また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2663807 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

スリリングな八海山 鎖に命を託して

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月21日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

左手が屏風道コースの始まりです
2020年10月21日 06:28撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手が屏風道コースの始まりです
駐車場はこの時点で4台
2020年10月21日 06:28撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はこの時点で4台
暫くんこんな感じ
2020年10月21日 06:35撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くんこんな感じ
八海山が見えます
2020年10月21日 06:52撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山が見えます
鎖場が出てきました
2020年10月21日 07:19撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が出てきました
今のところは他の山と変わらず
2020年10月21日 07:20撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今のところは他の山と変わらず
この辺りから鎖場が次から次と出てきます
2020年10月21日 07:33撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから鎖場が次から次と出てきます
上は凄い感じだがどこを通るのだろう
2020年10月21日 07:39撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は凄い感じだがどこを通るのだろう
1
いやらしい鎖場が出てきました。ただ、登りだから。
2020年10月21日 07:44撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやらしい鎖場が出てきました。ただ、登りだから。
凄いね。この上を通るのだろうか。
2020年10月21日 08:28撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄いね。この上を通るのだろうか。
2
これも結構いやらしい
2020年10月21日 09:04撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも結構いやらしい
1
避難小屋見えた。小屋までトイレをもう少しガマン。
2020年10月21日 09:08撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋見えた。小屋までトイレをもう少しガマン。
4
トイレは左奥。間に合った。トイレットペーパーも持参してきている。
2020年10月21日 09:30撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは左奥。間に合った。トイレットペーパーも持参してきている。
ここから入道岳までピークを何個越えるのか。ここからが大変さの本番なんだ。
2020年10月21日 10:06撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入道岳までピークを何個越えるのか。ここからが大変さの本番なんだ。
下界も晴れた
2020年10月21日 10:09撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界も晴れた
1つ目のピーク
2020年10月21日 10:16撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目のピーク
1
何個も越えそうだ
2020年10月21日 10:16撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何個も越えそうだ
2
いやー下りは怖い。距離も長い。
2020年10月21日 10:18撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー下りは怖い。距離も長い。
2
この登りも垂直で大変
2020年10月21日 10:26撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登りも垂直で大変
2
何個目のピークなのか覚えてない
2020年10月21日 10:36撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何個目のピークなのか覚えてない
次の凄いピーク。大日岳だった。
2020年10月21日 10:37撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の凄いピーク。大日岳だった。
1
大日岳からの下りは垂直。足場確保が大変。
2020年10月21日 10:56撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳からの下りは垂直。足場確保が大変。
4
写真反対になってますが、下りの方向指示版。
2020年10月21日 11:00撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真反対になってますが、下りの方向指示版。
左は切れ落ちている
2020年10月21日 11:11撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は切れ落ちている
1
左は越後駒ヶ岳、右は明日上る予定の中ノ岳、その後ろにちょこんと尖がった山は荒沢岳とのこと。
2020年10月21日 11:22撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は越後駒ヶ岳、右は明日上る予定の中ノ岳、その後ろにちょこんと尖がった山は荒沢岳とのこと。
1
八海山から中ノ岳のルート。かなりやばいルートらしい。
2020年10月21日 11:22撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山から中ノ岳のルート。かなりやばいルートらしい。
1
達成感いっぱい。下りは新開道で下ります。
2020年10月21日 11:27撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達成感いっぱい。下りは新開道で下ります。
6
下りも前半は長ーい梯子、鎖場など有り、侮れない
2020年10月21日 12:14撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りも前半は長ーい梯子、鎖場など有り、侮れない
1
おさらばバケモノ
2020年10月21日 12:26撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おさらばバケモノ
2
登山後、イオン六日町のコインランドリーからの八海山。あのギザギサピークは大変な場所だった。
2020年10月21日 16:41撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山後、イオン六日町のコインランドリーからの八海山。あのギザギサピークは大変な場所だった。
1

感想/記録
by maekao

いやいや八海山がこんなにおっかない山とは思いませんでした。甘く考えて下調べもろくにしておりませんでした。
八合目の避難小屋までにも数えきれないほどの鎖場が待ち受けておりました。これらの鎖場は登りだからまだいい方でした。避難小屋から入道岳に至るまでにも幾つかのピークがありましたが、そのアップダウンの鎖場たるや、特に下りの鎖場は垂直で距離も長く、まさにロッククライミングのようで足場を探すのも大変な場所がありました。少しでも握りを緩めるとストンと下に、正に命を鎖に託している感覚でした。怖いけどしびれますね。入道岳に着いた時の達成感は今回の登山の中で随一でした。
小秀山、有明山、戸隠山(一般ルート)、等の危険な山を登ってきましが、この山はこれらの山と比べても格段に危険な山でした。
大キレットとかジャンダルムは行ったことはないのですが、ここと比べてどうなんでしょう。

今日はもう一つ大変なことがありました。
登山口にはトイレがなく、ガマンできるかなと思ってました。
鎖場で踏ん張ることを繰り返すと、(大が)したくなり、八合目の避難小屋までガマンすること1時間半、鎖場と共に大変でした。ダサイ親父です。

登りで避難小屋で追いついてきた地元の青年と一緒に下ることにしました。救護の仕事に着くようで、トレーニングのために来ているらしく、今年から登山を始めてるということでした。下りもしばらくの間は鎖場・梯子などの厳しい場面がありましたが、次第に楽になるにつれ、お互いの会話が弾んできました。彼には、補充用としてトイレットペーパーも頂きました。

今日一日は、恐怖と達成感、そして青年との楽しい下山と登山口でのもう一名の超健脚青年を加えた楽しい会話。
充実の一日でした。

二人の青年は会ったことがあるらしく、会話が弾んでおりました。私は、風呂とコインランドリーに行かなければならないので、お礼を言って別れました。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:480人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ