また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2820987 全員に公開 山滑走 甲信越

ニセ巻機山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月27日(日) [日帰り]
メンバー
 oec
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間48分
休憩
13分
合計
9時間1分
S西谷後バス停03:5204:44巻機山麓キャンプ場04:4805:09桜坂駐車場05:1311:43ニセ巻機山11:4712:35桜坂駐車場12:43巻機山麓キャンプ場12:4412:52西谷後バス停12:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

今日はここから
2020年12月27日 03:48撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから
トレースはリセット
2020年12月27日 03:58撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはリセット
50cm以上の新雪
2020年12月27日 03:58撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50cm以上の新雪
2
橋も完全に雪で埋まる
2020年12月27日 04:41撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋も完全に雪で埋まる
いつもの桜坂
2020年12月27日 05:00撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの桜坂
井戸尾根を登っている間に夜が明けた
2020年12月27日 06:48撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸尾根を登っている間に夜が明けた
そして完全に埋まる
2020年12月27日 08:20撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして完全に埋まる
2
1200mまで上がっても木が白くならない
2020年12月27日 09:23撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mまで上がっても木が白くならない
あっ晴れ間が
2020年12月27日 09:47撮影 by HERO9 Black, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ晴れ間が
1
ようやくいつもの感じ
2020年12月27日 10:10撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくいつもの感じ
1
そして晴れてきた
2020年12月27日 10:41撮影 by HERO9 Black, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして晴れてきた
2
ニセ巻
今日はここまで
2020年12月27日 11:42撮影 by Pixel 3, Google
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ巻
今日はここまで
2
一気に降りてきた
2020年12月27日 12:35撮影 by HERO9 Black, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に降りてきた
2
高速道路で帰還
2020年12月27日 12:40撮影 by HERO9 Black, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速道路で帰還
2

感想/記録
by oec

今日は好天が期待できるが連日の大雪で行き先に悩む。安心して行けるのはやはり巻機山。

午前3時に清水集落へ向かうと道路脇の雪は3mくらいになっている。12月にこんなのを見たのは初めてだ。トレースはリセットされており新雪が50cmくらいは積もっている。桜坂駐車場まで行くだけでも一苦労だ。しかし寒くはなかった。

その先も藪は全て埋まっており夏道をショートカットして井戸尾根に上がる。井戸の壁は膝〜腰ラッセルでつらかった。夜が明けるが晴予報のはずが濃いガスが上部にかかっている。振り返ると苗場山方面は晴れている気落ちしてペースがおちた。

とはいえ折角なので7合目の森林限界までは上がってみる。するとちょうどそのタイミングで晴れ間が出てきた。そして一気に晴れ上がった。劇的だ。急にやる気が出てきてペースアップ。新雪は風でパックされていたがアイゼンもクトーも必要なかった。後続が一人追いついてきた。地元の方だった。

ニセ巻まで来るとさすがに風は強いがやはり寒くない。ここでこれだけ暖かければ下部の雪は死んでしまう。今日は巻機山の山頂まで行くのはやめてさっさと降りることにした。滑走準備をしていると後続がもう一人。その後ろにはもういないようだ。一気にパウダーを滑って井戸の壁まで滑り降りた。
井戸の壁は予想通り死にかかっていた。ちょっと滑るとスラフが落ちまくる。慎重に滑って桜坂へ。後は高速道路を滑って駐車地点へ。ラッセルは厳しかったが楽しい1日だった。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:251人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/21
投稿数: 23
2020/12/28 15:51
 ありがとうございました。
ニセ巻手前で追いついた者です。
ラッセルを交代できなくて申し訳ありませんでした。
もっと早い段階で追いついて交代できるかと思っておりましたが、
4時スタートにはさすがに追い付けませんでした…。
年末年始で降りましたら、是非、沢滑走にもおいでください。
oec
登録日: 2013/6/5
投稿数: 119
2020/12/28 20:33
 Re: ありがとうございました。
kaise877さん

ニセ巻の山頂まで先行できるかと思いましたが追いつかれてしまいました笑
でもいい感じで晴れてくれてよかったです。

また機会がありましたらぜひ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 森林限界 ガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ