また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2813664 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 阿蘇・九重

阿蘇山1日目 烏帽子岳と杵島岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
飛行機
熊本空港からレンタカーにて
草千里Pに駐車(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間11分
休憩
21分
合計
2時間32分
S阿蘇火山博物館12:2212:25草千里ヶ浜12:36地獄垂玉分岐12:3813:07烏帽子岳13:1113:30古坊中・草千里分岐13:3113:49杵島岳登山口13:5014:19杵島岳14:3214:54杵島岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された登山道でどちらの山も危険個所は無し
杵島岳(きしまだけ)は観光の方も登られるのでほぼ舗装された階段の道
その他周辺情報下山後は、草千里より30分の阿蘇リゾート・グランヴィリオホテルに宿泊
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

阿蘇山頂に向かって右側の烏帽子岳からやっつける。
乗馬体験できる草原をお馬ちゃんと一緒の道を歩き横切り、登山口へ取り付く。
2020年12月12日 12:41撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿蘇山頂に向かって右側の烏帽子岳からやっつける。
乗馬体験できる草原をお馬ちゃんと一緒の道を歩き横切り、登山口へ取り付く。
1
明日登る予定の中岳(手前)と高岳(百名山)
2020年12月12日 13:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登る予定の中岳(手前)と高岳(百名山)
2
1時間ちょっとで到着
2020年12月12日 13:15撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ちょっとで到着
1
2時間ほどで下山完了
次は道路を渡って、反対側(阿蘇山に向かって左側)の杵島岳へOG!
2020年12月12日 13:19撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間ほどで下山完了
次は道路を渡って、反対側(阿蘇山に向かって左側)の杵島岳へOG!
1
全体が岩湧山頂のようなススキ(かや?)の山でした
観光地なので、ほぼ山頂まで舗装した階段で登ります
2020年12月12日 14:06撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体が岩湧山頂のようなススキ(かや?)の山でした
観光地なので、ほぼ山頂まで舗装した階段で登ります
1
約20分で登頂
2020年12月12日 14:26撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約20分で登頂
1
山頂は火口をぐるっと一周できる登山道で、お鉢巡りになっています。が、この景色しか見えないの省略し下山しました
2020年12月12日 14:36撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は火口をぐるっと一周できる登山道で、お鉢巡りになっています。が、この景色しか見えないの省略し下山しました
1

感想/記録

九州遠征の初日は 密を避けて草千里へ。
大正解でした!!
阿蘇火山博物館の駐車場(有料)に車を止めて草千里を目指します。
1座目の烏帽子岳は展望がよくて 今日の2座目となる杵島岳、明日登る中岳や高岳、
そして外輪山も遠くに見えたし なにより標高は1337m(金剛山よりも高い!)なのに1時間もかからずに登れるというお手軽さ。
草千里も歩くのは気持ちよく 足取りも軽くいったんは阿蘇火山博物館の駐車場へもどってからの杵島岳へ。
美しい円錐状の形からかなりの急坂を予想してましたが なんとずっと整備された階段には笑いました!!
登る途中ピークが二つ見えていて 手前がエセピークかと思いきや
手前のピークに山名板がありました。
遠くに見えていたもう一つのピークはお鉢巡りの外輪山でした。
ココだけが整備が行き届いてないのか噴火のせいなのか ちょっとだけ荒れ気味で地面がデコボコ。
なんとなくお鉢巡りの気分でもなく さっさと下山して明日の中岳の下見へ。

これも大正解でしたね。
スムーズに翌日中岳に取り付けましたもの。
さすがリーダーの計画は完璧。
私はただただ阿蘇の大自然に酔いしれて終わった1日でした。

感想/記録

2年前「阿蘇山」表記の山ツアーに参加したら、根古岳の登山でした(注:根古岳も阿蘇五岳のひとつで間違いではない)私の不注意で見落としたのです
百名山は高岳(1592m)をもって阿蘇山としているようなので、何かしら忘れ物をした思いから、改めて阿蘇山を登りに行って来ました。

初日は、五岳の内の2座。烏帽子と杵島
草千里は観光地で有名、この日も学生さん達の観光バスが沢山止まっていて、とてもにぎやかでした。 登山道に入ると人は少なく、烏帽子岳は展望がいい尾根道を登るので阿蘇全体を見渡しながらゆっくり登れました。
杵島岳の登山道はとても綺麗に整備されていて1時間ほどで下山完了。
登山としては物足りないですが本日2座目なので、ちょうど良かったです。

杵島岳のお鉢巡りをパスして早めに下山し、明日登る中岳・高岳の登山口の下見に行きました。砂千里のPから取りつくのですが、中岳の噴煙が多い時は道路が閉鎖し砂千里まで車で上がれませんので、阿蘇山頂売店P当りから歩く事になります(約20) 翌日朝は案の定、道路が閉鎖してたので慌てる事なく登山開始できました。 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:143人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

外輪山 草原 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ