また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2947838 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

川苔山 地震の後は落石多くて注意が必要なのね〜

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
JR青梅線 青梅行
06:59三鷹〜08:21奥多摩
JR特別快速ホリデー快速おくたま1号 奥多摩行
935円

西東京バス
9時半過ぎ
臨時の川乗橋行きバスが大混雑の密なのでそれを見送り、その後すぐ来た定時の東日原行きに乗り川乗橋BSへ。空いていて快適。


帰り
JR青梅線 青梅行
14:11鳩ノ巣 ⇒ 15:45三鷹
814円


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
1時間3分
合計
5時間22分
S川乗橋バス停08:5109:14聖滝09:25細倉橋09:53至 川苔谷 迂回路分岐09:59百尋ノ滝10:0810:19百尋ノ滝山10:2211:37川苔山12:1212:25川苔山舟井戸水場12:30舟井戸13:32大根ノ山ノ神13:45熊野神社分岐13:49熊野神社13:5013:54鳩ノ巣駅13:5813:59町営鳩ノ巣駐車場14:0314:05鳩ノ巣駅14:1214:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

鶴の一声で奥多摩駅にやって来ました。
8ヶ月振りだスゴー!
2021年02月14日 08:23撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴の一声で奥多摩駅にやって来ました。
8ヶ月振りだスゴー!
7
そして川乗橋BSへ!いつの間にか台風で通行止になりいつな間に開通していた。
2021年02月14日 08:47撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして川乗橋BSへ!いつの間にか台風で通行止になりいつな間に開通していた。
4
細倉橋で川乗林道から登山道に入ります。
10年位前はここまでマイカーで来たんだけど今は入れないらしい。
2021年02月14日 09:21撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細倉橋で川乗林道から登山道に入ります。
10年位前はここまでマイカーで来たんだけど今は入れないらしい。
4
登山道沿いはワンミスで事故るので適度に注意して歩く。
凍ってないから落ちないとは思うけど。
2021年02月14日 09:25撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いはワンミスで事故るので適度に注意して歩く。
凍ってないから落ちないとは思うけど。
11
綺麗な木道に整備されていた。この場所の前でソフトボール球位の自然落石が落ちてきてビビる!
2021年02月14日 09:32撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な木道に整備されていた。この場所の前でソフトボール球位の自然落石が落ちてきてビビる!
4
百尋の滝
まったく凍っていません。この後再び落石が落ちてきた。怖いw
2021年02月14日 09:54撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋の滝
まったく凍っていません。この後再び落石が落ちてきた。怖いw
13
標高を上げると登山道が凍り始めました。
2021年02月14日 10:32撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると登山道が凍り始めました。
4
谷間は雪景色
2021年02月14日 11:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間は雪景色
7
山頂前の分岐。去年ここ来たときは吹雪でした。
2021年02月14日 11:27撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂前の分岐。去年ここ来たときは吹雪でした。
4
つるつる山頂前ラスト登り。下山で一回こけた
2021年02月14日 11:29撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つるつる山頂前ラスト登り。下山で一回こけた
7
川苔山到着!
今日も○石みたいな立派な山頂表記がそびえています。
2021年02月14日 11:32撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山到着!
今日も○石みたいな立派な山頂表記がそびえています。
21
石尾根から長沢背稜、笙ノ岩山の尾根が見えます。
久しぶりに雲取山行きたくなってきた。
2021年02月14日 11:33撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根から長沢背稜、笙ノ岩山の尾根が見えます。
久しぶりに雲取山行きたくなってきた。
11
消防ヘリが飛び回っていました。
2021年02月14日 11:35撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
消防ヘリが飛び回っていました。
7
雲取山、飛龍山、鷹ノ巣山
2021年02月14日 12:11撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山、飛龍山、鷹ノ巣山
17
それでは杉ノ尾根巻道ルートで鳩ノ巣駅へ向かいます。
2021年02月14日 12:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは杉ノ尾根巻道ルートで鳩ノ巣駅へ向かいます。
5
こんな岩場有ったのか。記憶に残ってないので撮っておこう。
2021年02月14日 12:54撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩場有ったのか。記憶に残ってないので撮っておこう。
4
眠くなるような登山道を歩き林道西川線に降り立つ。
2021年02月14日 13:20撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眠くなるような登山道を歩き林道西川線に降り立つ。
3
大根ノ山ノ神で休憩し再び駅を目指す。
2021年02月14日 13:21撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大根ノ山ノ神で休憩し再び駅を目指す。
5
熊野神社に降り立ちました。
2021年02月14日 13:45撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野神社に降り立ちました。
5
ビールを買ってから鳩ノ巣駅へ。
2021年02月14日 14:01撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビールを買ってから鳩ノ巣駅へ。
8
城山バックに電車待ちながらビアタイム。最高す!
2021年02月14日 14:04撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山バックに電車待ちながらビアタイム。最高す!
15

感想/記録
by krkdx

久し振りに地元の山仲間かなこ氏と山に行く事になり、普段なら歩いたこと無いルートを選びがちだが今は何も考えたくないので行く場所を言ってもらった。
で、川苔山に行きたいと言うので地図を見なくても済む川乗橋〜鳩ノ巣駅の超王道コースにした。

山行前夜、家の整理をし終え居間でまったりしていると緊急地震速報がTVで流れ間もなく揺れ始めた。
母親の頭に座布団乗っけながら「地震で家崩れたら保険で新築建られる!いやその前に死ぬか?」なんてボケ〜っと考えていたら地震が止んだ。
我が街は震度3だった。体感し思ったより低かった。

で、翌日曜日に川苔山に向かったのだが川乗林道から登山道に入りしばらくは谷沿いを歩くルートで何回も落石が近くに落ちて来たり特大の落石跡を見たり落石音を聞いた。恐らく前夜の地震のせいかなと思った。
その後百尋の滝を見学してから高度を上げて行くと道に残雪が出てきて凍っている。チェーンスパイクを出すか微妙に迷う感じだったが結局出さず川苔山山頂を踏み、一回転んで下山した。

最近色々有り不安だったが一般ハイキング程度を楽しむ体力が残っていて良かった。ただ翌日筋肉痛になり筋力低下と体重過多は否めない。
前みたいに休みの日の度に山に行く事は出来ないだろうから体重増加と体力低下は今後加速していくだろな。
仕方ないね〜


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:212人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 山行 吹雪 木道 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ