また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2593679 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

要害山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴ときどき曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
只見線「只見駅」から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間39分
休憩
2分
合計
1時間41分
Sスタート地点12:1013:20要害山13:2213:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
只見駅や田子倉ダムに置いてある只見町の広報誌に地図が掲載されています。駅の人の話だと、一周して約3時間とのこと。この地図によると、三石神社の上で南尾根登山口と合流するように書かれていますが、間違いです。
正しい地図はこちら。
https://www.tadami-net.com/wordpress/wp-content/uploads/2020/05/880acb7c82a631ec9ece7ff280e5f747.pdf
宮の沢登山口から反時計回りに回らないと、急斜面を下ることが多くなり危険です。低山ですがハイキングの山ではありません。
その他周辺情報金山町の温泉巡りが最高です。

写真

只見線「只見駅」
現在、只見⇔会津川口間運休のため、バス代行輸送になっています。そのため、1日4本のみ小出行きが運行しているだけです。
2020年09月21日 12:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
只見線「只見駅」
現在、只見⇔会津川口間運休のため、バス代行輸送になっています。そのため、1日4本のみ小出行きが運行しているだけです。
駅すぐわきの踏切を渡って、正面の神社に向かいます。
2020年09月21日 12:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅すぐわきの踏切を渡って、正面の神社に向かいます。
瀧神社。
2020年09月21日 12:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀧神社。
このお堂の手前を右に進めば、宮の沢登山口だったのですが.....。
2020年09月21日 12:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このお堂の手前を右に進めば、宮の沢登山口だったのですが.....。
この敷石につられて、南尾根登山口へ行ってしまいました。
「まあ周回コースなので、どっちでもいいや。」と、この時は思っていました。
2020年09月21日 12:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この敷石につられて、南尾根登山口へ行ってしまいました。
「まあ周回コースなので、どっちでもいいや。」と、この時は思っていました。
道なりに登っていくと、湧水がありました。
2020年09月21日 13:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりに登っていくと、湧水がありました。
縁結び三石清水、只見の名水10選の案内板。
2020年09月21日 13:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縁結び三石清水、只見の名水10選の案内板。
穴に頭を入れると、頭が良くなるそうな。
もちろん入れてお祈りしました。
2020年09月21日 12:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴に頭を入れると、頭が良くなるそうな。
もちろん入れてお祈りしました。
二の石。
目に酔いそうな。
2020年09月21日 12:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の石。
目に酔いそうな。
三の石本殿。
縁結びの神様。
ここから登る道がないので、迷った挙句にいったん下りました。
2020年09月21日 12:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の石本殿。
縁結びの神様。
ここから登る道がないので、迷った挙句にいったん下りました。
左に進む道をほどなく発見。
2020年09月21日 13:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に進む道をほどなく発見。
アップダウンと痩せ尾根。
2020年09月21日 13:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンと痩せ尾根。
只見駅の線路とホームが見えます。
2020年09月21日 13:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
只見駅の線路とホームが見えます。
山頂手前はロープかかりまくり。
2020年09月21日 13:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前はロープかかりまくり。
山頂にはテレビ中継3本(1本は電話だったかも)。
NHKは単独、福島テレビ、福島中央テレビは共同のアンテナのようでした。備え付けの階段は登れましたが、眺望は得られませんでした。
2020年09月21日 13:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはテレビ中継3本(1本は電話だったかも)。
NHKは単独、福島テレビ、福島中央テレビは共同のアンテナのようでした。備え付けの階段は登れましたが、眺望は得られませんでした。
山頂から宮の沢登山道へ降り口もかなりわかりにくく、ピンクテープをもとに探しました。そこからは急降下の連続。
2020年09月21日 13:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から宮の沢登山道へ降り口もかなりわかりにくく、ピンクテープをもとに探しました。そこからは急降下の連続。
一服尾根のみ傾斜は緩やかですが、その前後は急降下。
2020年09月21日 13:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服尾根のみ傾斜は緩やかですが、その前後は急降下。
町へ急激に下っています。
2020年09月21日 13:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町へ急激に下っています。
ふたたび、只見駅の線路とホーム、駅舎が見えてきました。
あと急降下も少しですね。
2020年09月21日 13:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたたび、只見駅の線路とホーム、駅舎が見えてきました。
あと急降下も少しですね。
沢にある堰堤を越えると.....。
2020年09月21日 14:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢にある堰堤を越えると.....。
瀧神社に到着。
ハイキングコースの風情ではありません。
2020年09月21日 14:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀧神社に到着。
ハイキングコースの風情ではありません。
撮影機材:

感想/記録

朝から越後駒ヶ岳へ登ろうと計画。越後三山登山口を6:30に出発するも、すぐに雨に見舞われ断念。計画を只見線巡りに変更して、只見駅で情報収集していたところ、東京から来られた女性が駅すぐ裏手の要害山に登られるとのこと。周回が可能で3時間程度のコースタイムらしいので、天気も回復してきたことだし、とりあえず一山登っておこう。というわけで、急遽要害山に登ることにしました。

女性の計画に従って、宮の沢登山口から反時計回りに周回するつもりでしたが、滝神社のところで分岐する宮の沢登山口を見つけられずに、時計回り周回になってしまいました。道なりに尾根を登っていくと、三つの大きな石が祭られた神社、三石神社に到着。地図によれば、神社から右上に伸びる道がるはずなんですが、見つからず...。結局、30mほど降りてスキー場方向へ向かう道を発見。ここから、山頂を目指しました。

ちなみに役場のHPを確かめると、三石神社は登山道から外れており、行き止まりとなっていました。

山頂への登山道は、痩せ尾根あり、アップダウンありで、なかなかスリリング。只木駅や川沿いの集落が良く見えて、なかなかの眺望でした。山頂手前では、複数のロープがかかっていて急斜面。山頂には山頂碑はなく、NHKと民放のテレビ中継塔が立っているだけで、眺望にも恵まれませんでした。

下りの宮の沢尾根への下り口も、よく地図を見ないと見つからない場所にありました。またその尾根は、山頂直下から激下りで、一服尾根でいったん傾斜は緩やかになるものの、急降下の連続。滑落注意な尾根で、ここは登りにとるべきでしょう。

途中で、親子連れや初老のグループとすれ違いましたので、地元の方には意外と登られている山のようです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:78人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

滑落 堰堤 時計回り 反時計回り 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ