また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2648408 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

大文字山 裏道へ回り道迷い少々

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月15日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京都市バス銀閣寺道下車徒歩10分で登山道入り口へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
10分
合計
3時間20分
S銀閣寺橋西詰公衆トイレ10:5011:30大山出城跡12:40大文字山12:5013:20大文字火床14:10銀閣寺橋西詰公衆トイレG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険はないが、京都市民に大人気の山で、縦横無尽に道があるようだ。楽しみたい人はヤマレコマップや磁石、 GPS など持っていくこと。
その他周辺情報銀閣寺道や、下山した南禅寺、山科などに色々ある
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 懐中電灯 羽毛ジャケット 行動食のおやつ 水分1.5リットル タオル ビニール袋 カメラ 筆記用具 ストック1本

写真

城壁のように見える山崩れ修理跡
2020年10月15日 11:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城壁のように見える山崩れ修理跡
小広いところだ
強い踏み跡の道
2020年10月15日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小広いところだ
強い踏み跡の道
階段のように敷石路?
2020年10月15日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段のように敷石路?
明るい林
やや樹々が色づいて
2020年10月15日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい林
やや樹々が色づいて
まるで道路みたいによく踏まれている
2020年10月15日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで道路みたいによく踏まれている
右手へと登っていくと
樹々の間から愛宕山が覗く
2020年10月15日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手へと登っていくと
樹々の間から愛宕山が覗く
行きつ戻りつしながら
ようやく頂上へ 大賑わい
市街を望む
2020年10月15日 12:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きつ戻りつしながら
ようやく頂上へ 大賑わい
市街を望む
大文字山三等三角点
タッチ!465m
2020年10月15日 12:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山三等三角点
タッチ!465m
2
大阪方面
あべのハルカスが見える
大阪の陣や先の大戦で全焼する大阪も見えた
2020年10月15日 12:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪方面
あべのハルカスが見える
大阪の陣や先の大戦で全焼する大阪も見えた
火床へ来ました
大勢の人々が。
京都市街一望
2020年10月15日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火床へ来ました
大勢の人々が。
京都市街一望
1
ススキの穂が風にそよいで
2020年10月15日 13:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキの穂が風にそよいで

感想/記録

晴れの日 GO TO TRAVEL で銀閣寺の駐車場には
大型バスが5台ほど止まっていた
団体の中学生や小学生も銀閣寺へ
でも お店のほとんどはまだ開いていない

銀閣寺裏から今日はいつもの登山道ではなくて
砂防ダムの上へ 3度目だ
上は以前より踏み跡がしっかり付いた道が続く
若者も走って登っていく
中尾城へ登るのはやめてまっすぐに頂上を目指す
道は 山の東側を巻いて登る
花もなし 木々の紅葉もなし 何となく色づいているが、、

上に出ると安祥寺道17という救急案内があった
えっ! ここは山科。 
道を間違えたと思ってヤマップを開こうとしたが開かない
「電波が届きません」という
でもツイッターもフェイスブックもつながる
変だな〜〜

ではヤマレコを、と。
これはスルスルと開く 音声案内もしてくれた
行きつ戻りつした頂上への道

無事に頂上へ 下山は火床を通っておりた
いつも山科や大津へ降りるので銀閣寺へ降りるのは珍しい
相変わらずのそそっかしい山行き

昨夜調べに使ったヤマップを切っておかず、ヤマレコと混線していたのだ。電波は問題なしだったが慌てたな〜〜
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:214人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 1823
2020/10/15 21:29
 ニアミスでした(..;)
お会いしたかなぁ。
山科119番Aコース18辺り。
竜王尾根から火床−三角点へ出るところ
(実際は17までしかありませんが仲間内ではこの辺りを18と呼んでいます)

大文字山北斜面・・・。
面白いところでしょ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ