また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 335497 全員に公開 沢登り谷川・武尊

上越沢登りデビュー 湯檜曽川 白樺沢ケサ丸沢

日程 2013年08月18日(日) [日帰り]
メンバー
 stk
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海老名〜圏央道高尾山I.C.〜関越道水上I.C.〜谷川岳ロープウェー駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ロープウェー駅5:45〜巡視小屋〜武能沢入渓〜7:45魚留ノ滝〜8:40ケサ丸沢出合〜12:05国道291合流遡行終了点12:35〜13:10白樺避難小屋〜15:20マチガ沢出合〜15:40ロープウェー駅
コース状況/
危険箇所等
ヌメっている箇所や、磨かれてツルッツルの場所が結構あります。
岩登りは卦蕕らい。とはいえノービレイでランナウトするとそこそこ怖い場所はあります。

以下写真
Nikon D600 AiAF Zoom-Nikkor f/3.5-4.5D 18-35mm IF-ED
過去天気図(気象庁) 2013年08月の天気図 [pdf]

写真

武能沢から入渓し、湯檜曽川へ下り遡行開始。
2013年08月18日 22:42撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能沢から入渓し、湯檜曽川へ下り遡行開始。
1
このあたりは水量多く、陸づたいに進みます。
2013年08月18日 22:42撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは水量多く、陸づたいに進みます。
1
水は深い色でした。
2013年08月18日 22:41撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は深い色でした。
1
右岸から流入する枝沢
2013年08月18日 22:41撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から流入する枝沢
1
魚止めの滝。ここは右岸からfixスリングを使って上がっていきます。
2013年08月18日 22:40撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止めの滝。ここは右岸からfixスリングを使って上がっていきます。
1
スリングを使って上がるところを上から。
2013年08月18日 23:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリングを使って上がるところを上から。
4
巻き途中。
2013年08月18日 23:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き途中。
1
こんな穏やかな渓相のところも。
2013年08月18日 23:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな穏やかな渓相のところも。
1
湯檜曽川からいよいよ白樺沢へ入る。
2013年08月18日 22:55撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川からいよいよ白樺沢へ入る。
1
最初はナメが続きます。
2013年08月18日 22:54撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はナメが続きます。
1
続いてゴルジュ。
2013年08月18日 22:53撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてゴルジュ。
3
このあたり楽しいです。
2013年08月18日 22:52撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり楽しいです。
1
なんと雪が残っている!
2013年08月18日 22:51撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと雪が残っている!
1
スノーブリッジも残ってました。8月も下旬にさしかかろうという時期、ここ標高1000m程度です。沢筋は恐ろしいほどの積雪量なのでしょう。
2013年08月18日 22:51撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーブリッジも残ってました。8月も下旬にさしかかろうという時期、ここ標高1000m程度です。沢筋は恐ろしいほどの積雪量なのでしょう。
3
人と較べると、残っている雪の高さが分かると思います。
2013年08月18日 22:58撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人と較べると、残っている雪の高さが分かると思います。
1
深いカマ。
2013年08月18日 23:20撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深いカマ。
1
中はやっぱり澄んでますね。
2013年08月18日 23:38撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はやっぱり澄んでますね。
2
ナメが続くとおもうと
2013年08月18日 23:19撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続くとおもうと
1
いきなりこんな滝があったりします(3段30m)。ここは感動的でした。
実はこれが白樺沢分岐で、ケサ丸沢はここを右方向に進みます。
2013年08月18日 23:17撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりこんな滝があったりします(3段30m)。ここは感動的でした。
実はこれが白樺沢分岐で、ケサ丸沢はここを右方向に進みます。
1
振り返って撮影。
2013年08月18日 23:16撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。
1
ケサ丸沢も負けてません。2段25mです。
2013年08月18日 23:15撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケサ丸沢も負けてません。2段25mです。
3
アップで。
2013年08月18日 23:14撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
2
25m滝の落ち口へのトラバースがいやらしかったので高巻いてしまった。ただ、こっちもズルズルの草であぶない。失敗です。。見えている50m大ナメを遡行できなかったのは残念。
2013年08月18日 23:12撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25m滝の落ち口へのトラバースがいやらしかったので高巻いてしまった。ただ、こっちもズルズルの草であぶない。失敗です。。見えている50m大ナメを遡行できなかったのは残念。
1
ヌメりがつよい滝が多いです。慎重に進みました。
2013年08月18日 23:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメりがつよい滝が多いです。慎重に進みました。
1
トイ状8m。右から登るが案外苦戦。落ち口はたてに走る亀裂に指を突っ込んで上がるようだが、ビレイなしだったので、回避。最後右の枝を無理矢理掴んでヤブを突破。唯一後続確保でロープだしました。
2013年08月18日 23:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状8m。右から登るが案外苦戦。落ち口はたてに走る亀裂に指を突っ込んで上がるようだが、ビレイなしだったので、回避。最後右の枝を無理矢理掴んでヤブを突破。唯一後続確保でロープだしました。
1
8m滝。ここは容易。
2013年08月18日 23:22撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8m滝。ここは容易。
4
3段30m大ナメ滝です。取り付きが難しい。
2013年08月18日 23:21撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段30m大ナメ滝です。取り付きが難しい。
1
1段目終わったところで上から。
2013年08月18日 23:34撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1段目終わったところで上から。
1
大ナメ滝の途中。展望もよくいい場所なので、昼飯の準備。懲りずにそうめん。
2013年08月18日 23:36撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ナメ滝の途中。展望もよくいい場所なので、昼飯の準備。懲りずにそうめん。
2
アジサイの仲間でしたっけ?
2013年08月18日 23:32撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイの仲間でしたっけ?
1
白毛門がよく見える絶好のランチスポット!
2013年08月18日 23:31撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門がよく見える絶好のランチスポット!
1
ここからは延々とナメが続きます。
2013年08月18日 23:29撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは延々とナメが続きます。
1
ナメも甘く見れません。ツルツルに磨かれて、相当滑ります。
2013年08月18日 23:35撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメも甘く見れません。ツルツルに磨かれて、相当滑ります。
1
ナメを振り返る。
2013年08月18日 23:33撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメを振り返る。
1
まだ続きます。
2013年08月18日 23:34撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ続きます。
1
複数段のナメは、途中深いカマを持つものが多いです。
2013年08月18日 23:38撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複数段のナメは、途中深いカマを持つものが多いです。
2
最後の大きめの滝。右から登る。最後ヌメっていて危ない。
2013年08月19日 00:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の大きめの滝。右から登る。最後ヌメっていて危ない。
1
この花が一番印象的でした。
2013年08月19日 00:12撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花が一番印象的でした。
2
白樺沢と酷道291号の合流点。
2013年08月19日 00:17撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺沢と酷道291号の合流点。
2
鉄塔マニアへ。バック白毛門の鉄塔ですw
写真ではわかりづらいですが、奥の大倉沢?は巨大なスノーブリッジが残っているようで遡行できるのでしょうか。。
2013年08月19日 00:13撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔マニアへ。バック白毛門の鉄塔ですw
写真ではわかりづらいですが、奥の大倉沢?は巨大なスノーブリッジが残っているようで遡行できるのでしょうか。。
1

感想/記録
by stk

丹沢以外の沢は、南アのシレイ沢1回のみ。
yoshiさんから、上越の沢を推奨されていた事もあり初めて挑んでみました。

場所はというと、、多分えっ?て思う人が多いかも知れませんが、湯檜曽川の白樺沢の枝沢であるケサ丸沢に行ってきました。遡行グレード1級上か2級下で探していて丁度よかった事、あと人が少ない沢の方が好みなので1級上で候補に挙がっていた白毛門沢は今回はパスしました。

感想をポイントごとに。。

【初上越沢!】
中央分水嶺と豪雪の谷川連峰が作る豪快な沢。これを味わうために行ってみました。朝は関越混むので、土曜の夜移動。現地車中泊で日曜の朝早くに行動開始しました。

【開放的な沢】
何が違うって、、丹沢のジメジメした雰囲気と違い周りが開けているので明るいのです! あと豪快な滝の多さでは圧倒的ですね。今回一眼レフを持っていって正解でした。納得の写真を結構撮れました!(別に丹沢のジメジメを嫌っているわけではないです。あっちはあっちで低山なのに険しい滝を楽しめるし、自分のホームグラウンドはやはり丹沢です)

【大ナメ!】
規模の大きいナメ滝。スラブ状ナメ滝を見たのは初めてです。ナメなので楽かと思いきや、ツルッツルに滑る磨かれた岩には苦労しました。パートナー(t-kinjou)のアクアステルスでも滑るようです。

【国道291】
今回遡行終了は国道291との合流点。国道って車が通れる道だけではないんですね。谷側に外傾した歩きにくい登山道でした。国土地理院の地図のあんな険しい等高線がある山あいに逆三角形の「291」マークがあるのには驚きました。ここは「酷道291」の別名もあるようですね。初めて歩いて納得でしたw

【まとめ】
上越の沢を遡行した結果、一言でいうなら「気に入りました」。たくさんの名渓があるので少しずつ制覇していきたいです。はやく圏央道相模原〜高尾山間つながってほしい。。



訪問者数:4783人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/17
投稿数: 2862
2013/8/20 6:43
 やあ、こんにちは
袈裟丸に入ってたんですね。
ご一報いただければ同行したかったな(笑)。
こちらもガクアジサイに癒されていたようですね。

上越の沢は適期が短くて3ヶ月くらいです。
暑いうちに是非、ヒツゴ沢に行ってみてください。
中級者も充分に楽しめる名渓だと思います。

※今回は私が足に1カ所、bowさんが腹に1カ所、ヒルにやられました。防護はしっかりして下さい。
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2013/8/20 12:30
 祝・上越デビュー
stkさん、t-kinjouさん、こんにちは。

ついに上越デビューですね。豪雪地帯特有の開放的な
沢を満喫しましたか
でもケサ丸沢は比較的藪っぽい沢だと思いますよ。次は
西ゼンでもどうですか?
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/8/20 23:45
 gankoyaさん、上越に足を踏み入れました^
こんばんは〜
一声かければ来れる距離ってのはうらやましいですねぇ^通いたいですが、遠さが少しネックになってます。今年度末には圏央道がつながりかなりアクセスは楽になりそうですが。
あのキレイなのはガクアジサイでしたか。相当癒されまくりでしたね
ヒツゴ沢も候補にはあがってるので少しずつ攻めていきます〜
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/8/20 23:59
 ついにいってしまいました^ 上越サイコー!
yoshiさん、こんばんは〜
yoshiさんがあそこまで薦める理由がよくわかりましたよ^すばらしいですね!景観が違いますしスケールもスゴイですね〜。今回ちょっと頑張って一眼レフ持って行きましたが正解でした。
西ゼン、地図で見たりした事はあります。
今ほかの記録見ましたが、、難しそうでは??フリクションだけで登るってのが今回も怖かったもんで。。遡行グレード高そうですね。
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/8/22 22:06
 stkさん、t-kinjouさん、こんばんわ
上越進出ですね。

写真拝見して残雪のすごいこと驚きました
やはりスケール感がちがうんですね。

上越の沢は入れる期間が短い上たくさんの良い沢があるようなのでレコも貴重です。

また楽しく拝見させていただきます。

沢はやはりパートナーが必要ですね。
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2013/8/28 4:19
 meta_bomanさん、こんにちは〜
お返事遅くなりました。北ア縦走があったもので。。
上越の沢はスラブが多くて圧倒されました^
丹沢とは違う魅力があって、今後行くことが増えそうですね〜
soloでもいける沢もあるのでしょうが、自分はまだ上越は無理かな〜という印象ですねぇ

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ