また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2597107 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

やっぱり遠い光岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月21日(月) ~ 2020年09月23日(水)
メンバー 子連れ登山
 RFT
天候9/21:晴れのち曇り
9/22:晴れのち曇り
9/23:雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙第一ダムの沼平ゲートから折りたたみ自転車で大つり橋へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間57分
休憩
54分
合計
7時間51分
S畑薙ダムゲート前06:1506:39畑薙大吊橋07:19ヤレヤレ峠08:21ウソッコ沢避難小屋08:2610:03横窪沢小屋10:5214:06茶臼小屋
2日目
山行
9時間54分
休憩
57分
合計
10時間51分
茶臼小屋06:1606:44茶臼岳06:5307:06仁田池07:23希望峰07:3108:36易老岳08:4509:36三吉平09:4110:57県営光岳小屋10:5811:13光岳11:2011:30県営光岳小屋11:3112:57三吉平14:11易老岳14:1415:39希望峰15:4416:04仁田池16:0916:32茶臼岳16:3617:07茶臼小屋
3日目
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
茶臼小屋08:3610:32横窪沢小屋11:0012:31ウソッコ沢避難小屋13:42ヤレヤレ峠13:4314:10畑薙大吊橋14:1114:28畑薙ダムゲート前14:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヤレヤレ峠まで斜面が崩れて危ない箇所があります。
今年は登山道が整備されていないからかと思われます。
その他周辺情報帰りに寄った接阻峡温泉会館が渋くてよかったです。

装備

備考 頭痛薬を忘れた(これで2回目)

写真

30年ぶりの畑薙大つり橋。次男とは3年前の荒島岳以来の登山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30年ぶりの畑薙大つり橋。次男とは3年前の荒島岳以来の登山です。
1
昔はもっと細い板が交互にあるだけで、むっちゃ怖かった記憶があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔はもっと細い板が交互にあるだけで、むっちゃ怖かった記憶があります。
1
ヤレヤレ峠に到着。途中何カ所か斜面が崩れてました。
やはり今年は整備されてないですね...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ峠に到着。途中何カ所か斜面が崩れてました。
やはり今年は整備されてないですね...
1
ウソッコ沢の第1吊り橋は落ちたまま。仮設の橋が架かってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウソッコ沢の第1吊り橋は落ちたまま。仮設の橋が架かってます。
1
大学4年生の次男。
来年は就職なので無理を押して登りに来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大学4年生の次男。
来年は就職なので無理を押して登りに来ました。
1
第2吊り橋は健在。滝の落ち口の真上に架かってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2吊り橋は健在。滝の落ち口の真上に架かってます。
1
第3吊り橋は仮設の丸木橋。
最後の第4吊り橋は健在でしたが、湿った踏板がしなって怖かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3吊り橋は仮設の丸木橋。
最後の第4吊り橋は健在でしたが、湿った踏板がしなって怖かった。
1
さすが若いとバランス感覚いいですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが若いとバランス感覚いいですね〜
横窪沢小屋に到着。ウソッコ沢から離れて尾根に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横窪沢小屋に到着。ウソッコ沢から離れて尾根に取り付きます。
1
だいぶお疲れのご様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶお疲れのご様子。
もう死にそうらしい...
4年前はムキムキのラガーマンだったのに、ギタリストに転向してしまったので以前の面影なし。足もほそーい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう死にそうらしい...
4年前はムキムキのラガーマンだったのに、ギタリストに転向してしまったので以前の面影なし。足もほそーい。
1
ようやく茶臼小屋に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく茶臼小屋に到着しました。
1
さっそくテントを建てて酒盛りです。今回の品ぞろえは、
ビール4本
ワイン(サンジョベーゼ)
日本酒(ラピスラズリ)
となってます。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそくテントを建てて酒盛りです。今回の品ぞろえは、
ビール4本
ワイン(サンジョベーゼ)
日本酒(ラピスラズリ)
となってます。笑
3
2日目の朝。富士山が大きい。
今日は空身で光岳を往復します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝。富士山が大きい。
今日は空身で光岳を往復します。
4
稜線に上がると聖岳が聳えてました。ひさしぶりです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がると聖岳が聳えてました。ひさしぶりです!
1
光岳は遥か彼方。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳は遥か彼方。
1
これは途中の仁田池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは途中の仁田池。
1
付近は高層湿原になってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
付近は高層湿原になってます。
3
歩きやすい登山道。さくさく進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道。さくさく進みます。
樹間には富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間には富士山。
1
こちらは仁田岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは仁田岳。
ところどころ気持ちのよい道がありますが、
いつ終わるとも知れない登山道を登っては下って、三吉平からは涸れ沢を一気に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ気持ちのよい道がありますが、
いつ終わるとも知れない登山道を登っては下って、三吉平からは涸れ沢を一気に登ります。
ようやくセンジュガ原に到着しました。
静高平の水場は2カ所とも出てました。
事前情報で涸れていると聞いてたのでビックリです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくセンジュガ原に到着しました。
静高平の水場は2カ所とも出てました。
事前情報で涸れていると聞いてたのでビックリです。
木道の向うに光岳山荘。遠かったー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の向うに光岳山荘。遠かったー
1
次男の名前は光岳から1字頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次男の名前は光岳から1字頂きました。
3
こちらになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらになります。
1
嫌がる次男にお願いしてポージングしてもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫌がる次男にお願いしてポージングしてもらいました。
3
帰りは疲れ果てて写真がない^_^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは疲れ果てて写真がない^_^;
3
3日目は朝まで降っていた雨が上がり、無事ウソッコ沢まで戻って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目は朝まで降っていた雨が上がり、無事ウソッコ沢まで戻って来ました。
1
たいへんおつかれさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たいへんおつかれさまでした。
1

感想/記録
by RFT

私の子供は3人とも百名山から字を頂いています。
次男の名前は光岳から1字を頂いてるのですが、この山だけ登ったことが無く、いつかは次男と一緒に登りたいと願っていました。
3年前から易老渡から入山しようとしては、林道が閉鎖されたりして延期してたのですが、来年は就職ということもあり、このコロナ禍の中を強行することになりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:338人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ