また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2627996 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

黒岳、大石峠〜広瀬、富士山堪能、最後は顔面に傷

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月05日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り、午後から晴れ、稜線は北風、ただし下山時に晴れて、暑かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
同行者のところに車を置いて、あとは同行者の家族、同行者の車を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
56分
合計
7時間33分
Sスタート地点08:2609:53大石峠10:3110:44不逢山10:4511:34中藤山11:3511:57新道峠12:18破風山12:28すずらん峠12:49黒岳13:09黒岳展望台13:2014:00御坂トンネル分岐14:0114:03烏帽子岩分岐14:0515:54久保田一竹美術館前バス停15:5615:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ね良好です。ただし、黒岳から広瀬に下る道。途中で、今回二人で歩いた道が分岐します。一部地図には、記載なし。はじめははっきりしているものの、烏帽子岩以降尾根も広くなったりして、踏み跡もなくなり、途中の難儀したところで、腐れ枝をつかんでしまい、前のめりに。ちょっと転落するとも思ったものの、顔面左側を打ちつけ、傷に。大きな傷。顔面は初めて。

写真

若彦トンネル近く。脇から登山道へ。
2020年10月05日 08:43撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若彦トンネル近く。脇から登山道へ。
大石峠までおしゃべりしながら登って大石峠。私もおじさんですが、別のおじさんひとり。富士山が良く見えます。曇りですが。
2020年10月05日 10:03撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠までおしゃべりしながら登って大石峠。私もおじさんですが、別のおじさんひとり。富士山が良く見えます。曇りですが。
ススキが繁茂しています。
2020年10月05日 10:03撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキが繁茂しています。
富士山。
2020年10月05日 10:19撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
大石峠出てわずかでちょっと倒木。
2020年10月05日 10:37撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠出てわずかでちょっと倒木。
不思議な名前の山。
2020年10月05日 10:42撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な名前の山。
大石峠から中藤山の間は気が伐採され、富士山の景色が良い。
2020年10月05日 10:48撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠から中藤山の間は気が伐採され、富士山の景色が良い。
富士山。
2020年10月05日 11:25撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
富士山。
2020年10月05日 11:25撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
斜視ではわかりにくいですが、山中湖、遠く箱根の山も見えていました。
2020年10月05日 11:25撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜視ではわかりにくいですが、山中湖、遠く箱根の山も見えていました。
富士山と河口湖。
2020年10月05日 11:28撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と河口湖。
私と富士山、富士山と私。
2020年10月05日 11:29撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私と富士山、富士山と私。
2
富士山と河口湖と側火山。
2020年10月05日 11:29撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と河口湖と側火山。
中藤山。
2020年10月05日 11:32撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中藤山。
富士山。
2020年10月05日 11:32撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
新藤峠の工事。富士山の展望台が2つ造られています。
2020年10月05日 11:56撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新藤峠の工事。富士山の展望台が2つ造られています。
黒岳絵到着。
2020年10月05日 12:49撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳絵到着。
黒岳先の展望台。女性が2名休んでいました。
2020年10月05日 12:53撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳先の展望台。女性が2名休んでいました。
黒岳から広瀬に向かって下って、途中、左に御坂トンネルの三つ峠入り口へと続く下山道の分岐。
2020年10月05日 14:00撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳から広瀬に向かって下って、途中、左に御坂トンネルの三つ峠入り口へと続く下山道の分岐。
広瀬は左折。まっすぐ進み難儀する下山道へ。
2020年10月05日 14:04撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広瀬は左折。まっすぐ進み難儀する下山道へ。
難儀した道を下りてきました。ここが登山道への入り口なのでしょう。
2020年10月05日 15:37撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難儀した道を下りてきました。ここが登山道への入り口なのでしょう。
帰宅時夕日。
2020年10月05日 17:01撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅時夕日。

感想/記録
by Y-chan

同行者のところから車を駆使して大石峠への登山道へ。概ね良好の登山道は大石峠から中藤山にかけては富士山側の木が切られ、展望が良くなっています。過去の記憶は薄いものの、大石峠は良い展望、その後は、どうだったか。記憶になく。アップダウンを繰り返して、黒岳へ。それから広瀬に下るのですあ、途中、烏帽岩を通過する道があり、そちらを同行者と歩きます。途中から難儀するようになり、とても難儀しているとき、ミスで腐れ枝をつかんで、前のめり。ちょっと落ちると思ったのですが、それは大丈夫だったですが、顔面に大きな傷。アウチです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:349人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 トンネル 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ