また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2756511 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

古城山(美濃守護最後の居城の山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月23日(月) [日帰り]
メンバー
 che
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
おおが城山公園の駐車場利用。無料でした。はじかみ林道を登った先にも無料の駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間17分
休憩
10分
合計
2時間27分
Sおおが城山公園駐車場08:4309:05古城山登山口(健脚コース)09:34番所跡(城跡エリア)10:03古城山10:1310:37はじかみ林道登山口(ゆったりコース)11:10おおが城山公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 登山ポストなし。

 トイレはおおが城山公園とはじかみ林道の駐車場にあり。

 踏み跡明瞭で、急な所にはロープも設置してあった。わかりやすい道標あり。城跡の説明書きも多数あり。はじかみ林道はきれいな舗装路だった。

《おおが城山公園駐車場〜古城山》

 はじめは轍のついた林道だが、すぐにジグザグの急登になる。ジグザグの急登は山頂に続く尾根辺りまで続く。道が細く、谷側が急斜面の場所もあり。
 山頂へ続く尾根への道は、尾根上ではなく尾根の少し下を通っている。そのためこちらも谷側は急斜面だった。尾根上は城跡の史跡がたくさんあった。
 古城山山頂と三角点はミニ天守の脇を少し上るとあり。

《古城山〜はじかみ林道登山口〜おおが城山公園駐車場》

 下り始めはロープのついた急坂だが、すぐにプラスチックの土留のステップになった。山頂からはじかみ林道登山口までは15分程度。登山口から駐車場までは舗装された林道だった。
その他周辺情報 古城山の帰りに、美濃守護土岐氏の氏神を祀る十五社神社に寄った。おおが城山公園駐車場からは10分程度で着く。杉並木の細い参道の先に綺麗な駐車場あり。
 山に囲まれた神社で凛とした空気だった。普段は書置きの御朱印が置いてあるみたいだが、この日は宮司さんがみえて、直接書いて頂けた。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

 おおが城山公園駐車場。
2020年11月23日 08:43撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おおが城山公園駐車場。
1
 この山は美濃守護土岐氏が、斎藤道三に美濃を追われるまで居城を構えた場所。
2020年11月23日 08:53撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この山は美濃守護土岐氏が、斎藤道三に美濃を追われるまで居城を構えた場所。
 登山道入り口には、大桑城跡の説明や近隣の観光案内の入ったボックスがあった。
2020年11月23日 08:56撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 登山道入り口には、大桑城跡の説明や近隣の観光案内の入ったボックスがあった。
 大桑城跡の説明。
2020年11月23日 08:56撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 大桑城跡の説明。
 城跡の説明や山県市の名所などの案内が入っていた。
2020年11月23日 08:56撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 城跡の説明や山県市の名所などの案内が入っていた。
 登山ポストはなかったけど、どこからきました?カウンターがあったのでポチってきた。
2020年11月23日 08:57撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 登山ポストはなかったけど、どこからきました?カウンターがあったのでポチってきた。
1
 山頂の城跡の説明。こういうの大好き。
2020年11月23日 08:58撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 山頂の城跡の説明。こういうの大好き。
 木苺みたいな赤い実。たくさんなってた。
2020年11月23日 09:04撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 木苺みたいな赤い実。たくさんなってた。
1
 序盤は林道。
2020年11月23日 09:04撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 序盤は林道。
 すぐに登山道になった。
2020年11月23日 09:05撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 すぐに登山道になった。
 いきなり、なかなかの急登。ジグザグジグザグ続く。
2020年11月23日 09:07撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 いきなり、なかなかの急登。ジグザグジグザグ続く。
 なんか実かなと思ってたけど、蛾の幼虫の食害跡らしい。
2020年11月23日 09:22撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 なんか実かなと思ってたけど、蛾の幼虫の食害跡らしい。
 急登を登りきり、山頂の城跡に到着。城跡は発掘調査中。この場所には岩の門があったらしい。
2020年11月23日 09:34撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 急登を登りきり、山頂の城跡に到着。城跡は発掘調査中。この場所には岩の門があったらしい。
 まといリス。
2020年11月23日 09:37撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 まといリス。
 ちょっと寄り道。馬場を見に行こう。
2020年11月23日 09:41撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ちょっと寄り道。馬場を見に行こう。
 尾根先端の馬場跡。文字通り馬を走らせていた場所だけど、さほど広くない。ここまで馬を連れてくるのも大変そうだ。ちなみにここから杉坂峠へ下る道があった。
2020年11月23日 09:43撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 尾根先端の馬場跡。文字通り馬を走らせていた場所だけど、さほど広くない。ここまで馬を連れてくるのも大変そうだ。ちなみにここから杉坂峠へ下る道があった。
 紅葉はいまいち。もう終わりみたい。
2020年11月23日 09:46撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 紅葉はいまいち。もう終わりみたい。
 石垣は随所に残っていて、石垣見学ポイントの看板が至る所にあった。その石垣見学ポイントだけど、登山道を一歩二歩外れた場所にあることが多く、なんだか滑落しそうなところもあった。
2020年11月23日 09:51撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 石垣は随所に残っていて、石垣見学ポイントの看板が至る所にあった。その石垣見学ポイントだけど、登山道を一歩二歩外れた場所にあることが多く、なんだか滑落しそうなところもあった。
 曲輪群跡。城を守る守備エリア。曲輪No39とあるので。相当の数があるみたい。
2020年11月23日 09:55撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 曲輪群跡。城を守る守備エリア。曲輪No39とあるので。相当の数があるみたい。
 わかりにくいけど、平坦になっている場所が曲輪の跡。それぞれの曲輪に守備兵が入り、敵を攻撃した。
2020年11月23日 09:56撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 わかりにくいけど、平坦になっている場所が曲輪の跡。それぞれの曲輪に守備兵が入り、敵を攻撃した。
 天守までは少し露岩などもあり歩きづらい。ロープもかけられていた。
2020年11月23日 09:57撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 天守までは少し露岩などもあり歩きづらい。ロープもかけられていた。
 ここは大きな曲輪のあった場所で、もしかしたら居館のような建物があったのかも。
2020年11月23日 10:00撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ここは大きな曲輪のあった場所で、もしかしたら居館のような建物があったのかも。
 天守跡。美濃土岐氏は何度も斎藤道三にこの城を攻められ、甲斐へと追放された。その後、甲斐武田氏が織田信長に滅ばされた後、美濃に戻ったそうだ。
2020年11月23日 10:03撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 天守跡。美濃土岐氏は何度も斎藤道三にこの城を攻められ、甲斐へと追放された。その後、甲斐武田氏が織田信長に滅ばされた後、美濃に戻ったそうだ。
 山頂のミニ天守。ミニといっても2メートルくらいある。
2020年11月23日 10:04撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 山頂のミニ天守。ミニといっても2メートルくらいある。
2
 山頂からの眺め。
2020年11月23日 10:05撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 山頂からの眺め。
1
 中央奥の山が岐阜城のある金華山。
2020年11月23日 10:06撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 中央奥の山が岐阜城のある金華山。
1
 金華山アップ。きっとここから土岐氏は斎藤道三軍勢が攻め寄せるさまを見たんだろうな。
2020年11月23日 10:06撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 金華山アップ。きっとここから土岐氏は斎藤道三軍勢が攻め寄せるさまを見たんだろうな。
1
 伊吹山アップ。
2020年11月23日 10:06撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 伊吹山アップ。
 鈴鹿方面。
2020年11月23日 10:06撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 鈴鹿方面。
 美濃方面。ちょこっと恵那山が見える。
2020年11月23日 10:08撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 美濃方面。ちょこっと恵那山が見える。
 大桑城の歴史。道三は三度も攻めたようだ。
2020年11月23日 10:11撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 大桑城の歴史。道三は三度も攻めたようだ。
 ミニ天守の脇を登ると三角点のある古城山山頂。
2020年11月23日 10:10撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ミニ天守の脇を登ると三角点のある古城山山頂。
2
 さて、下り。序盤はロープだらけの急坂。
2020年11月23日 10:18撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 さて、下り。序盤はロープだらけの急坂。
 切り井戸分岐。結構下るみたいなので行かなかったけど、大桑城落城の際に、家宝の金の鶏を投げ入れた井戸があるらしい。ちなみにこの山の別名は、金鶏山です。
2020年11月23日 10:21撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 切り井戸分岐。結構下るみたいなので行かなかったけど、大桑城落城の際に、家宝の金の鶏を投げ入れた井戸があるらしい。ちなみにこの山の別名は、金鶏山です。
 急坂は少しだけ。あとはプラスチックの土留ステップが続く。
2020年11月23日 10:30撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 急坂は少しだけ。あとはプラスチックの土留ステップが続く。
 林道出合い手前のハンググライダー離陸場。
2020年11月23日 10:37撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 林道出合い手前のハンググライダー離陸場。
 はじかみ林道出合い。トイレと駐車場あり。
2020年11月23日 10:38撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 はじかみ林道出合い。トイレと駐車場あり。
 ここの駐車場も広め。ここからおおが城山公園駐車場までは、ひたすらアスファルトの林道歩き
2020年11月23日 10:38撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ここの駐車場も広め。ここからおおが城山公園駐車場までは、ひたすらアスファルトの林道歩き
 【十五社神社】帰りに寄った十五社神社。
2020年11月23日 11:33撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 【十五社神社】帰りに寄った十五社神社。
 【十五社神社】山に囲まれていて、凛とした空気が漂っていた。
2020年11月23日 11:33撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 【十五社神社】山に囲まれていて、凛とした空気が漂っていた。
1
 【十五社神社】書いて頂いた御朱印。土岐氏の氏神を祀っているとのこと。
2020年11月23日 11:44撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 【十五社神社】書いて頂いた御朱印。土岐氏の氏神を祀っているとのこと。
 【十五社神社】駐車場のもみじ。一番いい時期は過ぎていた。
2020年11月23日 11:46撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 【十五社神社】駐車場のもみじ。一番いい時期は過ぎていた。

感想/記録
by che

 大河ドラマ「麒麟がくる」舞台の一つ、山県市の古城山へ登ってきた。

 この山は斎藤道三に追われた土岐頼芸ら美濃守護土岐氏の最後の居城の大桑城があった山で、今でも発掘が行われている歴史の山。
 山頂の城跡は、曲輪や堀の、石垣など人工的に作られた城郭の跡が残っていて、歴史好きな僕にはたまらない場所だった。
 特に感慨深かったのが山頂の天守跡から岐阜城のある金華山が正面に見えたこと。土岐頼芸らは多分、ここから斎藤道三の軍勢が攻め寄せてくるのを見たはず。それを想像すると、なんだかたまらないものがあった。

 帰りに土岐氏の氏神を祀る十五社神社に寄ってみた。杉並木の参道の先にある神社は凛として空気に包まれていて、清々しい場所だった。

 そこの宮司さんがまた気さくな人で、山県市を盛り上げる活動もされているそうで、いい方法はないかと話しかけてくれた。そんな宮司さんに、美山町に新しい登山道を開いた話を伺えた。
 グリーンプラザ美山から大黒山への登山道をこの秋に開通させたそうだ。頂上までは登り1時間30分程度らしい。山頂も切り開いてあるらしく、金華山などの展望もあるとのこと。ぜひ、登らせていただかないといけない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:109人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ