また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2658857
全員に公開
ハイキング
東北

紅葉と展望の会津朝日岳(二百名山)、泥んこなめてたら底なし沼?

2020年10月14日(水) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
04:25
距離
11.1km
上り
1,370m
下り
1,379m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:17
休憩
0:09
合計
4:26
7:14
7:14
36
7:50
7:50
16
8:06
8:06
20
8:26
8:29
13
8:42
8:42
21
9:03
9:05
20
9:25
9:25
10
9:35
9:35
23
9:58
9:58
11
10:09
10:10
17
10:27
10:30
29
10:59
10:59
0
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
いわなの里の奥、林道終点が登山者用駐車場
道の駅きらら289に泊り、朝、289を只見方面へ進み、黒谷川を渡ったらすぐ「いわなの里」の看板で土手の道へ左折。以後看板に導かれいわなの里まで舗装道路。狭いけど問題ない道。でも左は川なので旅がらすの場合夜間だとムリ。
いわなの里のきれいな大きい駐車場は千円だから、うっかり止めないように
そこから未舗装悪路を少しの辛抱で登山口の駐車場
コース状況/
危険箇所等
山道あるあるは普通に気を付ければ大丈夫
泥濘は登りでは危険もないしと、舐めてたら(ペロッとなめたわけじゃありません!)ひざ下までハマった。もう片足も間に合わず踏み出してしまいハマった。靴が脱げそう。抜くのに一苦労。帰りの渡渉で水にわざわざ入りまくって洗った。
その他周辺情報 今日は豪華リゾートにお泊りです
友人の株主優待+gotoでゴー湯?goyu豪遊?
出発後いきなり木橋。濡れていたら滑って落ちそう。
2020年10月14日 06:33撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 6:33
出発後いきなり木橋。濡れていたら滑って落ちそう。
渡渉ポイント
滑ってコケないように、ザブザブかまわず水に入る。
2020年10月14日 06:56撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 6:56
渡渉ポイント
滑ってコケないように、ザブザブかまわず水に入る。
渡渉ポイント
ここも靴が濡れるのをかまわず、あえて水の中へ。
2020年10月14日 07:00撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:00
渡渉ポイント
ここも靴が濡れるのをかまわず、あえて水の中へ。
沢の中を歩くようなところも一部(少しだけ)。
最後の水場三吉ミチギ。水は充分持ち歩いているので関係ないけど。
2020年10月14日 07:13撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:13
沢の中を歩くようなところも一部(少しだけ)。
最後の水場三吉ミチギ。水は充分持ち歩いているので関係ないけど。
しばらく平和な道をジグザグに高度を稼ぐ
2020年10月14日 07:18撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:18
しばらく平和な道をジグザグに高度を稼ぐ
小さな岩場を登ると
2020年10月14日 07:48撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:48
小さな岩場を登ると
人見の松に到着
2020年10月14日 07:50撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:50
人見の松に到着
そこからイワイワの急登
2020年10月14日 07:50撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:50
そこからイワイワの急登
紅葉がきれい
2020年10月14日 07:52撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:52
紅葉がきれい
稜線に出たら
2020年10月14日 07:57撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:57
稜線に出たら
大展望
2020年10月14日 07:58撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:58
大展望
やたら整備の良い箇所
2020年10月14日 07:59撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 7:59
やたら整備の良い箇所
この辺から山頂直下まで、緩い下りと登り返しだけでほぼ平坦
2020年10月14日 08:03撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:03
この辺から山頂直下まで、緩い下りと登り返しだけでほぼ平坦
真っ赤だな〜♪
実は知りません。子どもの頃まだその歌はなかった。
2020年10月14日 08:03撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:03
真っ赤だな〜♪
実は知りません。子どもの頃まだその歌はなかった。
小ピーク、叶の高手
2020年10月14日 08:05撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:05
小ピーク、叶の高手
大クロベ。踏み越えやすいように切り欠きが作られている
2020年10月14日 08:06撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:06
大クロベ。踏み越えやすいように切り欠きが作られている
大クロベがもう1本
2020年10月14日 08:08撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:08
大クロベがもう1本
あれが山頂かな?
2020年10月14日 08:23撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:23
あれが山頂かな?
泥濘は怪我するわけじゃないしと油断したら、ハマった
2020年10月14日 08:27撮影 by  DSC-W830, SONY
1
10/14 8:27
泥濘は怪我するわけじゃないしと油断したら、ハマった
避難小屋のある熊野平に到着
2020年10月14日 08:28撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:28
避難小屋のある熊野平に到着
登山道から右に入ったところに避難小屋
2020年10月14日 08:29撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:29
登山道から右に入ったところに避難小屋
紅葉を堪能
真っ赤系じゃないけど、この色も好き
2020年10月14日 08:41撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:41
紅葉を堪能
真っ赤系じゃないけど、この色も好き
石畳的な個所。滑らない用心に両脇の草を掴みながら。下りでもそれで問題なし。
2020年10月14日 08:45撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:45
石畳的な個所。滑らない用心に両脇の草を掴みながら。下りでもそれで問題なし。
写真だと怖そうだけど、ステップが多く斜度もたいしたことなく、大丈夫。
2020年10月14日 08:57撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:57
写真だと怖そうだけど、ステップが多く斜度もたいしたことなく、大丈夫。
山頂かと思ったらニセ。
足場の悪いトラバースを慎重に通過し
2020年10月14日 08:59撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 8:59
山頂かと思ったらニセ。
足場の悪いトラバースを慎重に通過し
山頂に到着
2020年10月14日 09:03撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:03
山頂に到着
三角点
2020年10月14日 09:03撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:03
三角点
ぐるっと大展望
あの湖は田子倉湖?左の山は浅草岳かな?
2020年10月14日 09:03撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:03
ぐるっと大展望
あの湖は田子倉湖?左の山は浅草岳かな?
紅葉の稜線
奥は右端が浅草岳で、毛猛山など田子倉湖の向こうの山並だと思う
2020年10月14日 09:04撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:04
紅葉の稜線
奥は右端が浅草岳で、毛猛山など田子倉湖の向こうの山並だと思う
登ってきた道
2020年10月14日 09:05撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:05
登ってきた道
東側かな?
2020年10月14日 09:05撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:05
東側かな?
これで一回り
2020年10月14日 09:05撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:05
これで一回り
紅葉がきれいなのでオマケにもう一回り
2020年10月14日 09:05撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:05
紅葉がきれいなのでオマケにもう一回り
では下りましょう。隣のニセピークの方が高いみたい。
2020年10月14日 09:06撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:06
では下りましょう。隣のニセピークの方が高いみたい。
バイウチの高手
2020年10月14日 09:26撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:26
バイウチの高手
2020年10月14日 09:26撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:26
下り道からの大展望
2020年10月14日 09:54撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 9:54
下り道からの大展望
山頂方面見納め
2020年10月14日 10:00撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 10:00
山頂方面見納め
前方の大展望
2020年10月14日 10:01撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 10:01
前方の大展望
どんどん下って、渡渉箇所ではわざわざ水に入りまくり泥落とし
2020年10月14日 10:31撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 10:31
どんどん下って、渡渉箇所ではわざわざ水に入りまくり泥落とし
オマケ
車で裏磐梯へ向かう途中、天然炭酸水の湧くところへ
2020年10月14日 12:14撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 12:14
オマケ
車で裏磐梯へ向かう途中、天然炭酸水の湧くところへ
今夜の割モノにするため、ペットボトル2本汲んだ。井戸から流れっぱなし。もったいない?
2020年10月14日 12:15撮影 by  DSC-W830, SONY
10/14 12:15
今夜の割モノにするため、ペットボトル2本汲んだ。井戸から流れっぱなし。もったいない?

感想

*関西の友人がいろいろ割引を使って裏磐梯の豪華リゾートを普通の民宿並みのお値段で取って、数名で磐梯山などに登るという。では1泊だけ乱入、紅葉が見ごろの東北の山旅をしましょ。
*里の天気は良いのに、山はAの所が限られる。地元から裏磐梯への途中の会津朝日岳に決定。
*会津朝日岳は上の方が険しく危険個所情報もあり、大丈夫かなと不安だった。いっそ天気が崩れたら「パスポートの要らないイギリス」ブリティッシュヒルズのお気楽観光に変更なのに、と直前まで逃げ腰の気分。
*登山口に着いたら晴れ、紅葉も始まりテンションアップ。前半でどんどん高度を稼いで、尾根に出たら大展望。最後の方の急登は、手がかり足掛かりが多く、ほとんどはロープを頼らなくても大丈夫。下りが心配だったけど、意外と斜度がゆるく、問題なかった。
*泥濘も、丸太を敷いたりの対策がされているところが多かったが、1箇所見事にはまった。帰りは慎重に沈まないところを選び無事通過。
*今回残りの山は安心コースばかり。この一山がすんで気が楽になった。今夜は豪華リゾートで温泉と宴会だ。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:364人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら