また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2962035 全員に公開 雪山ハイキング 比良山系

比良山/細川尾根から武奈ヶ岳、下りは八幡谷右岸尾根@3ヶ月ぶりの比良山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
21分
合計
5時間26分
S細川休憩所07:4307:50細川尾根取りつき07:5108:32徒歩道合流地点08:43706m地点09:49細川尾根分岐09:5109:54武奈ヶ岳10:20RP八雲310:38八雲ヶ原10:4410:56イブルキノコバ11:51釣瓶岳11:5311:59P104012:0912:37・71313:09細川休憩所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
武奈ヶ岳からしばらくの間、iPhoneの電源が落ちたのでGPS軌跡が飛んでいます。

細川から武奈ヶ岳までの細川尾根には道あり。ただし終始急登。植林帯から抜け出す標高500m付近から少しの間は倒木やや多し。

ナガオは踏み跡あるが、広い尾根上はどこでも歩ける。

八幡谷右岸尾根はわずかな踏み跡や道跡が中腹より下にはところどころ残っている。標高500mから下は踏み跡が入り乱れている。特にこの部分は急坂。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりに細川尾根を登ります
2021年02月28日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに細川尾根を登ります
植林地を抜けるところは倒木が多い
2021年02月28日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地を抜けるところは倒木が多い
広い細川尾根
2021年02月28日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い細川尾根
細川尾根のシンボルツリー
2021年02月28日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細川尾根のシンボルツリー
3
上部には山毛欅の大樹も
2021年02月28日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部には山毛欅の大樹も
3
あれっ!一眼レフが動かない!
しばらくiPhoneで撮影します
2021年02月28日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ!一眼レフが動かない!
しばらくiPhoneで撮影します
4
武奈ヶ岳山頂はガス
えびのしっぽが少しだけ
山頂は風強く寒いので通過します
2021年02月28日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳山頂はガス
えびのしっぽが少しだけ
山頂は風強く寒いので通過します
3
コヤマノ分かれまでの下りは
霜柱をサクサクと踏んで
まだ泥濘んでません
2021年02月28日 10:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ分かれまでの下りは
霜柱をサクサクと踏んで
まだ泥濘んでません
1
コヤマノ岳のブナ林には霧氷なし
2021年02月28日 10:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳のブナ林には霧氷なし
5
旧ゲレンデ最上部より
2021年02月28日 10:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧ゲレンデ最上部より
1
八雲ヶ原
誰もいません
2021年02月28日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原
誰もいません
広谷付近が今日の雪の最深部でした
2021年02月28日 11:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広谷付近が今日の雪の最深部でした
2
ナガオから見る武奈ヶ岳
2021年02月28日 11:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガオから見る武奈ヶ岳
2
釣瓶岳が近づいてきました
2021年02月28日 11:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳が近づいてきました
雪のあるところには雪庇が
2021年02月28日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のあるところには雪庇が
2
高島方面
2021年02月28日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高島方面
このあたりは雪原
気持ちよく歩けます
2021年02月28日 11:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは雪原
気持ちよく歩けます
3
ここにも雪庇
2021年02月28日 11:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも雪庇
5
振り返ると武奈ヶ岳が
2021年02月28日 11:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると武奈ヶ岳が
蛇谷ヶ峰を見る
2021年02月28日 11:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰を見る
2
武奈の北稜にはそこそこ雪がありますね
北稜を辿ってもう一度武奈に登りたいけど
時間がないので叶わず
2021年02月28日 11:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈の北稜にはそこそこ雪がありますね
北稜を辿ってもう一度武奈に登りたいけど
時間がないので叶わず
4
P1040への登り返し
2021年02月28日 11:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1040への登り返し
4
ここで一眼レフ復活!
でも、もうここから下ります
2021年02月28日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一眼レフ復活!
でも、もうここから下ります
2
ナガオを見る
2021年02月28日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナガオを見る
釣瓶岳を見る
2021年02月28日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳を見る
最後にもう一度武奈ヶ岳を拝んで
P1040から細川に尾根伝いに下ります
2021年02月28日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にもう一度武奈ヶ岳を拝んで
P1040から細川に尾根伝いに下ります
2
上部は気持ちいい広い尾根
2021年02月28日 12:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は気持ちいい広い尾根
急坂を下り、道らしくなってきたなと思ったら
すぐに細川です
2021年02月28日 13:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を下り、道らしくなってきたなと思ったら
すぐに細川です

感想/記録
by HB1214

この冬は雪山に行く機会をことごとく逃している。
このまま雪を見ることもなく春を迎えるのも、なんだかくやしいので、時間が限られた中ではあるが、比良に行くことに。

細川尾根では標高700m付近でようやく雪が見られる。しかしチェーンスパイク等も必要なく武奈にまで登る。
武奈ヶ岳ではガスで視界なく、強風と寒さで通過。きょうは山頂で男性単独行のお二方に会ったのみで、この後山中では誰にも会わず。

八雲ヶ原で早いランチを済ませ、ナガオ経由で釣瓶岳に向かう。
ナガオにはそこそこ雪はあるのではないかと思っていたが、稜線には雪があったりなかったり。でも雪が多いところには立派な雪庇が張り出している。

ナガオから左手に見る武奈ヶ岳北稜にはたっぷり雪がありそう。
もう一度武奈に登りたいが時間がないので、泣く泣く八幡谷右岸尾根を下る。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:436人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 2450
2021/3/4 17:56
 HB1214さん、こんにちは。
 冬季の細川尾根は通の方にはメジャーとか。私はソロでのラッセル地獄を考えるとよー行きませんけどね。ナガオ尾根もいいですね。

一眼レフの調子が悪かったのですか?寒さですかね。iPhoneは寒さに弱くて、山頂に近づくころに動かなくなって、下山してたら復活したとかちょくちょく聞きますけど、最近のは防水機能もアップしてどうなのかな〜
娘のお古のiPhone Xを狙ってましたが、もらえんかった〜 カメラは秀逸で綺麗ですものね。

アイゼン無しで山頂まで上がれたとのことですが、冬季のこのルートを5時間ですか… 凄いです。
登録日: 2017/2/18
投稿数: 361
2021/3/5 9:49
 Re: HB1214さん、こんにちは。
no2さん、おはようございます。

積雪は標高800〜900m以上からだったので、ラッセル不要、歩く速度も無積雪時と変わらず歩けました。ナガオや武奈北稜の一部で一部多いところはありましたが、沈むわけでもなく、滑るわけでもなく、快適でしたよ。

一眼レフはもう相当古いのでいつどうなってもおかしくないのです。バッテリーも弱ってきているみいたいです。iPhoneもしかり、古くてずっと充電しながら歩いていますが、寒さには弱いですね。
どちらも新しいのがほしいです!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 雪庇 GPS 右岸 倒木 霜柱 ブナ 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ