また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3139514 全員に公開 ハイキング 奥秩父

帯那山(南の林道から往復)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月02日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口のスペースに駐車
トイレなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
29分
合計
3時間44分
S帯那山登山口09:0109:38水ヶ森林道10:09電波塔10:43帯那山10:58奥帯那山11:11帯那山11:4012:24水ヶ森林道12:45帯那山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし
倒木が多い

写真

帯那山登山口の側にあるスペースに車を停める。標高1020m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯那山登山口の側にあるスペースに車を停める。標高1020m。
登山口と思われる場所にロープが張られている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口と思われる場所にロープが張られている。
よく見ると標識があるので、ここが帯那山の登山口で間違いなさそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると標識があるので、ここが帯那山の登山口で間違いなさそうだ。
登山道からすぐのところに祠がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道からすぐのところに祠がある。
針葉樹と広葉樹の新緑が混ざる道を歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹と広葉樹の新緑が混ざる道を歩いていく。
この道はやたら倒木が多い。乗り越えたり潜ったりが大変だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はやたら倒木が多い。乗り越えたり潜ったりが大変だ。
木がつっかえ棒の上に倒れこんでいる。奇跡のバランスだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木がつっかえ棒の上に倒れこんでいる。奇跡のバランスだ。
水ヶ森林道に出てくる。
ここから林道を歩く選択肢もあるが、往路は尾根道を歩くことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ森林道に出てくる。
ここから林道を歩く選択肢もあるが、往路は尾根道を歩くことにする。
林道に標識はなかったが、少し登ると標識が見つかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に標識はなかったが、少し登ると標識が見つかる。
しばらく歩くとはげ山に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くとはげ山に出てくる。
木がない分、展望は非常に良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木がない分、展望は非常に良い。
下の方から見えていた建物。
何だろうと思って近づいてみたが、どうやら電波塔のようで
特に面白い施設ではないようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方から見えていた建物。
何だろうと思って近づいてみたが、どうやら電波塔のようで
特に面白い施設ではないようだ。
少し離れたところから電波塔を眺める。
おしゃれな建物で公園にある展望台のように見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れたところから電波塔を眺める。
おしゃれな建物で公園にある展望台のように見える。
こちらの道も林道に出てくる。走ってる車があるのが驚きだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの道も林道に出てくる。走ってる車があるのが驚きだ。
この辺りは桜が咲いている。これは植えられたものだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは桜が咲いている。これは植えられたものだろうか?
富士山が見えるが残念ながら頭は雲の中だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えるが残念ながら頭は雲の中だ。
しばらく林道歩きを強いられる。この辺りは林道だらけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道歩きを強いられる。この辺りは林道だらけだ。
牧場のゲート。すでに牧場は閉鎖されていて、かつて牧場があった面影はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場のゲート。すでに牧場は閉鎖されていて、かつて牧場があった面影はない。
帯那山山頂に到着。標高1370m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯那山山頂に到着。標高1370m。
車道から離れて登山道に入ると、すぐに山頂部が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から離れて登山道に入ると、すぐに山頂部が見えてくる。
山頂からの展望は南の方面が開けている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの展望は南の方面が開けている。
1
山頂は広々としている。廃墟となっているコンクリートの建物が建っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広々としている。廃墟となっているコンクリートの建物が建っている。
娘はこういうところを覗くのが好き。内部を物色している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘はこういうところを覗くのが好き。内部を物色している。
昼食をとる前に奥帯那山を往復することにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとる前に奥帯那山を往復することにする。
すぐに奥帯那山に到着。標高1422m。
こちらが帯那山の本当の山頂のようだ。残念ながらこちらは展望がない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに奥帯那山に到着。標高1422m。
こちらが帯那山の本当の山頂のようだ。残念ながらこちらは展望がない。
帯那山に戻ってきて昼食をとる。
戻ってきたら登山者の数が増えていて、数グループが休んでいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯那山に戻ってきて昼食をとる。
戻ってきたら登山者の数が増えていて、数グループが休んでいる。
昼食をとったら下山開始。下山は尾根道コースではなく林道コースを歩く。
左手には金峰山が見えている。山頂部は雪で薄らと白く染まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとったら下山開始。下山は尾根道コースではなく林道コースを歩く。
左手には金峰山が見えている。山頂部は雪で薄らと白く染まっている。
林道から分かりにくい分岐のショートカット道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から分かりにくい分岐のショートカット道に入る。
ミツバツツジが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが咲いている。
立派な林道に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な林道に出てくる。
この辺りも桜がきれい。尾根の上に、往路で見学した電波塔が見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも桜がきれい。尾根の上に、往路で見学した電波塔が見えている。
尾根道と林道の分岐点まで戻ってくる。あとは元来た道を戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道と林道の分岐点まで戻ってくる。あとは元来た道を戻る。

感想/記録

山頂からの展望はそれなりに良かったが、登山道はあちらこちら林道だらけで何ともつまらなく、
歩いた距離も短かったため少々消化不良の登山だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:178人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 ミツバツツジ クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ