また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2620248 全員に公開 沢登り 丹沢

世附 笹子沢左股の右股の左股−左股の左股を歩く

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浅瀬のゲート前の道路わきに停めた。朝7:30で多数の車あり。(大部分の人達は釣りと思われる。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
31分
合計
6時間59分
S世附・浅瀬駐車スペース07:3807:46浅瀬橋08:16笹子沢08:3212:41小熊沢ノ頭12:4413:25笹子沢13:3714:21笹小屋沢14:26浅瀬橋14:32浅瀬ゲート14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)浅瀬〜笹子沢出合:大股沢林道。
(2)笹子沢出合〜二股〜左股〜右股〜左股:最初の二股での左股への滝4mは濡れながら登った。途中3〜4か所の滝が登れないので、全部左から巻いた。
(3)椿丸からの稜線〜右岸尾根〜左股:急だが、人工林なのでスリップもなく下りやすい。
(4)笹子沢左股の左股〜椿丸からの稜線:ほぼ水は無く、岩登りの様相。
(5)椿丸からの稜線〜P795下〜北東に派生する尾根〜笹子沢出合:急だが人工林で下りやすいが、最後に笹小沢出合の仕事道に戻る所が、RFが難しい。
(6)笹子沢出合〜浅瀬:大股沢林道。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

今日は管理人さんは居ませんでした。それにしても30人近い釣人が沢に入っているな!
2020年10月03日 07:42撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は管理人さんは居ませんでした。それにしても30人近い釣人が沢に入っているな!
オヤマボクチか?暗いのでちょっとピンボケ。
2020年10月03日 08:05撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマボクチか?暗いのでちょっとピンボケ。
6
排砂口、一度上がってみたいな。
2020年10月03日 08:07撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
排砂口、一度上がってみたいな。
2
笹子沢出合に来ました。
2020年10月03日 08:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子沢出合に来ました。
1
林道から見える滝です。
2020年10月03日 08:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見える滝です。
3
帰りはこの仕事道から降りてくる予定です。
2020年10月03日 08:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはこの仕事道から降りてくる予定です。
2
ガラガラだな。
2020年10月03日 08:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラガラだな。
小滝。問題ないです。
2020年10月03日 08:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝。問題ないです。
6
小滝。問題ないです。
2020年10月03日 08:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝。問題ないです。
すぐに二股に来ました。今日は左股に入ります。界尾根リッジ状には5mmのタコ糸の様なひもが垂れてました。
2020年10月03日 08:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに二股に来ました。今日は左股に入ります。界尾根リッジ状には5mmのタコ糸の様なひもが垂れてました。
2
左奥の滝4mを濡れながら上がります。ホールドも足の置き場もないので上手く上がれず。小枝をひろって、足がかりにしました。
2020年10月03日 08:41撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥の滝4mを濡れながら上がります。ホールドも足の置き場もないので上手く上がれず。小枝をひろって、足がかりにしました。
2
落ち口から。
2020年10月03日 08:50撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口から。
1
その上の小滝。問題ないです。
2020年10月03日 08:52撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の小滝。問題ないです。
4
右岸から針金が垂れていた。二股の左股の滝の右岸の高巻用かな?
2020年10月03日 08:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から針金が垂れていた。二股の左股の滝の右岸の高巻用かな?
小滝。問題ないです。
2020年10月03日 09:01撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝。問題ないです。
2
湧水帯の様だ。
2020年10月03日 09:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧水帯の様だ。
良く見る、沢の中の木。
2020年10月03日 09:10撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見る、沢の中の木。
1
分かりにくいが二股です。最初は右股を歩きます。
2020年10月03日 09:16撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいが二股です。最初は右股を歩きます。
ヌタ場。鹿ですね。
2020年10月03日 09:16撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタ場。鹿ですね。
2
奥に大きな滝8-9m位。手前の滝は上がれます。
2020年10月03日 09:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に大きな滝8-9m位。手前の滝は上がれます。
4
奥の大滝は左から巻きますが。。。
2020年10月03日 09:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の大滝は左から巻きますが。。。
その前に自撮り。ハーネスやロープも用意しましたが、結局なにも使わなかった。
2020年10月03日 09:26撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に自撮り。ハーネスやロープも用意しましたが、結局なにも使わなかった。
6
左から小さく巻ける。
2020年10月03日 09:33撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から小さく巻ける。
次の二股は左です。(EAさんのブログでは、右股は危険とある。)
2020年10月03日 09:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の二股は左です。(EAさんのブログでは、右股は危険とある。)
これは水流を上がったのかな?ぬめりがありますが、チェーンスパイクなので大丈夫です。
2020年10月03日 09:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは水流を上がったのかな?ぬめりがありますが、チェーンスパイクなので大丈夫です。
この滝は左から巻き。低い位置のバンドと高い位置のバンドがあり、低いのは落ち口にトラバースするみたいですが、良く見えないので、高いバンドを使った。
2020年10月03日 09:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は左から巻き。低い位置のバンドと高い位置のバンドがあり、低いのは落ち口にトラバースするみたいですが、良く見えないので、高いバンドを使った。
縞状のきれいな沢床。
2020年10月03日 09:45撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞状のきれいな沢床。
3
斜め滝。問題ないです。
2020年10月03日 09:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜め滝。問題ないです。
2
また登れない滝がでてきた。
2020年10月03日 09:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また登れない滝がでてきた。
5
左から巻きます。
2020年10月03日 09:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻きます。
1
途中のきれいなトリカブト。
2020年10月03日 09:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のきれいなトリカブト。
5
落ち口。
2020年10月03日 10:00撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口。
1
また大きな滝がでてきた。
2020年10月03日 10:07撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また大きな滝がでてきた。
1段目は登れるが。。。
2020年10月03日 10:08撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1段目は登れるが。。。
2
その上の2段は登れない。左から巻くが。。。
2020年10月03日 10:10撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の2段は登れない。左から巻くが。。。
結構な大高巻きになってしまった。
2020年10月03日 10:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な大高巻きになってしまった。
その後も小滝は続くが、問題ないです。
2020年10月03日 10:21撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も小滝は続くが、問題ないです。
これも大丈夫。
2020年10月03日 10:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも大丈夫。
ナメ床。
2020年10月03日 10:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ床。
1
詰め。正面は登れないので、左の尾根へ上がる。
2020年10月03日 10:29撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰め。正面は登れないので、左の尾根へ上がる。
正面の泥状の溝。
2020年10月03日 10:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の泥状の溝。
1
椿丸からの稜線に出ました。少し歩いて、東に向かう広い尾根を下ります。
2020年10月03日 10:37撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿丸からの稜線に出ました。少し歩いて、東に向かう広い尾根を下ります。
人工林なので、急ですが降りるのは楽です。
2020年10月03日 10:50撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人工林なので、急ですが降りるのは楽です。
この尾根を上がる気にはなれないな!
2020年10月03日 10:56撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根を上がる気にはなれないな!
ミツマタは来年の準備中。
2020年10月03日 11:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタは来年の準備中。
4
左股の左股に降りてきた。
2020年10月03日 11:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股の左股に降りてきた。
1
すぐに空石積み堰堤。これが見たかったんです。ほとんど壊れていない、立派な堰堤。両側とも越すのは大変そう。
2020年10月03日 11:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに空石積み堰堤。これが見たかったんです。ほとんど壊れていない、立派な堰堤。両側とも越すのは大変そう。
この手の堰堤は直接登った方が楽です。敬意を表して登ります。今日はここでランチ休憩の予定だったので、ぴたりでした。
2020年10月03日 11:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この手の堰堤は直接登った方が楽です。敬意を表して登ります。今日はここでランチ休憩の予定だったので、ぴたりでした。
2
休憩後、左股を詰めます。
2020年10月03日 11:47撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、左股を詰めます。
この二股は左です。
2020年10月03日 11:51撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この二股は左です。
ここは右に行きます。
2020年10月03日 11:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右に行きます。
だんだん険しくなる。でも大丈夫です。
2020年10月03日 12:04撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん険しくなる。でも大丈夫です。
この沢は沢床が赤いです。鉄分があると言うことですね。
2020年10月03日 12:05撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢は沢床が赤いです。鉄分があると言うことですね。
1
縞状の沢壁。
2020年10月03日 12:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞状の沢壁。
3
だんだん急になります。
2020年10月03日 12:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん急になります。
でも大丈夫です。
2020年10月03日 12:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも大丈夫です。
さて、どこを詰めるかな?
2020年10月03日 12:18撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、どこを詰めるかな?
1
一番右は崖状でだめ!
2020年10月03日 12:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番右は崖状でだめ!
1
その左も青ザレでダメみたい。
2020年10月03日 12:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左も青ザレでダメみたい。
真中なら上がれそう。
2020年10月03日 12:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真中なら上がれそう。
1
ズルズルなので、なるべく沢状の中を詰めます。最後は左に逃げます。
2020年10月03日 12:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズルズルなので、なるべく沢状の中を詰めます。最後は左に逃げます。
2
途中、全部詰めずに経路らしきものをトラバースします。(これがEAさんが言っていた経路ですね!)
2020年10月03日 12:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、全部詰めずに経路らしきものをトラバースします。(これがEAさんが言っていた経路ですね!)
けもの道なのか?良く分かりません。
2020年10月03日 12:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けもの道なのか?良く分かりません。
P795の下あたりの広い所に出ました。ここで、濡れた上のシャツを全部着替えました。
2020年10月03日 12:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P795の下あたりの広い所に出ました。ここで、濡れた上のシャツを全部着替えました。
最初ここがP795と思いましたが、どうも違う様です。
2020年10月03日 12:59撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初ここがP795と思いましたが、どうも違う様です。
北東に延びる支尾根を下ります。きれいな尾根です。
2020年10月03日 13:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東に延びる支尾根を下ります。きれいな尾根です。
4
杉に書かれた白ペンキと赤リボンが目印です。
2020年10月03日 13:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉に書かれた白ペンキと赤リボンが目印です。
途中にあった大きなキノコ。
2020年10月03日 13:12撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった大きなキノコ。
3
向こうに見えるのは権現山ですね。
2020年10月03日 13:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのは権現山ですね。
ここで経路が屈曲します。白ペンキと赤リボンは尾根をそのまま直進してゆきます。ここはEAさんの経路をトレースします。
2020年10月03日 13:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで経路が屈曲します。白ペンキと赤リボンは尾根をそのまま直進してゆきます。ここはEAさんの経路をトレースします。
ここまではトレースできますが、この後、無くなります。
2020年10月03日 13:25撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではトレースできますが、この後、無くなります。
はるか下方にこの赤い杭が目につきます。そこを目指して降りて行きます。
2020年10月03日 13:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか下方にこの赤い杭が目につきます。そこを目指して降りて行きます。
土止柵も出てきました。
2020年10月03日 13:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土止柵も出てきました。
仕事道がでてきました。これで安心です。
2020年10月03日 13:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事道がでてきました。これで安心です。
タマゴタケ。
2020年10月03日 13:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマゴタケ。
10
林道に降りてきました。
2020年10月03日 13:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に降りてきました。
1
林道途中のシロヨメナです。
2020年10月03日 13:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中のシロヨメナです。
3
世附ブルー。今日も無事に沢が歩けました。ありがとうございます。
2020年10月03日 14:28撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世附ブルー。今日も無事に沢が歩けました。ありがとうございます。
16

感想/記録

険悪そうな沢だなと思っていた、世附の笹子沢を歩きました。これにはEAさんのブログ、「丹沢山行記」の2018年9月23日の記録 https://31773023.at.webry.info/201809/article_2.html

yasuo12さんの2019年11月13日のレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2105908.html
を参考にしました。ありがとうございました。
最初に出合う二股の所での左股への樋状滝4mは、足の置き場もホールドもなく、なかなか上がれないので、左から巻こうかと考えましたが、巻きも大変そうなので、どうにか小枝を水流の隙間に立てかけて上がることができました。この滝の渕はかなり深く、下半身も上半身も濡れてしまいました。この滝を超える方が一番楽だと思われます。
最後に、沢の出合に降りてきた経路は、普通ではなかなか見つけられない様な経路で、楽しかったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:384人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ