また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3072134 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 尾瀬・奥利根

会津駒ケ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
テニスコート脇の駐車場に停めた。この日はまだ寒くて朝方は-6℃、路面凍結は無かったけど、まだ冬タイヤだったので安心でした。
相変わらず塩原温泉から先は長い。最終コンビニは塩原温泉の山道に入る前なので注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
57分
合計
7時間24分
S村営グラウンド05:1605:20会津駒ヶ岳登山口05:2105:47会津駒ヶ岳滝沢登山口05:5806:41ヘリポート跡06:4207:39水場07:4009:37会津駒ヶ岳09:5510:12駒の小屋10:3611:18水場11:44ヘリポート跡12:18会津駒ヶ岳滝沢登山口12:1912:34会津駒ヶ岳登山口12:40村営グラウンドG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆滝沢登山口の先まで
登山口までは冬道が使える。ヘリポートまで直登の冬道は今回は使わず階段を上がった。階段の少し先までは夏道が出てる。ヘリポート手前の坂下から雪道が続くのでアイゼンを付けた(12本)。今シーズン最初の雪山登山となった。
◆ヘリポート〜森林限界
比較的急な上り坂が続く。午前中の早い時間は雪が締まっておりアイゼンのみで大丈夫(スノーシューは車に置いていった)。久しぶりの山行で体も重く、標高差のある山を選んだので疲れて、かなりのペースダウン。樹木が減ってくると展望が開けて楽しい。天気良くて左手に燧ヶ岳が見えてくる。
◆森林限界〜山頂
展望が一気に開けてテンション上がる。山頂手前の登りは疲れて登るのが大変だけど景色に癒さる。
◆下山
雪が緩んでくるけどアイゼンのまま下った。踏み抜きはありませんでした。
その他周辺情報駒ケ岳のあとはいつも”駒の湯”に行くのだけど工事中で営業してなかった。仕方ないので”燧の湯”に行ったらちょうど13時からの清掃時間で入れず。

写真

国道脇の登山口から進む。本当に久しぶりの山行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道脇の登山口から進む。本当に久しぶりの山行。
1
直ぐに雪道、アプローチ道路をショートカットする冬道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに雪道、アプローチ道路をショートカットする冬道を進む。
1
朝日がまぶしい。天候に恵まれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日がまぶしい。天候に恵まれました。
1
滝沢登山口の階段。夏はここまで車で登れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢登山口の階段。夏はここまで車で登れる。
1
階段上って少しの間は夏道。少し先で雪が出てきたらアイゼンを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段上って少しの間は夏道。少し先で雪が出てきたらアイゼンを装着。
1
開けたヘリポートまで登ってきた。真っ青な空がウレシイです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたヘリポートまで登ってきた。真っ青な空がウレシイです。
1
この先は地味な登りが続く。そして結構な急登、久しぶりの登山で体が重たいし、硬い冬靴もつらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は地味な登りが続く。そして結構な急登、久しぶりの登山で体が重たいし、硬い冬靴もつらい。
1
我慢の登りが続いてようやく木々の背丈が低くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我慢の登りが続いてようやく木々の背丈が低くなってきた。
1
森林限界を抜けるとこの景色。青空に雪山が映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を抜けるとこの景色。青空に雪山が映える。
3
山頂に向かって進む。開けた展望は気持ち良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かって進む。開けた展望は気持ち良い。
4
振り返ると日光連山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると日光連山。
2
こちらは那須方面。4月なので遠くは春霞。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは那須方面。4月なので遠くは春霞。
2
目指す山頂はもう少し。それにしても良い天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す山頂はもう少し。それにしても良い天気。
2
疲れました。最後の登りは一歩が出ない。時間は十分なのでゆっくり登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れました。最後の登りは一歩が出ない。時間は十分なのでゆっくり登る。
2
山頂に到着。この標識は数mあるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。この標識は数mあるはず。
6
登ってきた方向。景色が開けてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた方向。景色が開けてる。
2
西には越後の山々。さすがに雪深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西には越後の山々。さすがに雪深い。
2
中門岳への稜線。向かっている人もいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中門岳への稜線。向かっている人もいました。
4
三岩岳方向から縦走している人もいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三岩岳方向から縦走している人もいた。
3
遠くに飯豊山が薄く見えていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに飯豊山が薄く見えていた
3
山頂展望を楽しんだので下山開始。この広くて開けた稜線歩きは楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂展望を楽しんだので下山開始。この広くて開けた稜線歩きは楽しい。
1
尾瀬の燧ヶ岳と至仏山、昨年は行けなかったので近いうちに行きたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬の燧ヶ岳と至仏山、昨年は行けなかったので近いうちに行きたい。
4
戻りは駒の小屋方向に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りは駒の小屋方向に進む。
1
駒の小屋まで戻ってきた。今年のGWは小屋開けしないので、まだ雪に埋まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋まで戻ってきた。今年のGWは小屋開けしないので、まだ雪に埋まっている。
2
小屋の後ろから見る、燧ヶ岳に続くこの稜線展望は大好き。いつもここに立ち寄ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の後ろから見る、燧ヶ岳に続くこの稜線展望は大好き。いつもここに立ち寄ります。
2
景色を見ながらコーヒーブレーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を見ながらコーヒーブレーク。
1
山頂方向を見返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向を見返す。
1
少し休憩したので下山開始。日光連山には雲がかかってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩したので下山開始。日光連山には雲がかかってきた。
1
もう一度、山頂方向を見返す。この山は雪山で来ることが多いので、今度はハクサンコザクラの時期かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、山頂方向を見返す。この山は雪山で来ることが多いので、今度はハクサンコザクラの時期かな。
1
最後まで良い天気で楽しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで良い天気で楽しかった。
1
まもなく森林限界に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく森林限界に入ります。
1
こうやって見ると結構な急坂、下りも気が抜けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見ると結構な急坂、下りも気が抜けない。
1
なんとか階段まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか階段まで戻ってきました。
1
駒の湯に行ったら改装中、写真の燧の湯に来たら清掃時間だった。残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の湯に行ったら改装中、写真の燧の湯に来たら清掃時間だった。残念。
1

感想/記録

天気図は高気圧ど真ん中、好天が約束された日曜日に会津駒ケ岳に行ってきた。今シーズンは雪山に登ってないので、まだたっぷり雪のある山と思って檜枝岐までやってきた。この山は意外と標高差があるので、久々の雪山は大変だったけど山頂からの開けた景色は素晴らしく、疲れたけど来てよかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:205人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/11
投稿数: 2159
2021/4/16 0:38
 立ち寄る場所
こんばんは、skrgitavさん。
もしかして駒の小屋後ろで会っていましたでしょうか?
自分がちょうど休憩を終えるタイミングで
お一人の方と一言二言お話した記憶が・・・
その際に「いつもここに立ち寄る」と言われていた思いますので。

駒の小屋後ろは自分も立ち寄る場所です。
そこでよく休憩をしています。
稜線の先に燧ケ岳と至仏山を望む景色は良いですよね
登録日: 2011/10/14
投稿数: 214
2021/4/16 9:53
 Re: 立ち寄る場所
wakasatoさん、こんにちわ。
あの小屋の後ろから見る景色は、稜線から続く燧ヶ岳が美しく山頂よりもゆっくりと休憩できることから、お気に入りの場所です。いつもは人がいないことが多いのに、景色を楽しんでいる方がいたので、思わず声をかけてしまいました。
それにしても歩くのが早いですね、うらやましいです。同じような山域を歩いているようなので、またどこかで。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ