また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3109758 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

高妻山

情報量の目安: C
-拍手
日程 2021年04月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇、晴れ
アクセス
利用交通機関
戸隠キャンプ場前の登山者無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間19分
休憩
1時間17分
合計
10時間36分
S戸隠キャンプ場バス停05:2905:33戸隠キャンプ場05:39戸隠牧場入口05:4505:53弥勒尾根コース分岐06:01弥勒尾根入口06:0707:08弥勒尾根1596m点07:1308:49五地蔵山08:5009:30八観音09:4011:18高妻山11:3812:35八観音13:12五地蔵山14:08一不動14:11一不動避難小屋14:1314:24一杯清水14:3214:32帯岩14:5115:40ゲート15:47弥勒尾根コース分岐15:55戸隠牧場入口16:01戸隠キャンプ場16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
五地蔵山手前急登で12本装着。
五地蔵山〜急登 夏道、雪庇歩き慎重に
最後の急登 デブはきつい
山頂 大パノラマ
五地蔵山〜一不動避難小屋 ルート不明瞭区間あり 1857ピーク付近
〜 一杯清水 ルート不明瞭 
〜 不動滝(帯岩)ルート不明瞭 沢を渡るポイント不明
帯岩 鎖寸断 岩が濡れてつるつる 危険ポイント
滑滝 滑ってブラックホールに落ちないように慎重に! 鎖あり
〜 ゲート 上部はルート不明瞭、目印なし、渡渉たくさん基本石がツルツルですべる慎重に、後半ルート明瞭、看板もたくさん 
コース状況/
危険箇所等
一不動避難小屋からのルートは雪が溶けるまで使わない方がいいかと。ルート不明瞭、帯岩、濡れた岩場トラバースあり、鎖が寸断されてます
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

感想/記録

草津でゆっくりしたあと、白根山の横を車で通過し戸隠に転戦。
歩き出し晴れ→曇り→途中小雨→晴れ→曇→時々強風、急登を上り山頂についた瞬間晴れた。

五地蔵山まで3時間でお腹いっぱいだったが、ひょっこり高妻山頂がみえ
近いじゃんって騙されえげつないアップダウン
最後の急登は四つん這い、下りは雪が踏ん張り聞かずコントロール下の滑落。

下りルートは登りと同じとこあるきたくないので、五地蔵山から戸隠山方面へ稜線歩き。
これが大失敗。
このルートこの時期危険箇所多め、
一不動避難小屋から降りるルートは、
積雪多めでルート不明瞭、目印見当たらず、ヤマレコたよりに降りる
滑るり落ちるに近い感じ。最終的に沢に向かうので

最初の渡渉ポイントがわからず、ヤマレコ頼りに行くと目の前、雪の壁。
取り付きよじ登りるとヤブの尾根。そのままヤブを降りれば登山道に合流するのだが、
判断ミスで そのままツルツル岩を木の枝を頼りに下降ししてしまった。
無事登山道合流
ツルツル岩のトラバースの途中に出た。しかし鎖場なんだけど鎖が寸断
つるつる+靴先だけの足場を5mトラバース。。

そこからもルート見失い、慣れてきた滑り降り技で沢に降りて踏み抜かないよう注意しながら
沢の上を降りた。

登山道に合流すると何度も渡渉させられて、その度ドボンする。靴チャプチャプ言わせながら

このルート雪が溶けるまでこのルート使わないほうがよい。

*戸隠牧場を進んでると登山届出すところあり。
*帰りの温泉 神のお告げ温泉 飯食えます。ピンバッジ有り(戸隠、高妻)だが売り切れ
*牧場入口前の道路沿いが登山者無料P、トイレあり
*弥勒尾根ルートがまだ安全
*一不動避難小屋は緊急時用のため計画に入れてはだめ、トイレなし、携帯トイレブースあり


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:512人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ