また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

ゴンニャク(ごんにゃく) / ワサ谷の頭・小ゴンニャク

最終更新:nagara
写真一覧へ ゴンニャク三角点
ゴンニャク山ゲ〜ット!
大ゴンニャク藪の中です、展望なし
ゴンニャク手前の岩陰で風をよけて昼食にします
基本情報
標高 1095m
場所 北緯35度45分07秒, 東経136度50分25秒
ゴンニャクは、蕪山の東に位置する郡上市との境界上の三等三角点峰(点名:和佐谷)である。
奇抜な山名が多い美濃の山の中でも、特に目を引くものであるが、その山名の由来は残念ながら分かっていない。
ただ、「続・岐阜百山」(恐らく当山の執筆は、故・酒井昭市氏)では、郡上市側の下山に「大ゴンニャク・小ゴンニャク」と呼ばれる谷が有るので、それに起因するのではないか、と視察している。
一方、大垣山岳会編「美濃の山(第二巻)」では、1994年9月に、板取・岩本集落の元猟師から、当山を「小ゴンニャク」、1100m峰を「大ゴンニャク」と呼んでいる事を採取している。
これらのことより、山名の由来は分からないが、郡上側・板取側共に、昔から当山を「ゴンニャク」と指呼していた可能性がある。
また、これらとは別に「奥美濃とその周辺の山130山」には、「ワサ谷の頭」として登場しているが、こちらはあまり通用していない。
ゴンニャクには登山道が無いので、入山はあくまで自己責任でお願いしたい。ただし、最も登られているワサ谷北の尾根は、773mピーク辺りの伐採地まで、旧作業道が残っており利用する事が出来る。
どのルートからも広葉樹が多く、春は新緑や山野草、秋は紅葉が楽しめる。ただし、あまり多くはないが、ダニやヒルを拾う事がある。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ゴンニャク」 に関連する記録(最新10件)

東海
  53    8 
blumfeld, その他1人
2018年11月11日(日帰り)
東海
  39   11 
muthuki, その他1人
2018年11月11日(日帰り)
東海
  49    11 
2018年11月04日(日帰り)
東海
  26    19 
graichiyuki-su, その他4人
2017年11月12日(日帰り)
東海
  14    2 
2016年11月23日(日帰り)
東海
  68     16  2 
hermit-crab, その他1人
2016年11月13日(日帰り)
東海
  47    28 
1945my, その他11人
2016年11月03日(日帰り)
東海
  16    22 
2015年05月28日(日帰り)
東海
  16    12  2 
2014年04月20日(日帰り)
ページの先頭へ