また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2871233 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳

入道ヶ岳 北尾根〜二本松尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月19日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.6~1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間51分
合計
7時間18分
S椿大神社第3駐車場07:4207:47椿大神社第1駐車場トイレ07:4807:57椿大神社08:0308:09愛宕社の鳥居/北尾根登山口08:1708:49通報ポイント北尾根208:5008:58通報ポイント北尾根309:13通報ポイント北尾根409:20通報ポイント北尾根509:2209:31北尾根避難小屋09:4409:49通報ポイント北尾根609:5510:10通報ポイント北尾根710:2210:32通報ポイント北尾根810:59通報ポイント北尾根911:0311:15通報ポイント北尾根1011:1611:19北の頭11:33入道ヶ岳12:1512:28通過ポイント二本松712:57通過ポイント二本松613:11二本松避難小屋13:1613:26通過ポイント二本松5滝ヶ谷分岐14:13沢を渡る14:20通報ポイント二本松114:23椿渓谷キャンプ場入口駐車場14:40椿大神社第1駐車場トイレ14:5015:00椿大神社第3駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北尾根通過ポイント7から上は、アイスバーン上に新雪が積もっていた。
頂上は猛烈な風。
二本松尾根はアイスバーンは少なめだが、小石の上に新雪が積もった坂道となり、滑りやすい。
その他周辺情報参道には露店が並んでいた。平日のためか、残念ながら全て閉まっていた…。

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ ポール
共同装備 行動食 調理用食材 ガスカートリッジ
備考 雪の上に座るためレジャーシートを持って行ったのですが、座ってる最中にレジャーシート毎滑っていってしまいます(傾斜のある場所ではNG)…(>_<)

写真

登山者用の第3駐車場からスタート。
私たち以外の車はいません。簡易トイレ(3台)は駐車場の一番端にあって遠いです…
2021年01月19日 07:42撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用の第3駐車場からスタート。
私たち以外の車はいません。簡易トイレ(3台)は駐車場の一番端にあって遠いです…
第1駐車場のトイレ。帰りに利用しました。すごくきれいです(暖房便座でした!)。
2021年01月19日 07:49撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1駐車場のトイレ。帰りに利用しました。すごくきれいです(暖房便座でした!)。
椿大神社にお参りしてから出発。こんな時間から神社の方々が忙しそうに作業をされていました。
2021年01月19日 07:58撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿大神社にお参りしてから出発。こんな時間から神社の方々が忙しそうに作業をされていました。
北尾根登山口は、愛宕社への階段脇にあります。少し登った所にも簡易トイレが1つ置いてありました。
2021年01月19日 08:10撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根登山口は、愛宕社への階段脇にあります。少し登った所にも簡易トイレが1つ置いてありました。
通過ポイント北尾根2まで登ると登山道にはうっすら新雪積もってます。キュッキュッと音がして気持ちいいです。
2021年01月19日 08:48撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント北尾根2まで登ると登山道にはうっすら新雪積もってます。キュッキュッと音がして気持ちいいです。
通過ポイント北尾根3、大久保分岐。
2021年01月19日 08:57撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント北尾根3、大久保分岐。
北尾根避難小屋。小屋内の左右に座れるベンチがあります。
2021年01月19日 09:31撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根避難小屋。小屋内の左右に座れるベンチがあります。
通過ポイント北尾根7を過ぎて少し行くと、アセビの樹林帯に入ります。
2021年01月19日 10:21撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント北尾根7を過ぎて少し行くと、アセビの樹林帯に入ります。
通過ポイント北尾根8、このあたりで少し視界が開けます。
2021年01月19日 10:33撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント北尾根8、このあたりで少し視界が開けます。
再びアセビのトンネルへ突入。新雪の下にアイスバーンがあり、ここで軽アイゼンを装着。右からも猛烈な風が…。
2021年01月19日 10:38撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びアセビのトンネルへ突入。新雪の下にアイスバーンがあり、ここで軽アイゼンを装着。右からも猛烈な風が…。
北の頭に出ました。猛烈な風(吹雪)です…
溜まらず山頂へ急ぎます。
2021年01月19日 11:15撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の頭に出ました。猛烈な風(吹雪)です…
溜まらず山頂へ急ぎます。
北を見れば鎌ヶ岳、御在所は雪雲の中ですね。
2021年01月19日 11:18撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北を見れば鎌ヶ岳、御在所は雪雲の中ですね。
3
鳥居が見えてきました。
2021年01月19日 11:21撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が見えてきました。
頂上到着。写真からは想像できませんが、立っていられないほどの強風です(>_<)
2021年01月19日 11:30撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上到着。写真からは想像できませんが、立っていられないほどの強風です(>_<)
1
雪が止んでいるうちに下界と海を撮影。
2021年01月19日 11:34撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が止んでいるうちに下界と海を撮影。
少し下り、登山道を脇に外れた風が弱いところで昼食。
2021年01月19日 12:12撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下り、登山道を脇に外れた風が弱いところで昼食。
通過ポイント二本松尾根7まで下りました。ここまでの登山道にアイスバーンは少ないですが、小石の上に新雪が積もった急坂は下りにくかったです。
2021年01月19日 12:28撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント二本松尾根7まで下りました。ここまでの登山道にアイスバーンは少ないですが、小石の上に新雪が積もった急坂は下りにくかったです。
通過ポイント二本松尾根6、まだ新雪が残っています。
ここまでの途中で軽アイゼンは外しました(雪が団子になってくっ付くので…)。
2021年01月19日 12:57撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント二本松尾根6、まだ新雪が残っています。
ここまでの途中で軽アイゼンは外しました(雪が団子になってくっ付くので…)。
二本松尾根の避難小屋。奥に1列のベンチがあります。ベンチが高いので、足が地面に付かない…(^_^;)
2021年01月19日 13:11撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本松尾根の避難小屋。奥に1列のベンチがあります。ベンチが高いので、足が地面に付かない…(^_^;)
通過ポイント二本松尾根5、滝ヶ谷分岐(振り返り撮影)。
ここからは植林滞を下っていきます。これが結構長く感じます。
2021年01月19日 13:26撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント二本松尾根5、滝ヶ谷分岐(振り返り撮影)。
ここからは植林滞を下っていきます。これが結構長く感じます。
流れを渡ってもう少しです。
2021年01月19日 14:13撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れを渡ってもう少しです。
通過ポイント二本松尾根1、登山口のある河原に飛び出ます。
2021年01月19日 14:20撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過ポイント二本松尾根1、登山口のある河原に飛び出ます。
河原を渡ると、井戸谷コースの入口がありました。トイレもあるし、ここまで車で入れるみたいです。2台駐車していました。10数台は停められそうです。
2021年01月19日 14:23撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原を渡ると、井戸谷コースの入口がありました。トイレもあるし、ここまで車で入れるみたいです。2台駐車していました。10数台は停められそうです。

感想/記録

GPSログが後半取れておらず、手書きで切り貼りしたので、ご容赦を。m(_ _)m
思いがけず新雪歩きを楽しめました。北尾根は通過ポイント8以降、アイゼンが無いと厳しいです。二本松尾根は、アイゼン無でも何とかなるかも…。稜線直下の井戸谷は雪がかなり溜まっていました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:148人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ