また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3365674 全員に公開 ハイキング 比良山系

比叡山系(八瀬ケーブル下→スキー場跡→瓜生山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月21日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都バス八瀬口
 銀閣寺前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

写真

八瀬駅前で下車向いの橋を渡る。
2021年07月21日 07:25撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀬駅前で下車向いの橋を渡る。
ケーブル駅横を行く。
2021年07月21日 07:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル駅横を行く。
以前歩き始めた近くに案内板があったはずだが?
真っ直ぐに登って行ったが間違い戻る。
2021年07月21日 07:36撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前歩き始めた近くに案内板があったはずだが?
真っ直ぐに登って行ったが間違い戻る。
電柱の下に草に隠れるように案内板が・・・
2021年07月21日 07:42撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電柱の下に草に隠れるように案内板が・・・
精華中高の敷地横を行く
2021年07月21日 07:48撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
精華中高の敷地横を行く
地道になるも又鉄製階段、NTTの階段の様だ。
2021年07月21日 07:54撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地道になるも又鉄製階段、NTTの階段の様だ。
本格的にジグザグ地道になる。歩きにくい浮いた小石に注意しながら石塔で息継ぎ。珍しく中年初心者が軽く追い抜いて行く。
2021年07月21日 08:36撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的にジグザグ地道になる。歩きにくい浮いた小石に注意しながら石塔で息継ぎ。珍しく中年初心者が軽く追い抜いて行く。
少しだけ平坦道
2021年07月21日 09:14撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ平坦道
西山峠ではないがの乗越に着く。予定は真南の直登コースだ。ここは初めて。そこそこ150M程頑張る。踏み跡が薄くなり倒木帯になりルートは左に向く。又はっきりと
なる。延暦寺の敷地界か?
2021年07月21日 09:22撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山峠ではないがの乗越に着く。予定は真南の直登コースだ。ここは初めて。そこそこ150M程頑張る。踏み跡が薄くなり倒木帯になりルートは左に向く。又はっきりと
なる。延暦寺の敷地界か?
気分が悪くなる様な古いゴミ捨て場を過ぎるとスキー場跡に出てくる。
2021年07月21日 10:29撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気分が悪くなる様な古いゴミ捨て場を過ぎるとスキー場跡に出てくる。
ケーブル横に
2021年07月21日 10:48撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル横に
1
始めは前々回と同じの雲母坂下る。筋肉疲れはましな様だ。段の尾から源流の小沢を三つ過ぎて・・
2021年07月21日 11:45撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めは前々回と同じの雲母坂下る。筋肉疲れはましな様だ。段の尾から源流の小沢を三つ過ぎて・・
二の鳥居に。普通は北白川から瓜生山、比叡山だが、今回は逆に歩くも疲れも重なり長く感じる。瓜生からの下り見知った沢を下るも?右手の尾根筋を這い登り新ルートで下る。
2021年07月21日 12:14撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鳥居に。普通は北白川から瓜生山、比叡山だが、今回は逆に歩くも疲れも重なり長く感じる。瓜生からの下り見知った沢を下るも?右手の尾根筋を這い登り新ルートで下る。
撮影機材:

感想/記録

山登りの鉄則。早出でこの暑さも凌げる。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:64人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 倒木 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ