また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2753619 全員に公開 沢登り 奥多摩・高尾

南秋川矢沢熊倉沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
武蔵五日市駅から数馬行バスで南郷下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間27分
休憩
45分
合計
10時間12分
S南郷バス停06:5707:33熊倉沢右俣入渓点07:5809:40浅間峠09:4909:57栗坂峠09:5811:53熊倉沢右俣入渓点11:58熊倉沢左俣入渓点14:12熊倉山14:2216:38熊倉沢左俣入渓点17:09南郷バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アプローチの林道は荒れており、車では入れません。
沢筋は部分的に倒木があるものの、遡行には支障なし。
ただし落ち葉がかぶさってホールドを隠しており、慎重さを要します。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

アプローチの林道は通行止め。
2020年11月22日 07:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アプローチの林道は通行止め。
実際に荒れています。
2020年11月22日 07:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実際に荒れています。
まず右俣から。
2020年11月22日 07:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず右俣から。
陸軍滝。これは登れないので左から巻き上がる。
2020年11月22日 08:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陸軍滝。これは登れないので左から巻き上がる。
炭焼窯跡。ほかにもあった。
2020年11月22日 08:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼窯跡。ほかにもあった。
4mCS滝。残置ハーケンにスリングをかけて抜けた。
2020年11月22日 08:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4mCS滝。残置ハーケンにスリングをかけて抜けた。
10m滝。階段状だがややぬめる。
2020年11月22日 09:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝。階段状だがややぬめる。
栗坂峠から下降開始。
2020年11月22日 09:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗坂峠から下降開始。
斜面は急だが、土と落ち葉でふかふか。
2020年11月22日 10:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面は急だが、土と落ち葉でふかふか。
5m滝を懸垂下降。
2020年11月22日 11:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝を懸垂下降。
三段滝。ここも懸垂下降。
2020年11月22日 11:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段滝。ここも懸垂下降。
右俣終了。ついで左俣へ移動。
2020年11月22日 11:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣終了。ついで左俣へ移動。
左俣入り口。
2020年11月22日 11:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣入り口。
木橋が一部落ちている。
2020年11月22日 12:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋が一部落ちている。
西沢出だしの滝。
2020年11月22日 12:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢出だしの滝。
すぐに木橋が頭上を通る。
2020年11月22日 12:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに木橋が頭上を通る。
なかなかいい感じ。
2020年11月22日 12:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかいい感じ。
濡れたくないのでこのCS滝は巻いた。
2020年11月22日 12:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れたくないのでこのCS滝は巻いた。
すると仕事道がずっと上流へ続いており、渓相もあまりそそらないのでそのまま道を進んだ。
2020年11月22日 12:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると仕事道がずっと上流へ続いており、渓相もあまりそそらないのでそのまま道を進んだ。
またまた炭焼窯。
2020年11月22日 12:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた炭焼窯。
またまたまた炭焼窯。
2020年11月22日 12:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたまた炭焼窯。
さらに人工物。
2020年11月22日 12:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに人工物。
4mCS滝。左端を微妙なバランスで登る。
2020年11月22日 13:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4mCS滝。左端を微妙なバランスで登る。
岩溝の奥の8m滝。アルパイングレードでIII+くらいだが、落ち葉が滑るので要注意。
2020年11月22日 13:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩溝の奥の8m滝。アルパイングレードでIII+くらいだが、落ち葉が滑るので要注意。
トポには「難しいので高巻く」と書かれているCS滝。実は全然難しくない。
2020年11月22日 13:41撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トポには「難しいので高巻く」と書かれているCS滝。実は全然難しくない。
熊倉山。木の間越しに大岳山や御前山が見えた。
2020年11月22日 14:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山。木の間越しに大岳山や御前山が見えた。
東沢を下降。倒木多し。
2020年11月22日 14:54撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢を下降。倒木多し。
この滝は懸垂下降。
2020年11月22日 15:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は懸垂下降。
ルンゼをクライムダウンできそうだったが、安全第一で懸垂下降。
2020年11月22日 16:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼをクライムダウンできそうだったが、安全第一で懸垂下降。
西沢に出合う直前、斜面が崩れて荒れていた。
2020年11月22日 16:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢に出合う直前、斜面が崩れて荒れていた。
遡行終了。バス停に戻ったときには暗くなっていた。
2020年11月22日 16:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遡行終了。バス停に戻ったときには暗くなっていた。

感想/記録
by juqcho

トレーニングとわらじ納めを兼ねて、南秋川水系の熊倉沢。右俣右沢を登って浅間峠に達してから左沢を下降し、ただちに左俣西沢を登って熊倉山に着いたら東沢を下降。

沢登りとしては遡行感度がイマイチですが、よい訓練になりました。

詳細な記録はこちらです。→ https://climb.juqcho.jp/2020/20201122.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:88人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ