また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2594237 全員に公開 ハイキング 朝日・出羽三山

以東岳〜大朝日岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月19日(土) ~ 2020年09月21日(月)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間37分
休憩
34分
合計
5時間11分
Sスタート地点07:1007:15大鳥登山口07:1608:09冷水沢橋08:1008:39七ツ滝沢橋08:4108:56七ツ滝沢水場09:16七曲水場09:2009:45大鳥小屋10:1011:22三角峰下水場11:41オツボ峰11:4212:16以東岳12:21以東小屋
2日目
山行
7時間7分
休憩
39分
合計
7時間46分
以東小屋06:0507:34中先峰08:23狐穴小屋08:36三方境08:3708:53北寒江山09:27寒江山09:3009:39南寒江山10:31竜門山避難小屋11:0511:24竜門山12:19西朝日岳12:2013:23中岳13:51大朝日岳山頂避難小屋
3日目
山行
3時間46分
休憩
35分
合計
4時間21分
大朝日岳06:1806:28大朝日岳山頂避難小屋06:3606:53銀玉水06:5708:25古寺山08:39三沢清水08:4609:03ハナヌキ峰分岐09:1109:15一服清水10:18古寺鉱泉10:2010:24古寺鉱泉下駐車場10:3010:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

1日目。稜線に出てもずっと濃霧の中。展望なし。苦行でしかない!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目。稜線に出てもずっと濃霧の中。展望なし。苦行でしかない!
以東岳山頂〜。何にも見えませーん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳山頂〜。何にも見えませーん。
遠くから見えないからソワソワしたけど辿り着けました以東小屋!飯だ飯だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くから見えないからソワソワしたけど辿り着けました以東小屋!飯だ飯だ!
収容人数は少ない。端には10カ所写真の様な寝床があって(ここは快適)。それが確保できなければ中央のスペース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
収容人数は少ない。端には10カ所写真の様な寝床があって(ここは快適)。それが確保できなければ中央のスペース。
それでもダメならこの写真の様な屋根裏が寝床になる(ここは狭苦しそう、、)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもダメならこの写真の様な屋根裏が寝床になる(ここは狭苦しそう、、)
2日目。途中からや〜っと雲が抜け、結構遠くまで見渡せる。縦走している実感が湧いてきた!この展望のおかげで山行がとても楽しくて、あっという間だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。途中からや〜っと雲が抜け、結構遠くまで見渡せる。縦走している実感が湧いてきた!この展望のおかげで山行がとても楽しくて、あっという間だった。
以東岳〜大朝日岳の縦走ではアップダウンがほとんどないく実に気持ちがいい!!これまた来るっきゃないっしょ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳〜大朝日岳の縦走ではアップダウンがほとんどないく実に気持ちがいい!!これまた来るっきゃないっしょ。
大朝日小屋では雲から抜けそうな太陽の光が日本海に反射する幻想的な夕日が見れた。結構、感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日小屋では雲から抜けそうな太陽の光が日本海に反射する幻想的な夕日が見れた。結構、感動。
薬師岳の日の出に近いものがあるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳の日の出に近いものがあるな
3日目。寒いので山頂に駆け上がり、真っ白を見渡す。くぅ、何も見えねぇ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。寒いので山頂に駆け上がり、真っ白を見渡す。くぅ、何も見えねぇ。
1
下山し停滞している雲から抜けると展望はなかなか!あとは気持ちよく下山して終了!
2020年09月21日 07:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し停滞している雲から抜けると展望はなかなか!あとは気持ちよく下山して終了!
1
撮影機材:

感想/記録
by MK001

・車の配送サービスを使っての縦走。安くはないけど大朝日連峰行くなら縦走した方がいい。
・大朝日小屋は結構すぐ混む。12時前に着いておくと安心。さもなくば息苦しい屋根裏泊になる。さらに遅いと貸し出しテント泊になる。
・以東小屋の収容人数は少ないので、狐穴小屋泊までの山行でプランニングしておいた方が良い。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:140人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント テン 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ