また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3362619 全員に公開 沢登り 日光・那須・筑波

栃百 温泉ヶ岳 根名草山 オロオソロシ沢遡行

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち 雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金精トンネル駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

栃百 温泉ヶ岳 根名草山 オロオソロシ沢遡行

06:30 金精峠登山口
06:45 金精峠
07:25 温泉ヶ岳
08:10 念仏平避難小屋
08:35 根名草山
10:00 日光澤温泉(大休憩)
10:50 オロオソロシ沢 入渓
13:15 オロオソロシ沢 脱渓
13:45 根名草山
14:20 念仏避難小屋
15:00 温泉ヶ岳分岐
15:15 金精峠
15:30 金精峠登山口

コース状況/
危険箇所等
奥鬼怒に『オロオソロシの滝』『ヒナタオソロシの滝』という有名な ふたつの滝があります。オロは日陰、ヒナタは日向という意味で、鬼怒川を挟み対になって流れ落ちています。どちらも対岸の観瀑台から見ることができ 一つの大滝のように見えますが、いずれも数段になって連続する滝の総称となります。

写真

2021.07.20 栃百 温泉ヶ岳 根名草山 オロオソロシ沢遡行。未踏の温泉ヶ岳,根名草,オロオソロシを一度に叶えたい計画
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2021.07.20 栃百 温泉ヶ岳 根名草山 オロオソロシ沢遡行。未踏の温泉ヶ岳,根名草,オロオソロシを一度に叶えたい計画
2
金精峠より これから登る温泉ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金精峠より これから登る温泉ヶ岳
1
金精峠より 対に金精山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金精峠より 対に金精山
2
登山道にシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にシャクナゲ
3
温泉ヶ岳分岐。距離は短いけど踏み跡に張り出した藪の朝露で少し濡れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳分岐。距離は短いけど踏み跡に張り出した藪の朝露で少し濡れます
栃木百名山 温泉ヶ岳 自身初登頂 おめでとう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃木百名山 温泉ヶ岳 自身初登頂 おめでとう!
6
温泉ヶ岳より 日光連山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳より 日光連山
1
温泉ヶ岳より 両毛国境の燕巣山や奥に至仏山や燧ケ岳。根名草や念仏平避難小屋も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳より 両毛国境の燕巣山や奥に至仏山や燧ケ岳。根名草や念仏平避難小屋も見えます
2
念仏平避難小屋 手前に最終水場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念仏平避難小屋 手前に最終水場
念仏平避難小屋。お初です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念仏平避難小屋。お初です
1
念仏平避難小屋内はとても綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念仏平避難小屋内はとても綺麗
1
避難小屋すぐの水場は しみったれてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋すぐの水場は しみったれてました
根名草登りで西側に菅沼がよく見えました。山頂で撮影しようとした奥白根もよく見えました(山頂では見れなかった)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根名草登りで西側に菅沼がよく見えました。山頂で撮影しようとした奥白根もよく見えました(山頂では見れなかった)
1
栃木百名山 根名草山 自身初登頂 おめでとう!ここで撮影機材が立派な茨城の登山者さんとご挨拶
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃木百名山 根名草山 自身初登頂 おめでとう!ここで撮影機材が立派な茨城の登山者さんとご挨拶
6
未踏だった温泉ヶ岳,根名草山を登頂。オロオソロシ沢遡行も叶えるため奥鬼怒の日光澤に下ります。目の前に大嵐山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未踏だった温泉ヶ岳,根名草山を登頂。オロオソロシ沢遡行も叶えるため奥鬼怒の日光澤に下ります。目の前に大嵐山
2
登ってみたい藪漕ぎ必須の高薙山。奥には日光連山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってみたい藪漕ぎ必須の高薙山。奥には日光連山
1
登山道は大嵐山西面を巻きつつ薙を3度通過します。ここは1度目(地形図 ひとつ目南側の縦溝 薙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は大嵐山西面を巻きつつ薙を3度通過します。ここは1度目(地形図 ひとつ目南側の縦溝 薙)
1
薙より 両毛国境 燕巣山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薙より 両毛国境 燕巣山方面
2度目の薙(地形図 ふたつ目北側の縦溝 薙)。オロオソロシ沢を詰め上がり この登山道合流で脱渓するラインが自分の計画と実績
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度目の薙(地形図 ふたつ目北側の縦溝 薙)。オロオソロシ沢を詰め上がり この登山道合流で脱渓するラインが自分の計画と実績
1
3度目の薙(地形図では縦溝でなく崖マーク 薙)。唯一のロープが張ってあるのが目印
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3度目の薙(地形図では縦溝でなく崖マーク 薙)。唯一のロープが張ってあるのが目印
1
日光沢 手白沢 分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光沢 手白沢 分岐
日光澤温泉。根名草から激下りでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光澤温泉。根名草から激下りでした
2
売り切れ多いけど自販機エイド&水場 ありがたい。ビールは屋内で販売だそうですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売り切れ多いけど自販機エイド&水場 ありがたい。ビールは屋内で販売だそうですよ
1
たった今 激下りしてきた根名草また登ります。オロオソロシ沢へ向かいます(ふつう女夫渕からアプローチ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たった今 激下りしてきた根名草また登ります。オロオソロシ沢へ向かいます(ふつう女夫渕からアプローチ)
2
橋から上流側。この上流にある堰堤の先から入渓しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋から上流側。この上流にある堰堤の先から入渓しました
1
入渓しすぐ左岸側に ヒナタオソロシの滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓しすぐ左岸側に ヒナタオソロシの滝
2
ヒナタオソロシの滝のすぐ隣にも滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒナタオソロシの滝のすぐ隣にも滝
1
ヒナタオソロシのあとすぐに二俣。右は根名草沢。左のオロオソロシ沢へGO!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒナタオソロシのあとすぐに二俣。右は根名草沢。左のオロオソロシ沢へGO!
1
オロオソロシ沢へ入渓するとすぐ オロオソロシの滝が出迎えてくれます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロオソロシ沢へ入渓するとすぐ オロオソロシの滝が出迎えてくれます!
1
最初の3m,10mの連瀑。右から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の3m,10mの連瀑。右から
1
小滝のあと 12m級の滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝のあと 12m級の滝
1
右から。オロオソロシの滝とは数段になって連続する滝の総称のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から。オロオソロシの滝とは数段になって連続する滝の総称のようです
3
ナメ床を遡行し奥に連瀑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ床を遡行し奥に連瀑
3
鉄分を含む水質。赤岩はヌメるけどラバーで十分遡行可能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄分を含む水質。赤岩はヌメるけどラバーで十分遡行可能
2
一旦、沢幅が狭まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、沢幅が狭まります
平凡な渓相地帯を越えるとまた開放的な景色に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平凡な渓相地帯を越えるとまた開放的な景色に
1
奥に根名草を眺めながら遡行していきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に根名草を眺めながら遡行していきます
わざとシャワーを選ばなければ 上半身ビショビショまでにはならない沢です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わざとシャワーを選ばなければ 上半身ビショビショまでにはならない沢です
2
上流にいくほど苔の目立つ滝が増えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流にいくほど苔の目立つ滝が増えました
2
二俣。水量豊富な右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣。水量豊富な右へ
1
二俣の先も まだまだスケールのある滝が登場します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣の先も まだまだスケールのある滝が登場します
2
登りごたえのある滝もまだまだ登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りごたえのある滝もまだまだ登場
2
ヌメヌメしてますがホールドは豊富です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメヌメしてますがホールドは豊富です
1
標高 約1900m手前 二俣が現れて ここを右
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高 約1900m手前 二俣が現れて ここを右
標高 約1900m またすぐに二俣。ここを左(※先ほどの写真中央はインゼルで左に曲がると合流しました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高 約1900m またすぐに二俣。ここを左(※先ほどの写真中央はインゼルで左に曲がると合流しました)
ひとつ前の写真を左に曲がると大嵐山西面の薙 大ガレ地帯に入ります。この大ガレを詰めていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとつ前の写真を左に曲がると大嵐山西面の薙 大ガレ地帯に入ります。この大ガレを詰めていきます
大ガレを詰めはじめると直ぐに二俣があり、右はおそらく(地形図 ひとつ目南側の縦溝 薙)。自分は左(地形図 ふたつ目北側の縦溝 薙)へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ガレを詰めはじめると直ぐに二俣があり、右はおそらく(地形図 ひとつ目南側の縦溝 薙)。自分は左(地形図 ふたつ目北側の縦溝 薙)へ
オロオソロシ沢は水涸れしてからの大ガレ地帯のほうが一歩一歩慎重さを求められました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロオソロシ沢は水涸れしてからの大ガレ地帯のほうが一歩一歩慎重さを求められました
計画通り 登山道合流で脱渓。かなりガレてたので抜けて一安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画通り 登山道合流で脱渓。かなりガレてたので抜けて一安心
2
根名草山 オロオソロシ沢より本日2回目の登頂!※ロープ未使用。ここで1日で大清水-白根避難小屋計画の強い山屋さんとご一緒に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根名草山 オロオソロシ沢より本日2回目の登頂!※ロープ未使用。ここで1日で大清水-白根避難小屋計画の強い山屋さんとご一緒に
3
空は雷ゴロゴロ鳴りはじめ。念仏平避難小屋で待機する単独のロードバイク好きの山屋さん。自分たちは先を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は雷ゴロゴロ鳴りはじめ。念仏平避難小屋で待機する単独のロードバイク好きの山屋さん。自分たちは先を目指します
大清水からの強い山屋さんは乗り気じゃないけど温泉ヶ岳ピストン(自分は2登目スルーでお別れ)。またどこかでお会いしましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大清水からの強い山屋さんは乗り気じゃないけど温泉ヶ岳ピストン(自分は2登目スルーでお別れ)。またどこかでお会いしましょう!
1
逃げ切り下山間に合わずゲリラ雷雨に遭う。登山道が川のよう。強い山屋さん大丈夫だったかな!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逃げ切り下山間に合わずゲリラ雷雨に遭う。登山道が川のよう。強い山屋さん大丈夫だったかな!?
4
最後は沢よりもビショビショ下山。雷雨は怖かったけど 計画通り目標達成できて良かったです。おつかれさま
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は沢よりもビショビショ下山。雷雨は怖かったけど 計画通り目標達成できて良かったです。おつかれさま
7

感想/記録
by AIKEN

2021年07月20日
栃百 温泉ヶ岳 根名草山 オロオソロシ沢遡行

『栃木起点 栃木百名山』97/100
栃木県側を起点とし山頂へ至る栃木百名山。

《現在未踏》
・燕巣山・錫ヶ岳・袈裟丸山(両毛国境)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ