また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2882317 全員に公開 雪山ハイキング 丹沢

早戸大滝(松茸山登山口 ピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松茸山登山口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間34分
休憩
1時間16分
合計
8時間50分
S松茸山散策路早戸川口06:4606:58リヴァスポット早戸07:02早戸川国際マス釣場07:28扇平07:55三日月橋07:5708:27本間橋08:36魚止橋08:4008:54伝道09:0509:10造林小屋09:1810:25雷平10:2610:28原小屋沢11:21早戸大滝11:4612:21雷平12:2612:26原小屋沢12:2812:32雷平13:19造林小屋13:2513:34伝道13:3813:51魚止橋13:5414:03本間沢14:36三日月橋14:3915:05扇平15:0715:23早戸川国際マス釣場15:27リヴァスポット早戸15:36松茸山散策路早戸川口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 雨具 ゲイター アイゼン 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル

写真

この前に駐車。
2021年01月29日 06:45撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前に駐車。
多数土砂崩れ
2021年01月29日 07:41撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多数土砂崩れ
電気が通っていないと分かっていても怖い。
2021年01月29日 08:07撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電気が通っていないと分かっていても怖い。
動くわけないが、皆さんと同様に押してみた。
2021年01月29日 08:31撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動くわけないが、皆さんと同様に押してみた。
凍ってない。
2021年01月29日 11:26撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ってない。
2
深い。
2021年01月29日 11:44撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い。
1
電柱が折れるとは。
2021年01月29日 14:26撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電柱が折れるとは。
アスファルトの隆起。
2021年01月29日 14:37撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスファルトの隆起。
擁壁破損。
2021年01月29日 14:45撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擁壁破損。
横にヒビが入っている。
2021年01月29日 14:59撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横にヒビが入っている。
こっちから帰ってくる予定でした。
2021年01月29日 15:34撮影 by OPPO AX7, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちから帰ってくる予定でした。

感想/記録

久々の休日、氷瀑してるといいなと思い早戸大滝から丹沢山、栂立経由の周回で計画しました。が甘かったです。
早戸川河原に下り少し歩いたとこでチェーンスパイクとゲイターを装着。深さは20〜40儖漫2寝鵑渡渉しますが、濡れずに渡れました。

このコースは、台風前に何度か歩いているので道迷いの心配はしませんでしたが、降雪後誰も歩いていないことから歩き難さがあり大滝到着予定時間をオーバー。
大滝の上部に登る途中の状況からこのまま進んで下山時間に合うかと思い考える。
予定の丹沢山を諦め、瀬戸沢ノ頭に登り栂立経由とするか、本間ノ頭北西尾根とするか、ピストンで戻るか。
尾根の状況が分からないので自分が歩いてきた足跡を戻った方が時間が読めると判断し戻ることに決定。
復路で片方のチェーンスパイクが無くなっている事に気付く。戻るか進むかを考える。見つからなかった場合の体力と時間からほぼ平坦なこともあり進むことに決定。しかし、この後の下り箇所で2回滑り転倒。軽く尾てい骨を打ったのと木に捕まって滑落を免れる羽目に。軽アイゼンも持っていくべきでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:357人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ