また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2868542 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

【多摩百山】イソツネ山、九竜山、天地山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR奥多摩
復路:JR白丸
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間14分
休憩
45分
合計
8時間59分
S奥多摩駅08:2608:47槐木公衆トイレ08:5009:14小中沢公衆トイレ09:1510:29イソツネ山10:4111:30白髭神社11:33境橋バス停11:3713:29九竜山13:55江戸小屋山13:5614:23鞘口山14:3014:49大ダワ14:5015:05鋸山15:1215:20天地山分岐15:2215:50天地山15:5616:27山ノ神17:13大天狗社17:24白丸駅17:2517:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<コース概要>
イソツネ山、九竜山、天地山すべて山と高原の地図には登山ルートがない山です。
登山口を示す標識は見かけませんでした。

〇奥多摩駅〜イソツネ山登山口 
バスで境橋下車でもよいのですが、奥多摩むかし道を歩いてみました。かつて、奥多摩駅から水根までを結んでいた運搬軌道がみられます。また、途中に綺麗なトイレがありました。
〇イソツネ山
境橋から登りはつづら折りですが、山頂から梅久保へは道は尾根沿いに下ればよいですが不明瞭で急で滑りやすいので注意です。九竜山へ向かうために結局、境橋の登山口まで戻ってきたのでこっちをピストンでもよかったのかも。
〇九竜山
林道を歩いて取りつきに梯子があります。ここから尾根沿いを延々と登ります。九竜山の山頂は展望ありませんが、その前後で伐採された箇所があり、西側の展望が開けています。
〇天地山
天地山の北側は岩場の急登です。よじ登る感じでした。南側は土の上に落ち葉があり滑りやすいので注意です。
その他周辺情報〇多摩百山について
日本山岳会東京多摩支部に地図があります。(URLはトップページです)
http://www.jac-tama.or.jp/index.html
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩駅です。今日はここから歩いてスタートです。
2021年01月17日 08:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅です。今日はここから歩いてスタートです。
奥多摩むかしみち。ここを歩いてイソツネ山の登山口に向かいます。
2021年01月17日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩むかしみち。ここを歩いてイソツネ山の登山口に向かいます。
1
廃線・・・昔、奥多摩湖のダム(小河内ダム)を作るための物資を運んでたそうです。ハイキングコースとして整備してくれれば楽しそうなんですけどね。
2021年01月17日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃線・・・昔、奥多摩湖のダム(小河内ダム)を作るための物資を運んでたそうです。ハイキングコースとして整備してくれれば楽しそうなんですけどね。
2
奥多摩むかしみちにあるトイレ。もう立派です。2日に1度は掃除しているようです。
2021年01月17日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩むかしみちにあるトイレ。もう立派です。2日に1度は掃除しているようです。
こ、これがイソツネ山か!
2021年01月17日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こ、これがイソツネ山か!
1
特に案内板はありませんがイソツネ山の登山口です。右上に進みます。さすが山と高原の地図に載ってないだけのことはありますね。なお、九竜山に向かうとき、結局、左から戻ってきました。
2021年01月17日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に案内板はありませんがイソツネ山の登山口です。右上に進みます。さすが山と高原の地図に載ってないだけのことはありますね。なお、九竜山に向かうとき、結局、左から戻ってきました。
1
イソツネ山へ登る途中・・・この網沿いに上に登りました。
2021年01月17日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツネ山へ登る途中・・・この網沿いに上に登りました。
1
イソツネ山に着きました。
2021年01月17日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツネ山に着きました。
1
いちおう、展望なしの部類です。後ろは三ノ木戸山というらしい。
2021年01月17日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちおう、展望なしの部類です。後ろは三ノ木戸山というらしい。
イソツネ山の山頂は平らで広いです。このあとは急斜面なので慎重に下りました。
2021年01月17日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツネ山の山頂は平らで広いです。このあとは急斜面なので慎重に下りました。
梅久保トンネルの上を通って降りてきました。ただ、こちらも標識ないのでどこから登っていいかわかりずらいかなと思います。
2021年01月17日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅久保トンネルの上を通って降りてきました。ただ、こちらも標識ないのでどこから登っていいかわかりずらいかなと思います。
1
こちらから登るなら梅久保のバス停で降りるとよいでしょう。
2021年01月17日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから登るなら梅久保のバス停で降りるとよいでしょう。
この廃線・・・いやぁ〜、気になるな。やっぱり、ハイキングコースに・・・ならないだろうなぁ。
2021年01月17日 11:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この廃線・・・いやぁ〜、気になるな。やっぱり、ハイキングコースに・・・ならないだろうなぁ。
2
弁慶の腕ぬき岩
2021年01月17日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁慶の腕ぬき岩
1
右下の穴に腕をいれることができましたよ。
2021年01月17日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下の穴に腕をいれることができましたよ。
1
九竜山へは、体験の森方面へ進みます。(つまり、右)
2021年01月17日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九竜山へは、体験の森方面へ進みます。(つまり、右)
イソツネ山・・・登らなかったら、わかりませんね。
2021年01月17日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツネ山・・・登らなかったら、わかりませんね。
1
さて、この階段が九竜山への目印になります。
2021年01月17日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、この階段が九竜山への目印になります。
1
振り返ると本仁田山が見えます。
2021年01月17日 12:31撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると本仁田山が見えます。
延々と九竜山に登っていると、その山頂の手前で視界が開けるところがあります。
2021年01月17日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と九竜山に登っていると、その山頂の手前で視界が開けるところがあります。
位置的には、甲武信ケ岳・・・のような気がする! ※訂正します。黒川鶏冠山でした。
2021年01月17日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位置的には、甲武信ケ岳・・・のような気がする! ※訂正します。黒川鶏冠山でした。
3
九竜山に着きました。
2021年01月17日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九竜山に着きました。
1
ま、展望はありませんね。先に進みます。
2021年01月17日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ま、展望はありませんね。先に進みます。
九竜山から先に進むと伐採してあり、展望がよくなります。
2021年01月17日 13:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九竜山から先に進むと伐採してあり、展望がよくなります。
ん・・・奥に・・白くなった山が見えます。
2021年01月17日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん・・・奥に・・白くなった山が見えます。
1
位置的には、雲取山・・・のような気がする!
いや、違うかな。
2021年01月17日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位置的には、雲取山・・・のような気がする!
いや、違うかな。
2
大ダワです。
2021年01月17日 14:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワです。
大ダワにはトイレがあります。
2021年01月17日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワにはトイレがあります。
疲れていたので鋸山は展望ないし、今回の目的でもないのでパスしようと頭をよぎりましたが、ま、一応寄りました。
2021年01月17日 15:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れていたので鋸山は展望ないし、今回の目的でもないのでパスしようと頭をよぎりましたが、ま、一応寄りました。
1
天地山へは、この標識の後ろを進みます。
2021年01月17日 15:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地山へは、この標識の後ろを進みます。
えっ、ええええ。正面に天地山が見えますが、これかなり、急ですよねぇ。
2021年01月17日 15:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっ、ええええ。正面に天地山が見えますが、これかなり、急ですよねぇ。
天地山の山頂についてきました。ここまで案の定、岩場の急登でした。
2021年01月17日 15:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地山の山頂についてきました。ここまで案の定、岩場の急登でした。
2
天地山の西側は少しひらけてました。
2021年01月17日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地山の西側は少しひらけてました。
ようやく奥多摩の標高の高い山にも雪がみられるようになったようです。
2021年01月17日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく奥多摩の標高の高い山にも雪がみられるようになったようです。
2
雪っていっても、木に霧氷がついている程度でしょうかねぇ。
2021年01月17日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪っていっても、木に霧氷がついている程度でしょうかねぇ。
3
いきなりトンネルですが、下山して白丸駅を目指して数馬峡遊歩道を歩いています。
2021年01月17日 17:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりトンネルですが、下山して白丸駅を目指して数馬峡遊歩道を歩いています。
白丸湖の上部・・・かな。
2021年01月17日 17:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白丸湖の上部・・・かな。
白丸駅に到着しました。
2021年01月17日 17:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白丸駅に到着しました。
1

感想/記録

多摩百山のシリーズも10回目です。
(※もちろん、私本人が気が付いてからシリーズ化としています)

今回は、山と高原の地図にも登山ルートのない、
イソツネ山、九竜山、天地山の三座をめぐることにしました。

天気もよくないので展望のない山を登るにはちょうどよいですね。
ただ、事前の計画は、ルートがわからず時間が読めない、登山道の状況もよくわからないのが難点ですね。また、実際に歩いてみると標識もほぼなく登山ルートがわかりずらいという難点もありますね。
難点と書きましたが、それはそれで試されてる感があってワクワクもしますけどね。
もちろん、間違いなく多摩百山というキーワードがなければ登ることもなかったんだろうなぁ。そして、多摩百山というスタンプラリーやってる気分になります。
このシリーズもあと4回で達成させる予定です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:309人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ