また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2612149 全員に公開 沢登り 丹沢

世附川水系 山伏沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月26日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー4人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■山伏沢

 この沢はむしろ沖ビリ沢として今までは通っていましたが、正しくは山伏沢で
 沖ビリは少し下流の小沢のことを指します。
 おそらく市販地図作成時に古い資料等から転記する際のミスがそのまま流用
 されてしまったのかもしれませんが、地名は資料によって異なることも多く
 なかなか難しいものです。
 沢はナメ床が発達していて上流部の急な詰めとヌメリがある階段状の滝以外は
 経験者同行のもと沢登り初心者でも楽しめます。
 世附川は全体的に渓流釣り師も多く入っており、お互い迷惑にならないよう
 思い遣りが必要になります。
 堂々と釣り師を追い越していくような行為は避け、視界で確認できる距離を
 保ち良好なコミュニケーションを取ってください。

 アプローチは甲相国境尾根(東海自然歩道)/要所小屋ノ頭(ベンチあり)から
 登山道を離れ西丸方向の尾根を下降し、西丸手前のコルから北側山腹をトラバース
 する薄い径路を使って、西丸東北東尾根(尾根の左が広葉樹、右が植林帯になって
 いる)を下降して植林径路を外さないように下りていけば、最後は本当の沖ビリ沢
 の中の径路となって金山沢に合わさります。
 この金山沢が上流部で山伏沢となります。

 遡行グレード 1級上(アプローチ下降と詰めの読みを入れて「上」を付けて
 おります。

■マウントファーム登山学校(JMIA加盟)
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

要所小屋ノ頭から西丸方面の尾根に入る
2020年09月26日 10:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所小屋ノ頭から西丸方面の尾根に入る
ここ数年この辺の笹藪はすっかり薄くなってしまった・・・
以前は藪漕ぎに近いくらいの密度であったのに。
2020年09月26日 10:29撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ数年この辺の笹藪はすっかり薄くなってしまった・・・
以前は藪漕ぎに近いくらいの密度であったのに。
西丸東北東尾根を下降する
2020年09月26日 10:54撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丸東北東尾根を下降する
植林径路を辿って下りる
2020年09月26日 10:56撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林径路を辿って下りる
金山沢に出る
2020年09月26日 11:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山沢に出る
山伏沢最初のナメ小滝
2020年09月26日 12:04撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏沢最初のナメ小滝
いつも癒されるナメ
2020年09月26日 12:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも癒されるナメ
時折山女魚の魚影が慌てて隠れる
2020年09月26日 12:41撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折山女魚の魚影が慌てて隠れる
この滝は右側に高巻き用の残置ロープがある
2020年09月26日 12:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は右側に高巻き用の残置ロープがある
10×20mナメ滝
右側に残置ロープもあるが流芯すぐ左を直登もできる(卦蕁
2020年09月26日 13:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10×20mナメ滝
右側に残置ロープもあるが流芯すぐ左を直登もできる(卦蕁
クライミングも久し振りのAちゃんにアンカードビレイをしてもらう
2020年09月26日 13:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライミングも久し振りのAちゃんにアンカードビレイをしてもらう
上流までナメ床は続く
2020年09月26日 14:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流までナメ床は続く
1050m二俣から界尾根を登った
2020年09月26日 14:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1050m二俣から界尾根を登った
尾根上部は笹薮だがこちらも昔に比べすっかり薄くなってしまった
2020年09月26日 15:06撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上部は笹薮だがこちらも昔に比べすっかり薄くなってしまった
要所小屋ノ頭
2020年09月26日 15:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所小屋ノ頭

感想/記録
by kamog

小雨程度で増水はしていないと判断し先月に続き山伏沢へ。
癒しのナメ床やナメ滝、小さな浅い釜では山女魚たちが右往左往するも隠れる岩陰もない。
大丈夫だよー僕らは君たちを釣りに来たんじゃないからね。

沢の中の読図は何のため? 
そんな軸を中心に皆さんには学習してもらったけれど、果たしてそれが理解できるのはおそらくずっと続けた先のことだろう。複数のリスク経験を潜り抜けたその後にモチベーションを持続できた者にしか真の理解は得られないのかもしれない。
楽しさと怖さの両面性はちょっとした言動や偶々重なったタイミングによって、まるで水平器の中の気泡のように傾くことで顕在化するもんだ。いかに水平を保てるか。体幹だけでなく、気持ち、人間性、客観性などをうまくバランスコントロールしなければならないんだよね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:491人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ