また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2843321 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

山上ヶ岳 頑張って行って良かった

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大橋茶屋の駐車場まで、自家用自動車で 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
53分
合計
5時間34分
S大峯大橋09:1809:29一ノ世茶屋跡09:3109:58一本松茶屋10:0210:32お助け水10:58洞辻茶屋11:1011:21陀羅尼助茶屋11:24松清店11:47鐘掛岩11:4812:00西の覗岩12:0112:20山上ヶ岳12:3312:45西の覗岩12:58鐘掛岩13:15松清店13:18陀羅尼助茶屋13:31洞辻茶屋13:4714:01お助け水14:22一本松茶屋14:2514:42一ノ世茶屋跡14:51大峯大橋14:5214:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
階段の多い新道の方で、踏み抜くと危ない箇所が2箇所ありました。
最近事故が起こっているそうです。慎重に通ってください
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場も、雪が積もってます
今日は、8台位停まっていました
駐車料金は、封筒に入れて、ナンバーを書いてポストに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場も、雪が積もってます
今日は、8台位停まっていました
駐車料金は、封筒に入れて、ナンバーを書いてポストに
2
結界門からスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結界門からスタートです
2
スタートから、4本爪アイゼンをつけて、軽く登ります
ストックは、ザックにつけて、主に急な上りと下りで活用です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから、4本爪アイゼンをつけて、軽く登ります
ストックは、ザックにつけて、主に急な上りと下りで活用です
2
お助け水。雪に埋まってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助け水。雪に埋まってます
2
光があたって、輝く霧氷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光があたって、輝く霧氷
5
とにかく、霧氷だらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく、霧氷だらけ
3
霧氷が成長している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が成長している
8
奥駈道との出会い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駈道との出会い
5
西の覗。今日は、覗きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗。今日は、覗きません。
4
黒い門。まわりは霧氷だらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い門。まわりは霧氷だらけ
9
身口意を整えた結果、頂上まで到達できました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身口意を整えた結果、頂上まで到達できました
6
稲村、弥山、八経パチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村、弥山、八経パチリ
7
大峰ブルーと、もこもこ霧氷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰ブルーと、もこもこ霧氷
8
とにかく凄いもこもこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく凄いもこもこ
8
頂上お花畑に白い花が咲く?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上お花畑に白い花が咲く?
9
大峯山寺は、青と白に映えますな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯山寺は、青と白に映えますな
9
霧氷の密度が違います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の密度が違います
8
青い空に合いますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空に合いますね
6
本日は、初めての雪の山上ヶ岳で、単独行なので不安でしたが、
無事に下山できて、神様に感謝です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は、初めての雪の山上ヶ岳で、単独行なので不安でしたが、
無事に下山できて、神様に感謝です
5

感想/記録

今日は、大雪の後で高気圧が覆うため、最初は、観音峰に行こうかと思っていたのですが、それでは、雪の時に何回も行っているので、自分のスキルも上がらないし、
スタッドレスタイヤで、雪道を走りたかったので、山上ヶ岳に行ってみることにしました。
正直、単独行なのと、危険度がよくわからないので、どうしようかと思いましたが、
やはり、行ってみないとわからないので、とにかく、行けるところまで行って、駄目なら撤退と思い行くことにしました。
駐車場到着は、9時過ぎで準備をして、9時20分ごろに出発です。
駐車場の車の中では、最終に近い遅さです。これも不安でしたが、
今日は、9時過ぎから晴れて来るという予報だったので、予定どおりの行動です。
天気は、最初は曇っていたのですが、てんくらの予報通り、10時位にはかなり晴れていて、下山するまでずっといい天気で、風もそんなに強くありませんでした。

奥駈道に出るまでは、そんな急な箇所はないですが、四本爪アイゼンをつけて、軽く滑り止めを効かせて 、楽ちんに登って行きました。

奥駈道にでて、鐘掛岩の手前の旧道と新道の別れでは、旧道側にはトレースが無いので、新道で行くことにしました。
ここからは、ストックも使って、急な箇所ではストックで踏ん張って登って行きました。
新道では、階段が多いので、2箇所ほど、踏み抜いて滑ったら危ない箇所がありました。このあたりでは、最近、事故が起こったようです。
ちなみに、私は、下りでその場所は慎重に下ったのですが、もっと楽ちんな箇所で踏み抜いて滑ってしまいました。まあ、下りなので、疲れているので、ちょっとした油断で滑ってしまいます。

さて、頂上について、本当に、お花畑が真っ白で、木々の霧氷はかなりもこもこに育っていて、とてもいい感じで、美しかったです。
花の咲いたのを見たこと無い、お花畑ですが、流石に、これはきれい過ぎると思いました。私のつたない大峰山脈の頂上の景色でも、山上ヶ岳は一番だなと思ってしまいました。
12月にも登ったのですが、今回、天気予報を見ているとどうしても登りたくなって、やはり、自分は山上ヶ岳が好きなんだと思いました。
身口意三業を整えるのは、良いことだと思いました。
山上ヶ岳の頂上に、行くための動作を行う身と、登るぞという言葉を発する口と、とにかく登りきるんだという心を整えたので、今日は頂上にたどり着けることができました。
正直、初めてだし、単独行なので、とても不安でしたが、頂上までたどり着いて、無事下山できたことを神様に感謝します。



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:661人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ