また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 315074 全員に公開 トレイルラン 東海

松葉洞+蕪山+あじさい祭り+温泉で大満足

情報量の目安: B
-拍手
日程 2013年06月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:50
距離
10.0 km
登り
1,362 m
下り
1,345 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

板取第一小学校跡(駐車)10:20→大道神社→石仏→尾根出合→松葉洞頂上11:00→(往路と同じ)→駐車地12:00

21世紀の森P12:30→(野鳥観察コース)→蕪山山頂13:30-13:50→株杉→駐車地14:40
コース状況/
危険箇所等
両山とも危険箇所なし。
松葉洞は道標なし、赤テープあり、頂上手前の分岐で迷いやすい。
過去天気図(気象庁) 2013年06月の天気図 [pdf]

写真

<松葉洞>
登山口の大道神社。
標識はなく、いきなり草ボウボウの道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<松葉洞>
登山口の大道神社。
標識はなく、いきなり草ボウボウの道です。
石仏。
この辺りも笹に覆われた道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏。
この辺りも笹に覆われた道です。
松葉洞山頂。
尾根すじに迷いやすいところがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松葉洞山頂。
尾根すじに迷いやすいところがあります。
山頂からの展望はありませんが、緑がとても美しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの展望はありませんが、緑がとても美しいです。
ギンリョウソウ。
一つだけ見つけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
一つだけ見つけました。
1
ささゆりがとてもきれいで、良い香りがします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ささゆりがとてもきれいで、良い香りがします。
1
蕪山山頂より、高賀山を望む。
ここからは白山、御岳、乗鞍が望めますが、今日は見えませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕪山山頂より、高賀山を望む。
ここからは白山、御岳、乗鞍が望めますが、今日は見えませんでした。
樹齢400〜500年の杉株。
周辺には70株ほどあるとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹齢400〜500年の杉株。
周辺には70株ほどあるとのこと。
「関市板取あじさいまつり」会場にて。
ご当地料理の『朴葉寿司』と『いももち』。
いももちは里芋とお米でできています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「関市板取あじさいまつり」会場にて。
ご当地料理の『朴葉寿司』と『いももち』。
いももちは里芋とお米でできています。
1
朴葉ずしは、鮭が入っていますが、鯖なども絶品です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朴葉ずしは、鮭が入っていますが、鯖なども絶品です。
満開の紫陽花です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開の紫陽花です。
県道52号線はあじさいロード。
道の両側に合計10万本が植わっているとか。
コチラもただいま満開です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道52号線はあじさいロード。
道の両側に合計10万本が植わっているとか。
コチラもただいま満開です。

感想/記録
by takibi

旧板取村の2つの山に登りました。

まずは「松葉洞」。
洞といっても山です。岐阜県には谷筋に入った地域や集落のことを洞ということが多いようで、韓国の町の名前などにもあるようです。
この山は登山口や道標、山頂の看板等は一切なく、赤テープ頼りで藪こぎのところが結構あったり、コースが荒れていて難儀でした。
そのうえ山頂では展望がなく、少しがっかりです。

もの足りないので、近くの「蕪山」へダブルヘッダーです。
こちらでは「ギンリョウソウ」や「ササユリ」に出会えて、展望も抜群。
下りでは空腹に耐えて走り終わったのが14時40分でした。まあ朝ご飯をたらふくいただいたので大丈夫。

下山後の昼食が15時頃になったのでビールと生きたいところでしたが、ここはノンアルコールで…。
その後は登山口の21世紀の森公園で開催されていた「関市板取あじさいまつり」では満開のあじさいや物産展やイベントでぎわっていました。

利用した板取川に沿った道路は「日本の道路100選」にも選ばれている『あじさいロード』といわれていて、24kmの間に10万本が植えられているそうです。

どちらの山もほとんどが木陰で楽しく登れました。最後の締めは車で10分ほどの板取川温泉でさっぱり。
2ヶ月先の「かっとび伊吹」に備えてトレランでの練習でしたが、2個の山とイベント、温泉と後に残った心地よい筋肉痛と共に、とても想い出に残る一日でした〜。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1861人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ