また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2774443 全員に公開 ハイキング 奥秩父

伊豆沢左岸尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月30日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤平川の河原に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
1時間6分
合計
7時間35分
Sスタート地点07:5908:25天狗山08:2709:31大平戸山09:4510:37大久保峠10:19476.7三角点11:02P54111:1511:29榧ノ木峠12:53地蔵峠13:3015:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無し。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

取り付きはスナック天狗の向かいの…
2020年11月30日 08:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きはスナック天狗の向かいの…
10
この階段から。墓地への道だった。そこからは道無し。
2020年11月30日 08:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段から。墓地への道だった。そこからは道無し。
8
神社の裏手に登り着いた。ここが天狗山。
2020年11月30日 08:25撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏手に登り着いた。ここが天狗山。
8
縮れたのも多くて落葉間近。
2020年11月30日 08:29撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縮れたのも多くて落葉間近。
34
ピーク直前とピークに二つの石祠。ここも名のある山かも知れない。
2020年11月30日 08:37撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク直前とピークに二つの石祠。ここも名のある山かも知れない。
19
明らかな堀割り状の道が乗越している。無名峠。
2020年11月30日 08:47撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明らかな堀割り状の道が乗越している。無名峠。
6
山全体という訳にはいかないが、自然林も多い。
2020年11月30日 08:57撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山全体という訳にはいかないが、自然林も多い。
16
ええっ!? 黒部から来てるのかい?
2020年11月30日 08:59撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええっ!? 黒部から来てるのかい?
15
その黒部幹線鉄塔下から見る毘沙門山。
2020年11月30日 09:03撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その黒部幹線鉄塔下から見る毘沙門山。
39
小鹿野の街並み。
2020年11月30日 09:03撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鹿野の街並み。
12
根っこで支えられた尾根。西側はこんな崖が多い。
2020年11月30日 09:04撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこで支えられた尾根。西側はこんな崖が多い。
10
巡視路から外れると途端に荒れるが、一応道型は通っている。
2020年11月30日 09:10撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路から外れると途端に荒れるが、一応道型は通っている。
5
大平戸山は鉄塔が廃されて坊主頭。
2020年11月30日 09:31撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平戸山は鉄塔が廃されて坊主頭。
12
暫くブル道が並行した。
2020年11月30日 10:01撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くブル道が並行した。
4
三角点へ寄ってみた。落ち葉でズルズルの急斜面を、30m下って10m登り返す。帰りは当然ここを登る事になる。たかが30mと思うだろうが、マンションなら10階に相当するのだ。
2020年11月30日 10:12撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点へ寄ってみた。落ち葉でズルズルの急斜面を、30m下って10m登り返す。帰りは当然ここを登る事になる。たかが30mと思うだろうが、マンションなら10階に相当するのだ。
15
労力に見合ってないよなあ。救いだったのは昔ながらの石製だった事か。三角点マニアさんなら労力を惜しまないのだろうか。
2020年11月30日 10:19撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
労力に見合ってないよなあ。救いだったのは昔ながらの石製だった事か。三角点マニアさんなら労力を惜しまないのだろうか。
27
大久保峠で先ほどのブル道が終着。三角点に興味が無いなら、これで巻いちゃっても良いやね。
2020年11月30日 10:37撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保峠で先ほどのブル道が終着。三角点に興味が無いなら、これで巻いちゃっても良いやね。
5
立派な祠。
2020年11月30日 10:37撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な祠。
17
P541で休憩。三連石祠は無残な状態のまま。
2020年11月30日 11:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P541で休憩。三連石祠は無残な状態のまま。
13
榧ノ木峠。榧の木は無かった。
2020年11月30日 11:27撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榧ノ木峠。榧の木は無かった。
8
古い道が右に下っている。もしかしたら、こっちが本当の榧ノ木峠かもしれない。
2020年11月30日 11:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道が右に下っている。もしかしたら、こっちが本当の榧ノ木峠かもしれない。
5
先々週の笹尾根で調子良かったから油断してた。内ももが攣ってまともに登れない。暫く休んでも治らなかったんで下山を決意。
2020年11月30日 12:38撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先々週の笹尾根で調子良かったから油断してた。内ももが攣ってまともに登れない。暫く休んでも治らなかったんで下山を決意。
8
ここが地蔵峠らしい。伊豆沢側に踏み跡が在るのを確認し、数十m先の大指への分岐に向かう。
2020年11月30日 12:53撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが地蔵峠らしい。伊豆沢側に踏み跡が在るのを確認し、数十m先の大指への分岐に向かう。
6
大指側へちょっと下るとこれが在る。山行の主たる目的はこの石像だったんで、まあ、取り敢えず目標達成としときましょ。
2020年11月30日 12:57撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大指側へちょっと下るとこれが在る。山行の主たる目的はこの石像だったんで、まあ、取り敢えず目標達成としときましょ。
37
地蔵なのかと思ったら、首を見ると僧綱襟の法衣を着てるみたいね。高名な僧侶だろうか。
2020年11月30日 12:58撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵なのかと思ったら、首を見ると僧綱襟の法衣を着てるみたいね。高名な僧侶だろうか。
22
少し戻って伊豆沢へ下る踏み跡に乗る。
2020年11月30日 13:30撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って伊豆沢へ下る踏み跡に乗る。
5
踏み跡が分かれた。沢へ下るらしい踏み跡は、目で追ってもあまりはっきりせず、ちょっと先行き不安。
2020年11月30日 13:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が分かれた。沢へ下るらしい踏み跡は、目で追ってもあまりはっきりせず、ちょっと先行き不安。
4
なので真っ直ぐ進んで尾根筋に乗った。こっちはこっちでかなりの急斜面。
2020年11月30日 13:37撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので真っ直ぐ進んで尾根筋に乗った。こっちはこっちでかなりの急斜面。
8
ここから更に角度を増す。助けて〜。
2020年11月30日 13:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから更に角度を増す。助けて〜。
18
一回の尻餅で済んだ。谷底へ着いたけど、やっぱり道は無いな。地理院地図の破線には元からそんな期待してないけど。
2020年11月30日 14:00撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一回の尻餅で済んだ。谷底へ着いたけど、やっぱり道は無いな。地理院地図の破線には元からそんな期待してないけど。
11
支流脱出。
2020年11月30日 14:07撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支流脱出。
7
噛み付かれそうな勢いで小っちゃいワンこに吠えられた。これ以上距離を詰めて来なかったけど。奥の家はブリーダーさんなのかな? たくさんの声がしていた。
2020年11月30日 14:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噛み付かれそうな勢いで小っちゃいワンこに吠えられた。これ以上距離を詰めて来なかったけど。奥の家はブリーダーさんなのかな? たくさんの声がしていた。
14
こんな奥地に立派な神社。
2020年11月30日 14:15撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな奥地に立派な神社。
13
伊豆沢の地層。
2020年11月30日 14:16撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆沢の地層。
27
途中に在ったでっかいモミジの木。
2020年11月30日 14:45撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に在ったでっかいモミジの木。
28
この辺に下る予定だった。
2020年11月30日 15:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺に下る予定だった。
10

感想/記録

伊豆沢両岸尾根のつもりだったが、左岸尾根だけになってしまった。うーむ、自分の事ながら脚攣りの条件が分からず読めない。確かに右岸尾根に比べ、アップダウンが激しい印象だったけども。例えるなら飯能アルプス位の感じか。それにしたって、7km程度しか歩けないんじゃ話になりません。せめてもう少し、金精神社ぐらいまで持ってくれれば、あとは惰性で何とかなったと思うんだけどなあ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:668人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ