また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2636822 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北陸

大平山・濁谷山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月10日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
21分
合計
4時間44分
Sスタート地点09:3310:28大平山10:3312:05濁谷山12:2113:36大平山13:3714:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

大平山三角点
2020年10月10日 10:27撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山三角点
1
大平山山頂表示
2020年10月10日 10:35撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山山頂表示
1
有刺鉄線を巻いた標柱
2020年10月10日 12:44撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有刺鉄線を巻いた標柱
濁谷山山頂
2020年10月10日 12:07撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁谷山山頂
濁谷山山頂からの眺望
2020年10月10日 12:08撮影 by S6-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁谷山山頂からの眺望
1
撮影機材:

感想/記録
by ogip

熊が住む山と聞き、ソロ登山の勇気が無くてこれまで躊躇していたが、職場の同僚と一緒に登ることになり、魚津インターから県道132号線を経由して沌滝へ。
平沢林道は滝入口の少し先からは、舗装はされているが両側の草が生い茂る中、車でかきわけながら進む。
その区間は数キロに及ぶ。
茂り過ぎて時々自動ブレーキが作動するくらいで、同僚の車がかわいそう…
峠近く、左側に登山口の標柱があり、広くなった路肩に車を停める。
雨上がりの土曜日で他に車は無し。
登山道は、とにかく笹薮と灌木と滑る急坂。
踏み跡やピンクテープもあるので、慎重に進めば迷うことは無いが、あまり登る人は多くないようで、クモの巣が多い。
道中数え切れないほどかぶった。
大平山頂までは約1時間。
山頂から濁谷山までの道がまた難路。
新しく開かれた道のようだが、もとは笹薮なのでここもかきわけながら、根に引っかかりながらクモの巣をかぶりながら約1時間。
ほぼ展望もなく、気持ちは萎える。
何度も熊にかじられたという有刺鉄線を巻いた標柱を過ぎると今度はぬかるんだ道。
猪の足跡がいくつもはっきりと泥に残る。
ときおり掘ったり水たまりで転がった跡も。
足をとられながら、ときにははまりながら苦闘の登りで山頂へ。
狭いが開かれた山頂には1等三角点。
木が生い茂っているため、ぐるっと見渡すわけにはいかないが、それでも魚津市内や海や能登半島が見える。
休憩もそこそこに下山。
下りはとにかく赤土で滑る道を何度か尻もちをつきながら。
9時半に登山を開始して、12時に山頂。
2時過ぎに登山口に戻る。
その間、出会った登山者はゼロ。
今の季節だからまだマシだが、夏場はほとんど無理じゃないかと思える山だった。
薮とクモの巣と滑りの3重苦。
夏場だと暑さも。
熊の痕跡は無かったが、ソロだと相当不安だったと思う。
道中はずっと熊鈴プラス音楽をかけていた。
同行した初心者の同僚には申し訳無いことをしたと思う。
低山の魅力を感じてもらうつもりが、もしかしたらもう山には行きたくないと思わせてしまったかも。
富山県の山の大平山紹介に、静かなブナ林を行く初心者には手ごろな山と書いてあったのに…
確かに大平山だけにしておけばまだ良かったかも。
次の機会があれば、気持ちのいい低山を紹介したい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:217人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

熊鈴 林道 三角点 ブナ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ