また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 27690 全員に公開 沢登り 丹沢

寄〜ユーシン沢〜朝日向尾根

情報量の目安: S
-拍手
日程 2008年07月21日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り時々晴れのち小雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
18.5 km
登り
1,758 m
下り
1,752 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

寄大橋5:50
7:23雨山峠7:38
8:00玄倉林道
8:13ユーシンロッヂ8:45
ユーシン沢入渓
11:38神ノ川乗越11:45
12:00臼ケ岳12:25
13:50ユーシンロッヂ14:12
14:55雨山峠15:10
16:33寄大橋
コース状況/
危険箇所等
■丹沢の沢登り記録全般
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■ユーシン沢
 ・アプローチは、玄倉林道が歩行者含め完全通行禁止になっている現在、
  寄(ヤドリギ)大橋に車を置き、ここから雨山峠を越えて行くのが
  一番近いと思う。
  雨山峠から玄倉林道へ降りる登山道(寄ユーシン線)は、一部崩れて
  いるが何とか通過可能。ただし次第に悪くなるであろう。
 ・遡行グレード 1級
  玄倉の沢らしく白い岩と所々にある緑の釜がきれいで、困難な滝もない
  初心者向けの沢だ。
 ・核心部は、檜洞沢との二俣までにある3つの3m滝くらい。
  特に2番目のCS滝は、右岸に残置ハーケン2つあるが、岩が被って
  いるので、CSを左脇から乗り越えた方が精神的に楽。
  3番目の滝は右岸から高巻く。
 ・檜洞沢二俣後は特に問題になる滝はない。
 ・標高1160m二俣は右へ(水量比1:1)。その後200mくらい進むと、
  左手に窪状というか踏み跡が出てくるので、これを詰めれば簡単に
  神ノ川乗越に飛び出す。(神ノ川乗越から水場へ行く踏み跡である)

■朝日向尾根(臼ケ岳〜ユーシンロッヂ)
 ・臼ケ岳ベンチから植生保護柵左側を南下する。最初はアザミの群生が痛い★
 ・全体的に樹木に赤&黄のコースサインと踏み跡があるので外さないこと。
 ・標高1150m辺りに広い園地が出てくる。ここは左側を下ること。右端を下る
  と支尾根に入ってしまうので注意。
 ・標高990m辺りで尾根が分かれる。左尾根(南)にコースサインが出ているが
  ザレている。
 ・標高930m辺りで再び尾根が分かれる。これも左側(南南東)へ。
  しばらく下れば右側にユーシンロッヂの赤い屋根が見え、トイレの横に出る。
 ・昭文社のエアリア(登山地図)では破線ルートになっているが、この尾根を
  使う場合は、所々踏み跡が不鮮明になるので、1/25000地形図とコンパスは
  使った方がよい。(使えない人は行かない方がよい)

ファイル 20080721yu-shinsawa.xls (更新時刻:2008/07/19 00:25)
過去天気図(気象庁) 2008年07月の天気図 [pdf]

写真

寄大橋手前の駐車スペース
大橋を渡った所にも駐車ができる
2008年07月21日 05:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄大橋手前の駐車スペース
大橋を渡った所にも駐車ができる
寄沢1番目の徒渉(左岸から右岸に渡る)に架かっていた木橋は流されていた。平水なら飛び石で徒渉可能だが。
2008年07月21日 06:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄沢1番目の徒渉(左岸から右岸に渡る)に架かっていた木橋は流されていた。平水なら飛び石で徒渉可能だが。
雨山峠から正面の踏み跡を玄倉林道ユーシン方面へ下る(左端の踏み跡は檜岳方面)
2008年07月21日 07:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山峠から正面の踏み跡を玄倉林道ユーシン方面へ下る(左端の踏み跡は檜岳方面)
寄ユーシン線途中
2008年07月21日 07:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄ユーシン線途中
セン道が一部崩落していた
2008年07月21日 07:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セン道が一部崩落していた
玄倉林道へ出たところの看板
2008年07月21日 08:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉林道へ出たところの看板
ユーシンロッヂは相変わらず鹿の楽園
2008年07月21日 08:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッヂは相変わらず鹿の楽園
ユーシンロッヂ
早く復活してほしいものだ
2008年07月21日 08:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッヂ
早く復活してほしいものだ
避難部屋の案内
今年1月に利用させていただきました
2008年07月21日 08:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難部屋の案内
今年1月に利用させていただきました
ロッヂ裏の鳥居を潜り、上部の小屋の左手から、まずは踏み跡を追います。
2008年07月21日 08:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッヂ裏の鳥居を潜り、上部の小屋の左手から、まずは踏み跡を追います。
すぐに玄倉第二発電所連絡水道施設へ。施設柵は左右どちらも巻ける
2008年07月21日 08:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに玄倉第二発電所連絡水道施設へ。施設柵は左右どちらも巻ける
水道施設の裏から2番目堰堤を巻く
2008年07月21日 08:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道施設の裏から2番目堰堤を巻く
2番目堰堤上部でユーシン沢へ入渓
2008年07月21日 08:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目堰堤上部でユーシン沢へ入渓
すぐに釜を持つ1番目の滝
今回は左岸(右側)をへつって越えた
2008年07月21日 08:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに釜を持つ1番目の滝
今回は左岸(右側)をへつって越えた
1番目の滝上から
岩と釜がきれいだ
2008年07月21日 09:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1番目の滝上から
岩と釜がきれいだ
2番目のCS(チョックストーン)滝
この沢では一番の核心部と思う
右岸(左側)壁に高く巻くこともできるが、CS左脇の流芯部を這い上がった方が、高さもなく楽かもしれない。今回は単独なので、そうした。
2008年07月21日 09:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目のCS(チョックストーン)滝
この沢では一番の核心部と思う
右岸(左側)壁に高く巻くこともできるが、CS左脇の流芯部を這い上がった方が、高さもなく楽かもしれない。今回は単独なので、そうした。
CS滝上から
2008年07月21日 09:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CS滝上から
きれいな釜を持つ小滝がすぐさま出てくる
2008年07月21日 09:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな釜を持つ小滝がすぐさま出てくる
石小屋沢が左から合流
2008年07月21日 09:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石小屋沢が左から合流
その上部で3番目の3m滝
2008年07月21日 09:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上部で3番目の3m滝
この滝は右岸(左側)の岩から高巻く(教蘢度)
2008年07月21日 09:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は右岸(左側)の岩から高巻く(教蘢度)
グリーンの釜が続く
2008年07月21日 09:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンの釜が続く
渕もきれいだ
2008年07月21日 09:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渕もきれいだ
渕の上流で檜洞沢(左側)との二俣
水量比1:1
2008年07月21日 09:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渕の上流で檜洞沢(左側)との二俣
水量比1:1
ミニナメ
2008年07月21日 09:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニナメ
二条の滝
2008年07月21日 09:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二条の滝
流木が堰きとめた3m滝
2008年07月21日 09:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流木が堰きとめた3m滝
2m滝の上で沢は左へ直角に曲がっている
2008年07月21日 09:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2m滝の上で沢は左へ直角に曲がっている
同じく。トイ状滝7mで曲がっていた。
2008年07月21日 09:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。トイ状滝7mで曲がっていた。
トイ状7m滝上部。立った倒木が印象的であった。
2008年07月21日 09:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状7m滝上部。立った倒木が印象的であった。
小滝が続く
2008年07月21日 10:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続く
右岸(左)から支沢
2008年07月21日 10:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸(左)から支沢
右岸(左)から入る涸沢には大きな岩が。
2008年07月21日 10:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸(左)から入る涸沢には大きな岩が。
ゆったりした流れ
2008年07月21日 10:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆったりした流れ
標高1090m二俣の右沢
2008年07月21日 10:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1090m二俣の右沢
地形図では北方向に向かう
2008年07月21日 10:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図では北方向に向かう
1160m辺りの二俣
2008年07月21日 11:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1160m辺りの二俣
ここは右沢へ
2008年07月21日 11:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右沢へ
しばらく行くと沢の左から窪状の踏み跡が。
2008年07月21日 11:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと沢の左から窪状の踏み跡が。
この踏み跡を遡る
2008年07月21日 11:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この踏み跡を遡る
どうやら神ノ川乗越から水場(沢)へ行く踏み跡だ
2008年07月21日 11:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら神ノ川乗越から水場(沢)へ行く踏み跡だ
平穏に神ノ川乗越へ着く
2008年07月21日 11:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平穏に神ノ川乗越へ着く
臼ケ岳のベンチ
2008年07月21日 11:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼ケ岳のベンチ
臼ケ岳ベンチから看板脇の踏み跡を南下するのが朝日向尾根。
蛭ケ岳から来ると、そのままこの尾根に入ってしまいがちなので、檜洞丸へ行く人は要注意。(実際この日、そのまま入った方がいらした)
2008年07月21日 12:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼ケ岳ベンチから看板脇の踏み跡を南下するのが朝日向尾根。
蛭ケ岳から来ると、そのままこの尾根に入ってしまいがちなので、檜洞丸へ行く人は要注意。(実際この日、そのまま入った方がいらした)
朝日向尾根上部
2008年07月21日 12:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日向尾根上部
痩せた尾根にコースサイン
2008年07月21日 12:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた尾根にコースサイン
間違わなければ全体的に踏み跡とコースサインはある(所々不鮮明になるが)
2008年07月21日 12:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違わなければ全体的に踏み跡とコースサインはある(所々不鮮明になるが)
こりゃツキノワグマかな?
2008年07月21日 12:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃツキノワグマかな?
ユーシンロッヂの赤い屋根が見え出してきた
2008年07月21日 13:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッヂの赤い屋根が見え出してきた
ユーシンロッヂのトイレ脇に下りる
2008年07月21日 13:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッヂのトイレ脇に下りる
玄倉林道を下る
2008年07月21日 14:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉林道を下る
寄ユーシン線を朝とは逆に登る
2008年07月21日 14:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄ユーシン線を朝とは逆に登る
雨山峠に戻ってきた
(この峠を境に南面は小雨が)
2008年07月21日 14:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山峠に戻ってきた
(この峠を境に南面は小雨が)
寄大橋ゲートに戻る
2008年07月21日 16:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄大橋ゲートに戻る

感想/記録
by kamog

海の日3連休は小川山予定であったが、野暮用が入り断念。
仕方なく単独遡行2発もかましてしまった。
今年1月にユーシンからユーシン沢を二俣まで遡り引き換えしてきたこともあり
完全遡行を目論んでみた。
寄(やどりぎ)から日帰りなので早出。
12時間はかかるかもしれないと計画を立てたが
何とか10時間40分でこなせた。

詳細は上記記録で記したが、この沢は難渓が多い玄倉川にあって
とても穏やかな初心者向きの、しかも玄倉らしく石英閃緑岩とグリーンの釜が
美しいよい沢だ。
アプローチさえ解決できれば、もっと遡行されてよいと思う。
結構上流まで魚影が確認された。

しかし疲れた・・・

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:6571人

コメント

ゲスト
朝日向尾根
kamogさんこんにちは
裏丹/白馬尾根の記録を知って以来 伝道ルートのトリコになりました。どのコースも沢に沿って行くのでたまらなく好きです。秋・春にも訪れます。

ユーシン沢では釣り人に遭いませんでしたか 以前は毎日のように人が入っていたんですが

臼ヶ岳ベンチ付近は 蛭・洞丸どちらに向かう人も誤って朝日向尾根に入るみたいですね 直ぐに気づいて戻った話も聞きました。
2008/7/23 12:07
RE:朝日向尾根
koshibaさん、コメントありがとうございます。

ユーシン沢は林道閉鎖の影響か、はたまた丹沢の暑さを嫌ってか、今回のコース(寄〜ユーシン沢〜朝日向尾根〜寄)中お会いした人は、臼ケ岳ベンチでお一人でした。その方も蛭から来られて、そのまま躊躇なく朝日向尾根の踏み跡に入られていました。後から追うと立ち止まられていて「ユーシンへ行かれるのですか?」と問うたところ、どうも檜洞方面らしいので正しい方向をお教えしました。標識の位置を変えた方がよいみたいですね。

伝道ベースの沢も尾根もたしかに魅力的なところが多いですよね。原小屋、中ノ沢、鬼ケ岩沢・・・地形図と睨めっこして、私も少しずつ踏破していきます。
今後ともよろしくです。
2008/7/23 22:26
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ