また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 316251 全員に公開 ハイキング東北

秋田県 前神室山、神室山

日程 2013年07月01日(月) [日帰り]
メンバー
天候午前中は晴天、午後3時頃から1時間ほど夕立
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

7:30 秋田県側の登山口スタート
13:45 避難小屋から下山開始
17:30 登山口に無事到着
過去天気図(気象庁) 2013年07月の天気図 [pdf]

写真

須川温泉から焼石方向の雲海。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須川温泉から焼石方向の雲海。
1
車がここまでは入れませんでした。手前の鳥居近くに置きました。鳥居から中に入ってみたのですが、道が悪くて、戻りました。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車がここまでは入れませんでした。手前の鳥居近くに置きました。鳥居から中に入ってみたのですが、道が悪くて、戻りました。
パノラマコースは右です。登山者名簿を書きました。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースは右です。登山者名簿を書きました。
パノラマコースはこんな感じが続きます。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースはこんな感じが続きます。
いっぷく平。この辺は少し平坦ですが、又登りが続きます。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっぷく平。この辺は少し平坦ですが、又登りが続きます。
なんという花でしょうか?終わりましたね。

ツクバネソウ Springさんより教えて頂きました。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんという花でしょうか?終わりましたね。

ツクバネソウ Springさんより教えて頂きました。
遠くに自分のホームマウンテン、須川岳が見えます。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに自分のホームマウンテン、須川岳が見えます。
第2ピークからでしょうか?
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ピークからでしょうか?
ギンリョウソウ。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
カタクリ。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ。
これは何というのでしょうか?

ツバメオモト Springさんより教えて頂きました。
2013年07月02日 10:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何というのでしょうか?

ツバメオモト Springさんより教えて頂きました。
1
シラネアオイ。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。
1
花の名前教えて下さい。どうも最近同じようなことを聞く癖がついてます。覚えられないのですが。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の名前教えて下さい。どうも最近同じようなことを聞く癖がついてます。覚えられないのですが。
1
前神室山。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山。
山形県へ下りる分岐点(有屋口へ)から見た、前神室山。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山形県へ下りる分岐点(有屋口へ)から見た、前神室山。
1
こっちが神室山。やや右方向に、避難小屋が見えます。
あそこまで行くぞ。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが神室山。やや右方向に、避難小屋が見えます。
あそこまで行くぞ。
シャクナゲ。白いのと紅いのがありました。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。白いのと紅いのがありました。
ニッコウキスゲ。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。
1
不気味なガスが掛かってきました。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不気味なガスが掛かってきました。
午後1:45頃、避難小屋を出ました。もうあたりはガスだらけ。雷も聞こえ始めました。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後1:45頃、避難小屋を出ました。もうあたりはガスだらけ。雷も聞こえ始めました。
頂上で1枚を撮って、後はひたすら間違わないで帰ることに集中です。
2013年07月02日 10:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上で1枚を撮って、後はひたすら間違わないで帰ることに集中です。
1
撮影機材:

感想/記録
by isam

前神室山までは、まずまずの天候でしたし、ズート登りでしたがなんとか、神室山までは行けそうかなあ、と思ってました。

参考したブログに依れば、パノラマコースは登りがきつそうで、西の又コースはそうでも無いそんな雰囲気を感じました。山登りは、登りがきつくても、帰りは緩やかな方が良いだろう、と思ってます。下りが怖いのは、誰も同じです、疲れも来ます。

でも結構逆の方が多いようには感じてました。自分はパノラマコースから西の又コースで帰るつもりでした。なんの疑問も持たず。


落とし穴は、雨でした。雷と共に15時くらいからでしょうか?豪雨が降り始めました。この時点で西の又コースを大分下ったと思ったのですが、それ程下ってませんでした。その前に雪渓が2カ所有りました。視界は効きません。こうなるとガーミンの表示の通り進むしか無いです。なんとか雪渓はお陰でクリアできました。西の又コースのトラックにかなりギザギザした部分が有るのですが、そこは急な下りです。

その辺から豪雨です。カメラを保護するために早めにポンチョを着ました。雷も何度か鳴ってましたが、その辺は大きい木も多いので、雷の直撃は無いだろうと少し安心です。月山へ登った時を思い出し、これくらいなら大丈夫だと行ける。

コース自体は焼石の経塚山と似てる、そんな安心感が少しありました。

実はこの後が大変でした。沢を渡る箇所が2カ所。それも大雨の影響で水がかなり増えてます。どちらかというと、最初の方が大変でした。どうせ濡れてるので、ストックを頼りに水に入りました。

怖いのは転倒です。カメラは勿論、自分もどうなるか分かりません。なんとか転倒もせずにクリアできました。まだ川を渡るところがあったとこの時点で思い出しました。下流なので万が一渡れなかったらどうしよう、水が引くまで待つしか無い、遭難。これは嫌だ。とか考えてたら、その場所です。これは前よりは楽そう。やはりストックの力は大きい。

そう感じたのですが、この辺からの登山道は酷いものでした。土砂が崩れているし、人が

辛うじて歩けるだけの幅しかありません。雨で土が流れてます。怖いの連続です。

吊り橋も怖かったのですが、2カ所有りました。最初の吊り橋に2番目の川を渡る地点と書いてまして、自分は沢を2回渡ったので、後は無いだろうと思ってました。その後も小さい沢は何度か渡りました。雨は1時間くらいで止んだんですが、びしょ濡れです。

車には着替えを置いてましたので、全部着替えて帰ってきました。6時頃に出たのですが

疲れもあるので、休み休み帰って来ました。家について時は9時過ぎです。

当分あの山は、行きたくない。自分の力では、少したりない、そんな感想です。登り初めから下り終えるまで、10時間かかりました。距離はそれ程でも無いですが、時間は掛かります。登山口からです。鳥居の所からだと、プラス1時間です。

前神室山から神室山の縦走は、初心者ではかなりきつい、おすすめではありません。

山形県からのルートは多分幾らか楽かもしれません。地図を見た感じですので、ブログ等で調べないと本当は分かりません。




ブログやってます。時間のある方はお立ち寄り下さい。
http://pub.ne.jp/isamrx72/
訪問者数:1968人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/20
投稿数: 2976
2013/7/2 21:16
 お疲れ様でした〜!
お天気の急変で大変でしたね
私と違って装備がしっかりしてらっしゃるから、難を乗り切ったのでしょう。
ご無事の下山で何よりでした

お花ですが、10番はツクバネソウです。これでも咲いているところです。
20番はツバメオモトです。
こちらでもコバイケイソウがたくさん咲いていたようですね
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2013/7/2 22:56
 Springさん、コメント有り難うございます。
お陰様で、名前の分からない花が少し減りました。

実際はもっと花が咲いてましたが、カメラをザックに入れているので、余裕が無いと面倒になります。

カメラをぶら下げて登るのは、カメラを壊すようでこわいので、してません。デジイチです。

装備は整っている方でも無いのですが、ガーミンとキザキには感謝です。簡易雨具のポンチョですか?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ