また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2673684 全員に公開 ハイキング 丹沢

畦ヶ丸

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
44分
合計
5時間14分
S大滝橋バス停08:4309:17マスキ嵐沢標識09:2109:48一軒屋避難小屋09:5710:32大滝峠上10:3711:22畦ヶ丸避難小屋11:2511:35畦ヶ丸11:5712:31善六ノタワ12:3213:57西丹沢ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・道標は至るところにあり。
・一部の橋が崩壊しているため渡渉箇所あり。

写真

最初は林道歩き。
2020年10月25日 09:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は林道歩き。
青空が美しい。……が、今日のコースはほぼ樹林帯。檜洞丸方面は混んでるんだろうな。
2020年10月25日 09:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が美しい。……が、今日のコースはほぼ樹林帯。檜洞丸方面は混んでるんだろうな。
渡渉箇所。滑らないよう注意。
2020年10月25日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉箇所。滑らないよう注意。
橋がいくつも出てくる。
2020年10月25日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋がいくつも出てくる。
この階段は壊れているため右側のロープを頼りに上ります。
2020年10月25日 09:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段は壊れているため右側のロープを頼りに上ります。
一軒屋避難小屋。中は薄暗い。
2020年10月25日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋。中は薄暗い。
ここを登ろうとしてしまったが、冷静に考えればあきらかに登山道じゃないだろう……。
2020年10月25日 10:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ろうとしてしまったが、冷静に考えればあきらかに登山道じゃないだろう……。
木々が美しい。
2020年10月25日 10:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が美しい。
若干の急登。粛々と登る。
2020年10月25日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干の急登。粛々と登る。
登るにつれ少しだけ紅葉も出てきた。
2020年10月25日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれ少しだけ紅葉も出てきた。
こういう道は歩いていて気持ちいい。
2020年10月25日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう道は歩いていて気持ちいい。
オープンしたばかりの畦ヶ丸避難小屋。綺麗。
2020年10月25日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンしたばかりの畦ヶ丸避難小屋。綺麗。
サクッと山頂到着。
2020年10月25日 11:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッと山頂到着。
下山します。
2020年10月25日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。
青空と紅葉。
2020年10月25日 12:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と紅葉。
いい雰囲気。
2020年10月25日 12:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気。
真っ赤な木も少しある。
2020年10月25日 12:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤な木も少しある。
たまに望める眺望もまたよし。
2020年10月25日 12:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに望める眺望もまたよし。
苔と緑葉のコラボ。
2020年10月25日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔と緑葉のコラボ。
流れがはやい。
2020年10月25日 13:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れがはやい。
このへんから一般の方が多くなる。
2020年10月25日 13:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このへんから一般の方が多くなる。
親子仲良く橋を渡ってます。
2020年10月25日 14:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親子仲良く橋を渡ってます。
気持ちいい!
2020年10月25日 14:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい!
橋を渡ればゴール。
2020年10月25日 14:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ればゴール。
橋の上からの眺め。キャンパーで賑わってる。
2020年10月25日 14:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上からの眺め。キャンパーで賑わってる。
西丹沢ビジターセンター到着。本日もおつかれ様でした。
2020年10月25日 14:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢ビジターセンター到着。本日もおつかれ様でした。

感想/記録

本日は西丹沢の畦ヶ丸へ。西丹沢はひさしぶり。昨年末の檜洞丸以来か。

新松田駅から7:30のバスに乗り込む。通常は終点の西丹沢ビジターセンターから登り始め大滝橋に下山することが多いようたが、それだとVC始発のバスに多くの乗客が乗り込んだ場合、新松田駅まで1時間ほど立っていることになりかねない。そのためあえて大滝橋から取りつきVCをゴールに設定。そしてこれがビンゴ! VC始発のバスは発車時こそ若干席が空いていたものの、途中のバス停から次々とハイカーが乗ってきたためあっという間に満員御礼。密です。

肝心のコースはというと、道標がところどころにあり道迷いの懸念はほとんどなし。……「ほとんど」であって「まったく」でないのは、一部で登山道ではないところを行きかけてしまったため。後から来たハイカーの方に「そっちじゃないよ!」と声をかけていただかなければ、もう少し先まで進んでしまったかもしれない。山と高原地図アプリをこまめに見ているため途中で気づけたとは思うが、事故に遭ってからでは遅いからね。

沢沿いを歩くコースはたいへん気持ちよく、何度も橋を渡り、石を渡り、高度を上げていく。はたして先日オープンしたばかりという畦ヶ丸避難小屋に到着。中には入らず外から覗いただけだが、たいへん綺麗で使い勝手もよさそう。避難じゃなくても泊まってみたい。

畦ヶ丸山頂は避難小屋から数分。あっさり到着。ちょうどお昼時だったためお湯をわかしカップ麺と、残ったスープに白飯を入れてリゾットにして昼食をば。ヤカンに残ったお湯でインスタントコーヒーを淹れしばしまったり。至福の時間。だいたいこのパターンが多いな。

下山は一路VCを目指す。登りに比べて道が歩きやすく感じるのは一般の人も多く訪れるため整備されているからだろうか。VCに車で来てピストンという人も多いのだろう。眺望にこそ恵まれない山だが、木々は眩しく、沢沿いは気持ちよく、たいへん好みのコースだった。ただ山頂からの眺めはもっとあるといいな。

たいしたトラブルもなくやがてVCに到着。バスの時刻まで30分以上あるためしばらくのんびりと過ごす。VCでは今回登った畦ヶ丸、そして檜洞丸、犬越路の山バッジが売られていたため思わず3種購入。1個700円。職員の方に「3個まとめて買う人ははじめてです!」と驚かれてしまった。デザインも素敵だし記念に買っちゃうでしょ。

そんなこんなで本日もいい山行だった。西丹沢はまだ歩いてないコースがあるためまた来よう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:228人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ