また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2662086 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲山ロックガーデンと有馬温泉♨️

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀️
アクセス
利用交通機関
電車バス
阪急芦屋川駅よりロックガーデンへ。
有馬温泉〜京都駅: 阪急·京阪バス1,850円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
1時間38分
合計
6時間8分
S芦屋川駅10:3810:46芦屋川、高座の滝方面分岐10:52城山・荒地山方面分岐点11:06高座の滝11:0911:18ロックガーデンの案内板11:2411:45ピラーロック11:4711:51風吹岩12:0712:20荒地山への分岐12:52雨ヶ峠13:4413:59本庄橋跡14:0014:03本庄堰堤北側の分岐14:08土樋割峠14:0914:50一軒茶屋14:5515:00六甲山15:0915:15一軒茶屋15:1816:46金の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
流石は、有名な六甲山で登山道は整備が行き届き綺麗で歩きやすく良かったです。
27,623歩
コース状況/
危険箇所等
一部、通行止め有り迂回路有り。
良好。
その他周辺情報有馬温泉♨️「金の湯」: 650円

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル

写真

阪急 芦屋川駅に来ました✨
久々の六甲山。
ロックガーデンから登ります🎵
1人が二日酔いで45分遅れ…(笑)
2020年10月20日 10:36撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急 芦屋川駅に来ました✨
久々の六甲山。
ロックガーデンから登ります🎵
1人が二日酔いで45分遅れ…(笑)
1
ロックガーデンの入り口に来ました。
ここから、スタートです。
2020年10月20日 11:02撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの入り口に来ました。
ここから、スタートです。
1
思っていた以上に陽射しもきつく暑い😱☀️
2020年10月20日 11:10撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていた以上に陽射しもきつく暑い😱☀️
2
30年ぶりのロックガーデン。
以前は看護士の方との合コンで来たのを覚えてます(笑)
2020年10月20日 11:10撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30年ぶりのロックガーデン。
以前は看護士の方との合コンで来たのを覚えてます(笑)
2
暑いですが、先ずは風吹岩を目指して行きます。
2020年10月20日 11:16撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いですが、先ずは風吹岩を目指して行きます。
1
ロックガーデンの看板。
2020年10月20日 11:16撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの看板。
1
こんな傾斜。
2020年10月20日 11:16撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな傾斜。
1
神戸の街並み。
2020年10月20日 11:18撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸の街並み。
2
六甲山脈と青空
2020年10月20日 11:35撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山脈と青空
1
霞がありますが神戸の街並みが見えます✨
2020年10月20日 11:47撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞がありますが神戸の街並みが見えます✨
1
途中、何ヵ所かで開かれた場所があります。
風吹岩では、どこかの劇団員らしい人が大声で発声練習してたのでスルー。
雨ヶ峠まで目指します✨
2020年10月20日 11:47撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、何ヵ所かで開かれた場所があります。
風吹岩では、どこかの劇団員らしい人が大声で発声練習してたのでスルー。
雨ヶ峠まで目指します✨
2
途中、ぬかるんだ所があったりしました。
2020年10月20日 12:22撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、ぬかるんだ所があったりしました。
1
所々に柵があり開け締めして進みます。
2020年10月20日 12:31撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に柵があり開け締めして進みます。
1
雨ヶ峠手前には、こんな休憩できる所がありました。
2020年10月20日 12:53撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠手前には、こんな休憩できる所がありました。
1
雨ヶ峠まできました。
2020年10月20日 12:53撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠まできました。
1
ここで遅めのランチです。
コースタイムも縮めて−15分。
2020年10月20日 12:53撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで遅めのランチです。
コースタイムも縮めて−15分。
2
六甲山頂までは広々とした整備された登山道。
2020年10月20日 13:47撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山頂までは広々とした整備された登山道。
1
途中、何ヵ所か渡渉する所がありました。
2020年10月20日 13:55撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、何ヵ所か渡渉する所がありました。
1
登山道の分岐には道標もしっかりと表示されており安心して進むことが出来ます。
2020年10月20日 13:57撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の分岐には道標もしっかりと表示されており安心して進むことが出来ます。
1
階段もしっかりと整備されてました。
2020年10月20日 14:00撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段もしっかりと整備されてました。
1
六甲山山頂手前で崩落により一部通行止め箇所がありました。
そこで迂回路を少し進んだ辺りから、登山道から離れて別の尾根道に入りました。
2020年10月20日 14:14撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂手前で崩落により一部通行止め箇所がありました。
そこで迂回路を少し進んだ辺りから、登山道から離れて別の尾根道に入りました。
1
尾根道は地図には記載されてませんが、少し踏み跡もある岩尾根です。
2020年10月20日 14:16撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道は地図には記載されてませんが、少し踏み跡もある岩尾根です。
1
急な登坂ですが、迂回路よりかなりショートカットができます。
2020年10月20日 14:21撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登坂ですが、迂回路よりかなりショートカットができます。
1
中々のハードコースで、面白味ある岩尾根…(笑)
2020年10月20日 14:25撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中々のハードコースで、面白味ある岩尾根…(笑)
2
途中、こんな景色にも出逢えたり。
2020年10月20日 14:27撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、こんな景色にも出逢えたり。
4
岩尾根の最後は笹道の少し藪こぎでしたが、六甲山山頂手前まで登り詰めました😃(笑)
このショートカットで予定タイムを−45分まで挽回することが出来ました🎵
2020年10月20日 14:47撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根の最後は笹道の少し藪こぎでしたが、六甲山山頂手前まで登り詰めました😃(笑)
このショートカットで予定タイムを−45分まで挽回することが出来ました🎵
2
六甲山山頂手前では、神戸の街並みが見えました。
2020年10月20日 14:48撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂手前では、神戸の街並みが見えました。
1
六甲山山頂登頂‼️
2020年10月20日 15:01撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂登頂‼️
4
六甲山山頂より西側パノラマ。
2020年10月20日 15:01撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂より西側パノラマ。
1
六甲山山頂北側パノラマ。
2020年10月20日 15:02撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂北側パノラマ。
1
六甲山山頂より有馬温泉♨️を見下ろします。
下山路の魚屋道が見えました。
2020年10月20日 15:02撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂より有馬温泉♨️を見下ろします。
下山路の魚屋道が見えました。
2
六甲山山頂から有馬温泉♨️へ下山します✨
2020年10月20日 15:20撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂から有馬温泉♨️へ下山します✨
1
快適な整備された魚屋道☺
2020年10月20日 15:25撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な整備された魚屋道☺
1
途中、紅葉🍁も色づき始めてました。
2020年10月20日 15:32撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、紅葉🍁も色づき始めてました。
1
一部、迂回路がありましたが整備の行き届いた登山道でした。
2020年10月20日 15:32撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、迂回路がありましたが整備の行き届いた登山道でした。
1
途中、分岐もありますが、ベンチや東屋もありゆっくり下ることが出来ました。
2020年10月20日 15:49撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、分岐もありますが、ベンチや東屋もありゆっくり下ることが出来ました。
1
前回は、摩耶山から縦走して紅葉谷道を下りて炭屋道を経由してここで合流したのを思い出しました。
もう、ここまで来ると有馬温泉♨️まで後少しです。
2020年10月20日 16:05撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は、摩耶山から縦走して紅葉谷道を下りて炭屋道を経由してここで合流したのを思い出しました。
もう、ここまで来ると有馬温泉♨️まで後少しです。
1
無事に有馬温泉♨️へ下山❕
整備された登山道で、魚屋道も予定より早く下ることが出来て−60分のタイムを削ることが出来ました。
これで、温泉♨️へ浸かり、帰りの高速バスの最終にも間に合います🎵
2020年10月20日 16:28撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に有馬温泉♨️へ下山❕
整備された登山道で、魚屋道も予定より早く下ることが出来て−60分のタイムを削ることが出来ました。
これで、温泉♨️へ浸かり、帰りの高速バスの最終にも間に合います🎵
1
とりあえず、有馬温泉♨️の「金の湯」でゆっくり汗を流しました✨
2020年10月20日 17:28撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、有馬温泉♨️の「金の湯」でゆっくり汗を流しました✨
2
帰りは、18時発の高速バスで京都まで帰りました🎵
2020年10月20日 17:31撮影 by SC-03L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、18時発の高速バスで京都まで帰りました🎵
2

感想/記録

前回は、摩耶山から縦走して六甲山山頂を踏んだと勘違いして紅葉谷道を下りたのですが、六甲山山頂ケーブルと六甲山山頂は別ポイントと後から気がつきリベンジ出来て良かったです…(笑)
有馬温泉♨️も前回に利用した「銀の湯」は定休日で「金の湯」に浸かりましたが「あつ湯」は最高に気持ちいい温泉♨️でした〜🎶
温泉♨️の後のビール🍺が格別なのも良かったです✨
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:229人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渡渉 崩落 紅葉 東屋 道標 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ