日 11:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かにクマが出そう
最後は笹原の登り。雁坂峠にも似ている
2020年09月21日 11:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は笹原の登り。雁坂峠にも似ている
青空に向かって。雁峠はもうすぐ
2020年09月21日 11:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に向かって。雁峠はもうすぐ
1
笠取山の三角頭が見えた
2020年09月21日 11:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取山の三角頭が見えた
気持ちのいい雁峠
2020年09月21日 11:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雁峠
笹原を行くと、
2020年09月21日 11:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を行くと、
「小さな分水嶺」に出た。
多摩川と富士川と、
2020年09月21日 11:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「小さな分水嶺」に出た。
多摩川と富士川と、
荒川の分水嶺
2020年09月21日 11:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川の分水嶺
最後の登りの標高差は100m位だろうか?
2020年09月21日 12:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りの標高差は100m位だろうか?
2
道はしっかりしているので意外と登りやすい
2020年09月21日 12:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はしっかりしているので意外と登りやすい
山頂の上の青空
2020年09月21日 12:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の上の青空
1
残念ながら雲が多い
2020年09月21日 12:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら雲が多い
1
歩いてきた雁峠や小さな分水嶺のところがよく見える
2020年09月21日 12:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた雁峠や小さな分水嶺のところがよく見える
1
30分程いたが雲は動かず
2020年09月21日 12:42撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程いたが雲は動かず
1
東側のピークが笠取山の本来のピークのようだが、こちらは狭いので西側で休憩してよかった
2020年09月21日 12:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側のピークが笠取山の本来のピークのようだが、こちらは狭いので西側で休憩してよかった
大菩薩嶺の頭がちょっと見えた
2020年09月21日 12:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺の頭がちょっと見えた
笹原と岩峰という奥秩父主稜線らしい景観
2020年09月21日 12:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原と岩峰という奥秩父主稜線らしい景観
多摩川源流の「水干」のある登山道はよく整備されている
2020年09月21日 13:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多摩川源流の「水干」のある登山道はよく整備されている
ここが多摩川源流だが、水の流れはここでは見えない
2020年09月21日 13:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが多摩川源流だが、水の流れはここでは見えない
大菩薩嶺方面に向かって流れる多摩川源流の沢
2020年09月21日 13:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺方面に向かって流れる多摩川源流の沢
下りたところで多摩川源流の流れが見える
2020年09月21日 13:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたところで多摩川源流の流れが見える
けっこういい感じに流れている
2020年09月21日 13:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこういい感じに流れている
国道411号の「落合」まで12劼曚匹2時間で歩くのでここからハイペースで
2020年09月21日 13:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道411号の「落合」まで12劼曚匹2時間で歩くのでここからハイペースで
1
小さな分水嶺はまき道で
2020年09月21日 13:24撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺はまき道で
笠取小屋まではこんなに整備された道になっている
2020年09月21日 13:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋まではこんなに整備された道になっている
シカだらけ
2020年09月21日 13:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカだらけ
2
思ったより小さな笠取小屋
2020年09月21日 13:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより小さな笠取小屋
登ってきた笛吹川源流(富士川源流)と比べてよく整備されている
2020年09月21日 13:42撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた笛吹川源流(富士川源流)と比べてよく整備されている
気持ちのいい道だが急ぎ足で
2020年09月21日 14:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい道だが急ぎ足で
作場平までほぼ目標の時間で到着
2020年09月21日 14:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作場平までほぼ目標の時間で到着
車がたくさん止まっている。ここから歩く人が多いのだろう
2020年09月21日 14:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車がたくさん止まっている。ここから歩く人が多いのだろう
よく整備された林道を行く
2020年09月21日 14:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された林道を行く
林道法面のコケがふさふさ
2020年09月21日 14:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道法面のコケがふさふさ
奥秩父主稜線
2020年09月21日 14:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父主稜線
展望台には立派な説明版
2020年09月21日 14:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台には立派な説明版
新犬切峠を過ぎたあたり。でも犬切ってどういうことなのだろう
2020年09月21日 14:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新犬切峠を過ぎたあたり。でも犬切ってどういうことなのだろう
かなり急ぎ足
2020年09月21日 14:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり急ぎ足
黒川鶏冠神社の鳥居
2020年09月21日 15:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒川鶏冠神社の鳥居
林道沿いにもきれいな沢
2020年09月21日 15:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道沿いにもきれいな沢
国道411号との丁字路手前
2020年09月21日 15:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道411号との丁字路手前
国道411号との丁字路
2020年09月21日 15:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道411号との丁字路
落合バス停にちょうどいい時間に着いた
2020年09月21日 15:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合バス停にちょうどいい時間に着いた
バスの乗車は5人
2020年09月21日 15:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの乗車は5人
帰りの中央本線。車内中吊り広告は自社の広告だけ
2020年09月21日 18:06撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの中央本線。車内中吊り広告は自社の広告だけ

感想/記録

この4連休を利用して三ツ石山と岩手山の予定を立てていたのだが、天気予報が悪そうなので宿の予約などもあるので早々にキャンセルしてしまっていた。
結果的にはそんなに悪くなかったようなので残念だったのだが、天気が良さそうで休日最終日ではない今日、奥秩父の笠取山へ登ってきた。

どこの山域が一番好きか最近尋ねられたことがあり、思い入れがあるといえば奥秩父かなあと思ったのだが、最近奥秩父の山を歩いていない。
一緒に行くYcは塩山の塩山温泉が好きなので、その辺りで日帰りで歩ける奥秩父の山ということで思いついたのが多摩川源流の笠取山だ。
いつかは行きたいと思っていたのだが、バスで行くとなると行程が少々長い。
最短の新地平バス停⇔落合バス停を歩くとすると山と高原地図のコースタイムで8時間ほどになる。
歩くにはちょうどいいくらいの時間なのだが、帰りのバスに間に合わないのだ。

塩山駅から西沢渓谷行きのバスに乗って、新地平に着くのが9:30。
帰りの落合発塩山駅行きの最終バスが15:30。
逆に塩山駅から落合行きのバスに乗って、落合に着くのは同じく9:30。
帰りの西沢渓谷発山梨市駅行きの最終バスが新地平を通るのが16:28。

後者の方が1時間ほど余裕があるのだが、西沢渓谷発のバスなので座れないかもしれない。
しかも山梨市駅行きのバスになるので塩山温泉に寄るには電車を途中下車するのが少し面倒だし、立ち寄り湯をするには時間が遅すぎる。
ということで頑張って前者の行程でバスに間に合うように歩いてみることにした。
最後の7劼藁啼司發なので山と高原地図のコースタイムほどかからないはずと踏んだのだ。

塩山駅から西沢渓谷行きのバスは途中乾徳山登山口も通るので人気が高い。
そこでバスに間に合う電車の1本前の電車で行ったのだが考えることは皆同じらしく、同じ電車で来た人でそれなりの行列になった。
そして次の電車が到着するとこれはもうバス1台に乗りきるかどうかという長さの行列になったが、結局臨時バスが出た。
そういえばこの連休、あちこちで人出がすごいようだ。
あと少しすると西沢渓谷の紅葉の行楽客も増えるだろうからもっと混むようになるのだろう。

新地平バス停で降りる人はいないと思ったのだが、他に5人ほど降りる人がいた。
内3人は同じ亀田林業の林道コースを歩くようで、その内2人はかなり大きなザックだ。
途中やはり大きなザックを持った2人を追い抜いたが、奥秩父主稜線を縦走するのだろうか。
確かにこの新地平から雁峠へ至る道、奥秩父主稜線に上がるコースとしては一番緩やかかもしれない。
沢沿いの道を行くのだが、ほとんど標高を稼いでいないのかと思われるほど緩やかだ。
沢の上流部に到達すると広い笹原に小さな沢が枝のように広がっていて道が不明瞭になる。
ピンクリボンがあったので道迷いしなかったが、なんとなく不思議な雰囲気で以前歩いた霧ヶ峰の観音沢の上流部を思い出した。↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1494302.html

沢から突然急な登り、かと思ったのだがそれも長くは続かず、気持ちの良い笹原で高度を上げるとあっという間に雁峠。
雁坂峠と同じような笹原の気持ちの良い場所だ。
目の前には笠取山の三角頭が見えている。
「笠」と名前の付く山は、みんなこういうきれいな形をしているのだろう。

笠取山の登りに取り掛かるすぐ手前に「小さな分水嶺」というところがあり、ここが「多摩川」「富士川」「荒川」の分水嶺だとのこと。
笠取山山頂ではなく手前の小さな盛り上がりが分水嶺になっているのだ。
ただこの3河川、いずれも太平洋へと注いでいく。
この奥秩父主稜線には「甲武信ヶ岳」というメジャーな分水嶺がある。
ここは、「富士川」「荒川」「信濃川」の分水嶺となっているので、太平洋と日本海に注ぐ河川の分水嶺ということでよりドラマチックな感じがする。
とりあえず笠取山は、「多摩川の源流」という肩書が一番しっくりとくる。

笠取山の三角頭の頭上には青空が広がっていたが、登り切った展望地からの周囲の展望は残念ながら雲の中。
近場では大菩薩嶺も甲武信ヶ岳の山頂も雲の中だったので今日も意外とすっきりとした晴れにはならなかったようだ。
ただ歩いてきた雁峠や小さな分水嶺辺りがよく見えていて気持ちがいい。
いつもなら山頂でゆっくりとティータイムとなるのだが、今日は帰りのバスの時間があるので、30分ほどで早々に引き上げる。
時間は押しているものの、すぐ東側に笠取山のピークがあるのでそちらを周り、多摩川源流の「水干」と多摩川の最初の流れもきちんと確認。
「水干」の周りも東京都の水源ということもあり、東京都水道局によってきれいに整備されている。
笠取小屋周辺までの道も、作場平へ至る一之瀬川沿いの道もきれいに整備されているのはやはり東京都民の水源地だからだろう。
気持ちの良い沢沿いの道だが、今日はここも急いで通り過ぎる。

林道も思ったよりは交通量が多くなく歩きやすかった。
ただツーリングのバイクが多く、バイクの排気ガスは車のように臭くなくできないのだろうかと思った。
最終的に落合のバス停には10分前に到着できた。
他に乗る人も3人いて安心した。
バスを使って登山していると全然人が乗っていない場合もあり、バス路線が廃止されてしまわないか心配になることが多い。
ただこの路線、途中の大菩薩登山口、大菩薩の湯からは大量に人が乗りこんでくる。
我々は塩山温泉に寄るために「塩山温泉入口」で降りたが、以前とは違ってここで降りる登山客もいた。
塩山温泉も年々メジャーになってくれているのかもしれない。
肌がつるつるする塩山温泉、帰りも駅まで歩いて行けるのがいい。
塩山温泉は地元の方も多いので、寄った時はいつも地元の方に話しかけられ、お話できるのも楽しい。
今度は塩山温泉宏池荘に泊まろうという計画もあるので、どの山をどのように歩いてここに泊まるか、プランを練るのも楽しいものだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:210人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ