また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2608761 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

信州百、日本二百の池口岳、登山口までの酷道を越えて

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月28日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅遠山郷に前泊。伊吹山から土岐までは普通に国道中心だったが、その後グーグル先生がマニアックな道を教えてくれる。岩村から先は酷道。やっとまともな道に出たと思ってもまたもっと酷道な道に。道の駅の案内所で帰り道を聞いたら、152、151経由とも道なりに飯田を目指せば問題ないと。確かに、1本道ではないが何も困ることなく飯田に出た。「ここはナビだと出にくいのですよ」と。道の駅のHPで調べるのが安全。
道の駅〜登山口もヤマレコマップの「アクセス」はグーグルマップが開くのであてにならない。登山口を示す標識で。登山ポストからまだ1.2km入る。未舗装林道となり、幅も狭く怖い。駐車は林道横の草地に。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
16分
合計
6時間36分
S池口岳登山口06:5208:25クロナギ08:56利検沢の頭08:5709:10ザラナギ09:15テン場10:21ジャンクション10:2210:34池口岳10:4510:55ジャンクション10:5711:52テン場11:58ザラナギ11:5912:08利検沢の頭12:33クロナギ13:28池口岳登山口13:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口までの運転の恐怖を思えば、よほど安全で気楽な道。
倒木は一部だけ。たまにふみ跡薄くなり、下山時要注意。でも今は文明の利器がある。
標識も多数。滑落しそうなところはない。
小さな岩場が2か所だけ。ロープが設置されて安心だけど、木の根や岩を掴んで問題なく上り下りできる。
そこでメタボチェックがある
熊、蜂、ヒルが出そうなのが怖い
平日なのに人がもう一人、昨日の伊吹と違いマスク不要
その他周辺情報道の駅遠山郷のかぐらの湯はポンプの都合で温泉が汲めず、普通の水の沸かし湯らしい
帰り道が長いので温泉に入る時間が無く、立科のツルヤで買い出しだけ。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

良く踏まれた歩きやすい道を登る
2020年09月28日 06:59撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く踏まれた歩きやすい道を登る
2
こういう標識が,ら順に。いくつまであったかな?㉙は確認した。
2020年09月28日 07:06撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう標識が,ら順に。いくつまであったかな?㉙は確認した。
1
この次が「山の神」だったと思う。
2020年09月28日 07:15撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この次が「山の神」だったと思う。
1
その後、面切平
登りと「○○平」の繰り返しなので、楽に進める。けどそのぶん長い
2020年09月28日 07:32撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、面切平
登りと「○○平」の繰り返しなので、楽に進める。けどそのぶん長い
1
牛首、ここで溝状の所を越えて右側の尾根に。二重山稜っぽいところもある
2020年09月28日 07:46撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首、ここで溝状の所を越えて右側の尾根に。二重山稜っぽいところもある
1
快適な道が続く
2020年09月28日 07:49撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な道が続く
1
こまめに標識があり地名が付いているけど、地図には地名がない。等高線と、コースを赤線で表示しただけ。スマホがないとどこまで来ているのかわからない。
2020年09月28日 08:16撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こまめに標識があり地名が付いているけど、地図には地名がない。等高線と、コースを赤線で表示しただけ。スマホがないとどこまで来ているのかわからない。
2
まだずっと歩きやすい道。下りはバンバン走っちゃえ⇒それができたのは大昔でしょ
2020年09月28日 08:16撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだずっと歩きやすい道。下りはバンバン走っちゃえ⇒それができたのは大昔でしょ
1
出た!黒薙
2020年09月28日 08:22撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た!黒薙
1
右の奥に目指す池口岳の双耳峰
2020年09月28日 08:22撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の奥に目指す池口岳の双耳峰
2
薙の上だけど、道は道でちゃんとつけられている。ずり落ちる心配なし。
2020年09月28日 08:24撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薙の上だけど、道は道でちゃんとつけられている。ずり落ちる心配なし。
1
近くの南アは反対側。ここから見えるのは?
2020年09月28日 08:26撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの南アは反対側。ここから見えるのは?
1
登山口には、山頂まで6時間半だった。残りが3時間40分ということはここまで2時間50分のところ、まあまあだ。
2020年09月28日 08:26撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には、山頂まで6時間半だった。残りが3時間40分ということはここまで2時間50分のところ、まあまあだ。
2
その後もずっと二足歩行の道。体力があれば走れる。婆さんはもうムリ。
2020年09月28日 08:34撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後もずっと二足歩行の道。体力があれば走れる。婆さんはもうムリ。
1
立派な標識がある
2020年09月28日 09:09撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な標識がある
1
樹の隙間から
2020年09月28日 09:11撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹の隙間から
1
ザラナギ
2020年09月28日 09:12撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラナギ
1
テント場。テント担いで来るなんて大変なこと、考えられない
広々した良い所だった
2020年09月28日 09:14撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。テント担いで来るなんて大変なこと、考えられない
広々した良い所だった
2
突然、険しいところに!ロープもあるけど、足場捕まりどころいっぱいあり、簡単に登れる
2020年09月28日 10:13撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然、険しいところに!ロープもあるけど、足場捕まりどころいっぱいあり、簡単に登れる
1
光方面分岐
これもいつか行きたい、というほどマニアックじゃありません。
2020年09月28日 10:19撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光方面分岐
これもいつか行きたい、というほどマニアックじゃありません。
1
ジャンクション付近の急登の後、ウイニングロードのような笹原で
2020年09月28日 10:30撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクション付近の急登の後、ウイニングロードのような笹原で
1
山頂到着
北峰なので、南峰も行かないとダメ?ここで食事中の人になんとなく聞いてみたらこっちが最高点だし、ここが山頂ですと。
2020年09月28日 10:34撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
北峰なので、南峰も行かないとダメ?ここで食事中の人になんとなく聞いてみたらこっちが最高点だし、ここが山頂ですと。
3
三角点もこっちにあるし
2020年09月28日 10:35撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もこっちにあるし
2
試しに少し進んでみたけど道がか細くなり笹がかぶっているし、あの薙に沿って行くのかな?やめとこ。
2020年09月28日 10:38撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試しに少し進んでみたけど道がか細くなり笹がかぶっているし、あの薙に沿って行くのかな?やめとこ。
1
山頂に戻る。三角点のてっぺんが十字じゃなく×
黒法師の一等三角点がそれで有名。ここらの特徴?
2020年09月28日 10:43撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に戻る。三角点のてっぺんが十字じゃなく×
黒法師の一等三角点がそれで有名。ここらの特徴?
3
ジャンクションからちょっと光方面が望めた
2020年09月28日 10:51撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションからちょっと光方面が望めた
1
樹の間から稜線ごしに・・・よくわからない
2020年09月28日 10:51撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹の間から稜線ごしに・・・よくわからない
1
左に近づく必要はない、ちゃんと道があるから大丈夫
2020年09月28日 10:53撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に近づく必要はない、ちゃんと道があるから大丈夫
1
往路で撮らなかったメタボチェック◆道は木の間だけど横を通ればいいじゃない。
2020年09月28日 10:54撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で撮らなかったメタボチェック◆道は木の間だけど横を通ればいいじゃない。
往路で撮らなかったメタボチェック
2020年09月28日 11:01撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で撮らなかったメタボチェック
1
もう1箇所の岩場。階段状で簡単に下れた
2020年09月28日 11:10撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1箇所の岩場。階段状で簡単に下れた
1
2156mピークからの下り、倒木帯で道を見失った。気づいたら尾根を外れ、復帰しようとしたら別の尾根に。スマホですぐ修正。
2020年09月28日 11:19撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2156mピークからの下り、倒木帯で道を見失った。気づいたら尾根を外れ、復帰しようとしたら別の尾根に。スマホですぐ修正。
2
正規ルートに乗れば問題なくはっきりした道
2020年09月28日 11:27撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規ルートに乗れば問題なくはっきりした道
1
熊の爪痕ではなく、倒木を踏み越えるとき滑らないような切り欠き
別の倒木はもう少し太くて、両脚乗れるように2箇所
整備っぷりがありがたい
2020年09月28日 11:41撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の爪痕ではなく、倒木を踏み越えるとき滑らないような切り欠き
別の倒木はもう少し太くて、両脚乗れるように2箇所
整備っぷりがありがたい
1

テンバとザラナギの間の展望地。さて、見えているのはどこだ?
2020年09月28日 11:55撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

テンバとザラナギの間の展望地。さて、見えているのはどこだ?
1
前方にザラナギ
2020年09月28日 11:55撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方にザラナギ
ザラナギ。あれ?往路と全く同じ写真?
黒薙ぎはまだまだかなあ
2020年09月28日 11:56撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラナギ。あれ?往路と全く同じ写真?
黒薙ぎはまだまだかなあ
1
往路で巻き道を通った区間
巻かない方が道が良い
2020年09月28日 12:09撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路で巻き道を通った区間
巻かない方が道が良い
1
黒薙まで戻れた
2020年09月28日 12:32撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒薙まで戻れた
日向山のビーチ沿いに奥へ進むところより、よほど安全
2020年09月28日 12:33撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山のビーチ沿いに奥へ進むところより、よほど安全
1
チラッと奥茶臼山とか?全然馴染みがなくわからない
このあと、走りたくなる道が続くが
2020年09月28日 12:33撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チラッと奥茶臼山とか?全然馴染みがなくわからない
このあと、走りたくなる道が続くが
2
シューズが足に合わず、爪が痛くてまともに歩けない
爪をかばったら足底筋や膝が痛くなった
2020年09月28日 13:24撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シューズが足に合わず、爪が痛くてまともに歩けない
爪をかばったら足底筋や膝が痛くなった
2
登山口に戻った。避難小屋は林道の少し先にあるらしい。
2020年09月28日 13:27撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻った。避難小屋は林道の少し先にあるらしい。
1

感想/記録

*この山域は渋くてあこがれ。人が少ないから、何かあったら次に誰か来る前に白骨になっちゃうんじゃない、など心細くて敷居が高かった。
 でもさすが二百名山・信州百名山、レコも頻繁に上がっている。アルプスの一角だけど、険しいところもなさそう。道迷いはスマホで防止できる時代。行ってみよう!
*ちゃんと整備された道、標識も多数、小さく簡単な岩場にロープ設置、藪ナシ、至れり尽くせりで安心して歩けるコースだった。整備されている方がた、ありがとうございます。
*これで安心して、奥茶臼山や黒法師に行ったらヤバイかな?奥茶臼は倒木祭りらしいし、黒法師はもっと熊が出そう。
*この夏、光にも行きたかった。易老渡への林道が歩行者まで通行止めではあきらめるしかない。上河内、茶臼あたりまでは畑薙からでもよいけど、光ではその差が大きすぎるな。いつ復旧するんだろう。見込みナシとか?攻略法に悩む。
*山頂でお会いした方は、百名山を完踏したので次に二百名山中。百名山は整備がよく安心なところが多いので、いつでも(年とってからでも)よいかな、それに遠方ばかり残っているし、ということでtabigarasuはいきなり同時並行で三百名山を。百名山もまだまだ残りがいっぱいなのに。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:579人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ