また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2696934 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 剱・立山

剱岳(早月尾根から日帰り往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(山頂付近は風強め)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島登山口付近、今日は5:30頃で6〜7台あり。先週、先々週は車がなくて寂しかった…。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
1時間34分
合計
9時間22分
Sスタート地点05:5706:26松尾平07:11早月尾根標高1600m標識07:1507:511920.9m三角点07:5208:27早月小屋08:3509:16標高2600m標識09:2109:59標高2800m標識10:0610:25カニのハサミ10:3810:43剱岳10:5510:58カニのハサミ11:1011:24標高2800m標識11:3012:09標高2600m標識12:1312:56早月小屋13:1713:431920.9m三角点13:4414:15早月尾根標高1600m標識14:57松尾平15:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高2000mからは雪道です。
早月小屋を超えて標高2700m付近以降の鎖場は特に慎重に。足を滑らせたら生きて帰れないかもしれない!!
その他周辺情報ワークマンプラス魚津店(早く降りて来れたので寄り道)
→ゆで太郎小杉白石店(そばを食べてこの記録をのんびり作成)

風呂は家まで我慢!
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

備考 スパイク長靴+ゴアテックスズボン+ゲイターの悪路走破性能はバッチリ。
ただ、靴下二枚(外側は冬用のゴツいの)では上の方まで行くと足がかなり冷たかった。ゴアテックス靴下も欲しいな。

写真

前日は高岡でコインパーキング車中泊。気になってた「酒蔵盛盛」が満席だったので適当に見つけて入った陣太鼓へ。
富山のお酒が充実してます!このお店も行けなかった盛盛も太田和彦の高岡回で来てたお店なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は高岡でコインパーキング車中泊。気になってた「酒蔵盛盛」が満席だったので適当に見つけて入った陣太鼓へ。
富山のお酒が充実してます!このお店も行けなかった盛盛も太田和彦の高岡回で来てたお店なんですね。
どれも木樽っぽい風味がしたんだけど…グラスをちゃんと洗ってないのか、気のせいだったのか、ほんとうにそんな味なのか…
美味しかったんですよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれも木樽っぽい風味がしたんだけど…グラスをちゃんと洗ってないのか、気のせいだったのか、ほんとうにそんな味なのか…
美味しかったんですよ!
明るくなってきた朝6時出発。そこまで雪は無さそう、そう信じたい…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた朝6時出発。そこまで雪は無さそう、そう信じたい…。
6:20 標高1000m。先週よりはいいかも??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:20 標高1000m。先週よりはいいかも??
この写真は先週、同じ標高1000m地点で撮影。この時は標高1400m付近付近から雪があり1600mを超えたあたりで自信がなかったために撤退。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真は先週、同じ標高1000m地点で撮影。この時は標高1400m付近付近から雪があり1600mを超えたあたりで自信がなかったために撤退。
先週は標高1400m標識も標高1600m標識も雪をかぶってたけど、今回は1800mでもまだ雪なし!行けそう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週は標高1400m標識も標高1600m標識も雪をかぶってたけど、今回は1800mでもまだ雪なし!行けそう!
8:30 早月小屋に到着し、記念撮影。150分で登って来れた。
山頂に登れんかもしれんし、どうせまたガスが出てくるかもしれんし…
まずは我が地元、能登半島方面に!地酒宗玄とともに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:30 早月小屋に到着し、記念撮影。150分で登って来れた。
山頂に登れんかもしれんし、どうせまたガスが出てくるかもしれんし…
まずは我が地元、能登半島方面に!地酒宗玄とともに。
2
そして、綺麗な立山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、綺麗な立山方面。
1
早月小屋から立山方面、しのぶちゃんと。
そういえば、ここまで人には会わなくて不安でしたが、2000m付近からの雪で足跡を見ると2人以上は少なくともいそうとわかり、早月小屋にはテントも四枚あったので、この先一安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋から立山方面、しのぶちゃんと。
そういえば、ここまで人には会わなくて不安でしたが、2000m付近からの雪で足跡を見ると2人以上は少なくともいそうとわかり、早月小屋にはテントも四枚あったので、この先一安心。
あー立山さん、綺麗っすわー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー立山さん、綺麗っすわー。
能登半島も望んでからの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能登半島も望んでからの
これから挑戦する、剱岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから挑戦する、剱岳!
室堂付近の街並み(?)が見える高さまできた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂付近の街並み(?)が見える高さまできた
9:40 水分補給ついでに登る先を撮影。10時までには着かないなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:40 水分補給ついでに登る先を撮影。10時までには着かないなー
3
10:45 山頂到着。祠が雪に埋もれてて、ここが剱岳とわかる標識もなし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:45 山頂到着。祠が雪に埋もれてて、ここが剱岳とわかる標識もなし!
2
とりあえず、乾杯やね!手も足もとても冷たいし風も強めだけど、なんとか撮影は大丈夫そう!
人は無し。終始、貸切状態(登ってくるときに二人組と四人組が2組、下山してきました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、乾杯やね!手も足もとても冷たいし風も強めだけど、なんとか撮影は大丈夫そう!
人は無し。終始、貸切状態(登ってくるときに二人組と四人組が2組、下山してきました)
どこを撮るか、後で聞いた話だと、珍しく富士山まで見えてたらしいけど、気付かず。
まずは室堂方面をチラリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを撮るか、後で聞いた話だと、珍しく富士山まで見えてたらしいけど、気付かず。
まずは室堂方面をチラリ。
1
ぐんまちゃんカップに酒を注ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐんまちゃんカップに酒を注ぎ
かんぱーい!ウェーイ!能登半島〜!みんな見てる〜??俺、登ったよー!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かんぱーい!ウェーイ!能登半島〜!みんな見てる〜??俺、登ったよー!!
みんなーありがとー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなーありがとー!
ウェーイ!ウェーイ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウェーイ!ウェーイ!!
カンパーイ!カイパーン!
しっかりと飲みました。飲んでるとき、風も小康状態となり、優雅な午後のひと時を過ごす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンパーイ!カイパーン!
しっかりと飲みました。飲んでるとき、風も小康状態となり、優雅な午後のひと時を過ごす。
しのぶちゃんも剱岳までも来てしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しのぶちゃんも剱岳までも来てしまった。
室堂しかわからない。
白山どこ??笠ヶ岳はどれ??御嶽山は見えたの?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂しかわからない。
白山どこ??笠ヶ岳はどれ??御嶽山は見えたの?!
雪の鎖場、無事に下れるかはずっと不安だったので、さっさと帰ることに。11時、下山開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の鎖場、無事に下れるかはずっと不安だったので、さっさと帰ることに。11時、下山開始!
いっぱいいっぱいの中、なんとか2400m付近まで降りてきて水分補給。余裕が出てきたので降ってきた登山道を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっぱいいっぱいの中、なんとか2400m付近まで降りてきて水分補給。余裕が出てきたので降ってきた登山道を撮影。
13:50 わーお、すごく綺麗。一面広がる紅葉。写真じゃわかりにくい。実物一番。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:50 わーお、すごく綺麗。一面広がる紅葉。写真じゃわかりにくい。実物一番。
15:20 まだまだ明るいうちに降りて来れた。紅葉狩りの方々がいらっしゃいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:20 まだまだ明るいうちに降りて来れた。紅葉狩りの方々がいらっしゃいます。
1

感想/記録
by o-157

空木岳、南駒ヶ岳から帰ってきて落ち着いてきてから考えると、過去2度夏に登ってヘトヘトだった早月尾根からの剱岳も案外この時期でも明るいうちの日帰りで登れるのでは?と思い挑戦に至る。
先々週は雨、他の登山者もいないため登山口で撤退。先週は土曜に乗鞍岳(https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2676613.html)に行った帰りに富山で泊まって日曜に挑戦しましたが、案外雪が多く、1600m付近で撤退。
そして今週、毎日天気予報とにらめっこした結果、剱岳は晴れ続きで積雪もなさそうだったので雪はある程度減ったかな?とあまり期待はせずに行けるとこまでと思いチャレンジ。土曜は仕事だったので日曜にターゲットを絞って予報の晴天を確認し、いざ来てみると予想通り雪は標高2000mくらいからとなりました。
ただ、2つの幸運が無ければ山頂には着いてませんでした。
1.雪がある程度高いところからしかなかった
2.早月小屋から上の雪道にトレースがしっかりあった(←これ重要!)
先行者の苦労に感謝するばかりです。早月小屋で伺った話では昨日土曜に日帰り組が3組ほどいらっしゃって、その方々がトレースをつけてくれてたとか。ありがたやー

今年の登山に悔いはなし。心穏やかに年を越せそうです。10時間きって下りて来れたから来年は未開封の一升瓶を担いでチャレンジかな!

「焦らなくても山は逃げない」なんて言う人もいるらしいけど、登れると思うときに登らないと、体力も減るし中華肺炎とかで体に異常が出るかもしれないし、山自体も火山とかで入山不可になるかもしれないし。行きたいときに行くしかない!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:704人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/8/16
投稿数: 0
2020/11/21 23:37
 無題
中華肺炎の言い方はちょっとよろしくないのでは?
確かに拡散したのは中国の武漢であることは事実ですが、そのウイルスの根源がまだ断定できていない事でその言い方ちょっと良くはないのでは?  
ーーー
この時期に剱岳を登頂できたのですごいです! 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ