また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3155386 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 赤城・榛名・荒船

水沢山から榛名湖周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
33.0 km
登り
2,980 m
下り
2,973 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間16分
休憩
1時間36分
合計
11時間52分
S水沢観音大駐車場04:3204:35観音裏PA05:20水沢山05:3205:51水沢山登山口05:5206:04つつじが峰06:0606:32雌岳06:3606:53雄岳06:5907:19オンマ谷駐車場07:2107:33ヤセオネ峠07:3407:45臥牛山07:4707:55ヤセオネ峠07:5608:14蛇ケ岳西登山口08:1508:24蛇ヶ岳08:2708:32登山口08:45烏帽子ヶ岳登山口鳥居08:4608:58鞍部08:5909:13烏帽子ヶ岳09:1609:26鞍部09:2709:45鬢櫛山09:4910:08掃部ヶ岳登山口10:0910:23硯岩10:2510:49掃部ヶ岳10:5111:12湖畔の宿公園11:3511:43氷室山登山口11:55氷室山11:5812:14天目山12:1512:36三ツ峰山分岐12:49三ツ峰山12:5012:59三ツ峰山分岐13:29磨墨岩13:3513:49相馬山の鳥居13:5014:08相馬山14:1014:21相馬山の鳥居14:2214:34ヤセオネ峠14:3914:50オンマ谷駐車場14:5115:16つつじが峰15:1715:35つつじが丘15:3616:09憩いの森県道端16:24水沢観音大駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
疲れてからの相馬山の岩場などの上り下りは特に注意。天気いいと気温上昇にも注意した方がいい。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

日の出前の水沢山へ
2021年05月04日 04:26撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前の水沢山へ
いつもどおり山頂へ。これから回ろうと思っている山を見て遠いなあと思ってしまう。
2021年05月04日 05:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもどおり山頂へ。これから回ろうと思っている山を見て遠いなあと思ってしまう。
子持山から赤城山、霞んでいるけど天気はよいな。
2021年05月04日 05:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子持山から赤城山、霞んでいるけど天気はよいな。
小休止したら榛名側へ降ります。一部ヤセてるとこもあります。
2021年05月04日 05:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止したら榛名側へ降ります。一部ヤセてるとこもあります。
車道を渡ってつつじが峰までは緩い登り。トレランさんなら元気に走るだろうがオジサンは歩いて行きます。
2021年05月04日 06:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を渡ってつつじが峰までは緩い登り。トレランさんなら元気に走るだろうがオジサンは歩いて行きます。
先に二ッ岳へ
2021年05月04日 06:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に二ッ岳へ
先に雌岳山頂へ。西側は木が混みあっていて展望はないが東はいい展望
2021年05月04日 06:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に雌岳山頂へ。西側は木が混みあっていて展望はないが東はいい展望
さっき登っていた水沢山の山頂がきれいに尖がって見える。
2021年05月04日 06:35撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登っていた水沢山の山頂がきれいに尖がって見える。
一旦下って、次は雄岳へ
2021年05月04日 06:43撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下って、次は雄岳へ
岩歩きの先に電波塔。建物の脇を抜ければ山頂。
2021年05月04日 06:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩歩きの先に電波塔。建物の脇を抜ければ山頂。
狭い雄岳山頂。
2021年05月04日 06:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い雄岳山頂。
山頂からはオンマ谷を挟んで相馬山の岸壁が見える。最後に登ろうと考えているが疲れた体にはきついかなと心配になる。
2021年05月04日 06:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からはオンマ谷を挟んで相馬山の岸壁が見える。最後に登ろうと考えているが疲れた体にはきついかなと心配になる。
1
榛名の真ん中は榛名富士、今回は時間の関係で麓を通るだけ。
2021年05月04日 06:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名の真ん中は榛名富士、今回は時間の関係で麓を通るだけ。
1
近くの岩場上からはさっき登ってきた雌岳、その左に尖った水沢山が見えていた。
2021年05月04日 07:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの岩場上からはさっき登ってきた雌岳、その左に尖った水沢山が見えていた。
次はオンマ谷PAまで進み、車道を歩いて県道(ヤセオネ峠)へ。県道を渡り林道から臥牛山へ行きますよ。
2021年05月04日 07:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はオンマ谷PAまで進み、車道を歩いて県道(ヤセオネ峠)へ。県道を渡り林道から臥牛山へ行きますよ。
林道から小尾根を進むと岩場があり左側から岩上へ出る。
2021年05月04日 07:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から小尾根を進むと岩場があり左側から岩上へ出る。
岩を進んだところが臥牛山山頂でした。
2021年05月04日 07:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を進んだところが臥牛山山頂でした。
山頂からさっき登ってきた雄岳、その左にわずか水沢山
2021年05月04日 07:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からさっき登ってきた雄岳、その左にわずか水沢山
これから進む烏帽子岳。いや〜距離があるね。県道へ戻ったら、ゆうすげ温泉方面の車道を歩いていく。
2021年05月04日 07:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む烏帽子岳。いや〜距離があるね。県道へ戻ったら、ゆうすげ温泉方面の車道を歩いていく。
1
オートキャンプ場を過ぎて峠っぽいところが蛇ヶ岳登山口。わずか急登で蛇ヶ岳山頂でした。キャンプ場側からもしっかりした踏跡があったので、キャンプついでに登る人がいるんでしょう。
2021年05月04日 08:25撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オートキャンプ場を過ぎて峠っぽいところが蛇ヶ岳登山口。わずか急登で蛇ヶ岳山頂でした。キャンプ場側からもしっかりした踏跡があったので、キャンプついでに登る人がいるんでしょう。
再び車道を歩いて榛名富士の登山口を過ぎ、烏帽子岳登山口で水仙畑の写真を撮ったら、烏帽子岳へ向かう。緩く登っていくと鞍部へ着くので、右の烏帽子岳へ
2021年05月04日 09:00撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び車道を歩いて榛名富士の登山口を過ぎ、烏帽子岳登山口で水仙畑の写真を撮ったら、烏帽子岳へ向かう。緩く登っていくと鞍部へ着くので、右の烏帽子岳へ
鳥居を潜っていきます。
2021年05月04日 09:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居を潜っていきます。
急登が終わると緩い笹原になり、その先が山頂。山頂自体はあまり展望は良くないが、わずか先の岩場上からは展望がある。
2021年05月04日 09:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が終わると緩い笹原になり、その先が山頂。山頂自体はあまり展望は良くないが、わずか先の岩場上からは展望がある。
岩場上から、榛名湖の向こうに進む掃部ヶ岳や氷室山などが見える。
2021年05月04日 09:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場上から、榛名湖の向こうに進む掃部ヶ岳や氷室山などが見える。
1
鞍部まで一旦下り、今度はそのまま鬢櫛山へ。こちらも山頂自体は展望があまりないので小休止したら掃部ヶ岳側へ降ります。
2021年05月04日 09:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで一旦下り、今度はそのまま鬢櫛山へ。こちらも山頂自体は展望があまりないので小休止したら掃部ヶ岳側へ降ります。
掃部ヶ岳を見ながら下っていく。
2021年05月04日 09:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳を見ながら下っていく。
一旦県道に出たら、榛名湖側からの登山道に入る。鞍部から硯岩に寄り道して榛名湖を眺めてから掃部ヶ岳への登りにかかる。去年歩いた時より笹狩りがされていて登りやすい。
2021年05月04日 10:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦県道に出たら、榛名湖側からの登山道に入る。鞍部から硯岩に寄り道して榛名湖を眺めてから掃部ヶ岳への登りにかかる。去年歩いた時より笹狩りがされていて登りやすい。
山頂手前から榛名湖、そして右に続く外輪山を歩かねばならない。山頂は狭く登山者がくるので写真撮ったらすぐ下る。
2021年05月04日 10:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前から榛名湖、そして右に続く外輪山を歩かねばならない。山頂は狭く登山者がくるので写真撮ったらすぐ下る。
途中の分岐を公園側に降りると結構急な下りが続きます。
2021年05月04日 10:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の分岐を公園側に降りると結構急な下りが続きます。
湖畔の公園で昼休憩。木陰でラーメン作って栄養補給していく。
2021年05月04日 11:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔の公園で昼休憩。木陰でラーメン作って栄養補給していく。
天神峠の石籠を見て、先から再び登山道へ
2021年05月04日 11:43撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠の石籠を見て、先から再び登山道へ
氷室山までは、木段が整備されていて、この登りが意外ときつい。
2021年05月04日 11:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室山までは、木段が整備されていて、この登りが意外ときつい。
氷室山から先、一部ヤセてるとこは鉄フェンスもあるんだね。
2021年05月04日 12:03撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷室山から先、一部ヤセてるとこは鉄フェンスもあるんだね。
天目山へ到着。細かいアップダウンがジャブのようにきいてくる。
2021年05月04日 12:16撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山へ到着。細かいアップダウンがジャブのようにきいてくる。
途中、三峰山へ寄り道。
2021年05月04日 12:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、三峰山へ寄り道。
相馬山が大分近づいてきた。
2021年05月04日 13:02撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山が大分近づいてきた。
よせばいいのにスルス岩にも登っていた。
2021年05月04日 13:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よせばいいのにスルス岩にも登っていた。
やっと相馬山の登り口です。
2021年05月04日 13:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと相馬山の登り口です。
鉄ハシゴもあったりで距離はわずかだけど、脚にこたえる。
2021年05月04日 13:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄ハシゴもあったりで距離はわずかだけど、脚にこたえる。
相馬山へ登る人もいるので、写真撮ったらさっさと降ります。山頂からはわずかに水沢山が見えていた。
2021年05月04日 14:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山へ登る人もいるので、写真撮ったらさっさと降ります。山頂からはわずかに水沢山が見えていた。
ヤセオネ峠へ戻ったら車道を歩いて再びオンマ谷PAへ。今度はオンマ谷を歩いて行きます。大分整備されてはいるけど、疲れた脚には結構こたえる。
2021年05月04日 14:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠へ戻ったら車道を歩いて再びオンマ谷PAへ。今度はオンマ谷を歩いて行きます。大分整備されてはいるけど、疲れた脚には結構こたえる。
谷から二ッ岳分岐までの登り返しから相馬山をもう一度眺める。
2021年05月04日 15:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷から二ッ岳分岐までの登り返しから相馬山をもう一度眺める。
つつじが峰まで戻れば、あとは基本下りだが、つつじが丘から憩いの森麓までの下りはじわじわと膝にきいてくる。やっと県道まで降りたら県道沿いを戻る。
2021年05月04日 16:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじが峰まで戻れば、あとは基本下りだが、つつじが丘から憩いの森麓までの下りはじわじわと膝にきいてくる。やっと県道まで降りたら県道沿いを戻る。
麓から朝一で登った水沢山を眺めながら
2021年05月04日 16:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓から朝一で登った水沢山を眺めながら
大駐車場にぽつんと止まっている愛車に戻って終了。長い1日が終わりました。
2021年05月04日 16:25撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大駐車場にぽつんと止まっている愛車に戻って終了。長い1日が終わりました。

感想/記録

GWはコロナ感染拡大中のため遠征は自粛、そのためホーム周辺で体力維持するしかない。それでもたまには体に喝を入れなければと、いつもの水沢山から眺める榛名の山々を歩くことにした。激しい上り下りよりも間の移動や、細かいアップダウン、そして麓から登れば、最後は麓に降りなければならないということで、予想より時間がかかりました。もう2時間早く出発できれば榛名富士や杏ヶ岳も登れたかもしれませんが、休日に暗くなったらビールを飲むクセのあるオジサンの活動時間は12時間がリミット、元気のある方は是非歩いてみてください。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:329人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 急登 林道 外輪山 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ