また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2596094 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山 ↑倶知安(比羅夫)コース ↓京極コース

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
比羅夫登山口に送ってもらい、京極コースから登った山キチのッマさんと頂上で合流、京極コース登山口に停めた車で帰宅しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
倶知安(比羅夫)コースはネチャネチャが嫌でしたが、登りやすい道でした。
京極コースは随分と荒れているように思いました。
その他周辺情報京極温泉 京極ふれあい交流センターで温まりました。
電話: 0136-42-2120
午前10時から午後9時まで
大人:600円

写真

まだ薄暗い中、比羅夫コース登山口を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い中、比羅夫コース登山口を出発。
3
1合目までは緩やかな道でした、ここから登りになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目までは緩やかな道でした、ここから登りになります。
1
風穴、傍までは行きませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴、傍までは行きませんでした。
3
ニセコアンヌプリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセコアンヌプリ。
9
チョットだけ虹。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョットだけ虹。
1
所々で足を止め眺望を楽しみながら登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で足を止め眺望を楽しみながら登っています。
1
2016年01月30日(土)に両山をあまり記録の無いルートから登りました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-804369.html
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2016年01月30日(土)に両山をあまり記録の無いルートから登りました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-804369.html
5
八内岳と倶知安の町。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八内岳と倶知安の町。
1
ニセコアンヌプリ、右奥はワイスホルン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセコアンヌプリ、右奥はワイスホルン。
7
天狗岳(余市)方向。
畑のパッチワークが綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳(余市)方向。
畑のパッチワークが綺麗でした。
6
避難小屋へは向かわず、山頂方向へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋へは向かわず、山頂方向へ。
2
ここからも避難小屋へ行けるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも避難小屋へ行けるようです。
1
気持ちの良い道でした、最近穏やかな地形が好きになったかも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道でした、最近穏やかな地形が好きになったかも?
5
遠回りとなりますが、旧小屋跡へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠回りとなりますが、旧小屋跡へ。
2
キバナシャクナゲ、狂い咲き?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ、狂い咲き?
6
ハイマツが覆いかぶさっている所もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツが覆いかぶさっている所もありました。
2
旧羊蹄小屋跡(1840m)の門柱は倒れていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧羊蹄小屋跡(1840m)の門柱は倒れていました。
3
旧羊蹄小屋跡(1840m)です。複数回泊まったことがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧羊蹄小屋跡(1840m)です。複数回泊まったことがありました。
4
中央が山頂です、右からグルーと廻って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が山頂です、右からグルーと廻って行きます。
1
少し下って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って行きます。
3
羊蹄山避難小屋(1675m)が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊蹄山避難小屋(1675m)が見えています。
4
真狩コース下山口(1800m)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真狩コース下山口(1800m)です。
2
父釜には水が溜まっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父釜には水が溜まっていました。
7
岩場経由コースです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場経由コースです。
4
中央が山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が山頂です。
2
父釜と左のポコが旧羊蹄小屋跡です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父釜と左のポコが旧羊蹄小屋跡です。
5
雲の隙間から洞爺湖が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の隙間から洞爺湖が見えました。
4
山頂に着きました。
先着して居た方にシャッターを押して頂きました。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
先着して居た方にシャッターを押して頂きました。ありがとうございました。
21
山キチのッマさんの所属する会の方達が登って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山キチのッマさんの所属する会の方達が登って来ました。
2
洞爺湖と有珠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞爺湖と有珠山。
4
下山を始めて間もなく父釜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を始めて間もなく父釜。
5
会の方達の後をついて下山しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会の方達の後をついて下山しています。
4
一等三角点:真狩岳(標高1892.72m)にタッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点:真狩岳(標高1892.72m)にタッチ。
5
京極コースを下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京極コースを下ります。
1
下りはじめから、このコースは荒れていることが想像できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはじめから、このコースは荒れていることが想像できました。
2
空中に飛び出すような下山(個人の感想で、事実とは異なるかも?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空中に飛び出すような下山(個人の感想で、事実とは異なるかも?)
5
白老三山、左から北白老岳、白老岳、南白老岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白老三山、左から北白老岳、白老岳、南白老岳です。
3
ホロホロ山方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホロホロ山方向。
3
なめこ、○○さん、山の収穫は山分けでは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめこ、○○さん、山の収穫は山分けでは?
4
3合目から下は笹被りですが道は良くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目から下は笹被りですが道は良くなりました。
1
伐採後植林した中の道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採後植林した中の道。
1
立派な登山道看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な登山道看板。
3
京極コース登山口に着きました。羊蹄山の雲がとれそうだと思ったら、この後入った京極温泉の露天風呂からは、羊蹄山がスッキリと見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京極コース登山口に着きました。羊蹄山の雲がとれそうだと思ったら、この後入った京極温泉の露天風呂からは、羊蹄山がスッキリと見えていました。
7

感想/記録

若かったころの自分たちの羊蹄山登山は、退社後、国鉄で移動して倶知安駅からタクシーか、比羅夫駅から歩いて夜間登山をしてご来光を見て、京極コースを下って京極駅まで歩いて胆振線(現在は廃線)の鈍行に乗って帰宅へと云うパターンが多かったです。
里からはヘッドランプの灯りの連なりが見えていました。
その頃の一番の思い出は、歩荷訓練でテント泊個人装備の他、大玉のスイカを4個背負って登ったことがありました。若いころは何でもできたな〜と懐かしい思い出です。
一人で登ったこともあってそんな思い出を回想しながらの登山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:208人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ