また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3378563 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 志賀・草津・四阿山・浅間

草津白根山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇時々晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越自動車道渋川伊香保ICから国道353号・145号・292号、群馬県道59号、つまごいパノラマラインを経て石津硫黄鉱山跡の登山口へ。車道終点に駐車しました。賛否両論あった八ッ場ダムですが、これができてから道がよくなりました。低速車の少ない早朝はスイスイ走れます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間39分
休憩
12分
合計
3時間51分
S石津硫黄鉱山跡07:0909:00草津白根山09:0409:26本白根山展望所09:2809:44本白根山遊歩道最高地点09:5011:00石津硫黄鉱山跡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から硫黄鉱山跡の作業道を経て、標高1620mで痩せ尾根に乗り、旧火口縁の標高2120mまで一本調子の登りです。かなりの急坂ですが路面は良好で、下りでもスリップすることはありませんでした。上部は道標がほとんど撤去されているので、地図を持参するのがよさそうです。
その他周辺情報下山後は温泉で一風呂。選ぶのに困るほどです。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

車道終点が登山口です。硫黄鉱山跡といいますが、硫黄の気配を不思議なほど感じない場所でした。
2021年07月24日 06:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道終点が登山口です。硫黄鉱山跡といいますが、硫黄の気配を不思議なほど感じない場所でした。
2
歩き始めは作業用の車道。西に見えるのは四阿山かな。
2021年07月24日 07:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めは作業用の車道。西に見えるのは四阿山かな。
1
ところどころに朽ちた道標が。
2021年07月24日 07:30撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに朽ちた道標が。
標高1620m。尾根に乗ります。痩せ尾根ですが、両側に木が生えているので実感はありません。こんな感じの道が標高1900mあたりまで延々と続きます。
2021年07月24日 07:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1620m。尾根に乗ります。痩せ尾根ですが、両側に木が生えているので実感はありません。こんな感じの道が標高1900mあたりまで延々と続きます。
出会い頭に目に飛び込んできたオオルリ。彼も出会い頭で面食らったでしょう。二枚目を撮ろうと一歩近づいた瞬間、飛び去っていきました。
2021年07月24日 07:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会い頭に目に飛び込んできたオオルリ。彼も出会い頭で面食らったでしょう。二枚目を撮ろうと一歩近づいた瞬間、飛び去っていきました。
3
標高1900mを超えてようやく、薄暗い樹林帯を抜けてダケカンバの明るい林に入ります。笹はきれいに刈り払われています。感謝申し上げます。
2021年07月24日 08:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1900mを超えてようやく、薄暗い樹林帯を抜けてダケカンバの明るい林に入ります。笹はきれいに刈り払われています。感謝申し上げます。
林が終わってガレ場に出ました。
2021年07月24日 08:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林が終わってガレ場に出ました。
1
ものすごい数のコマクサです。これは見事。
2021年07月24日 08:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものすごい数のコマクサです。これは見事。
2
ピンクのコマクサ。
2021年07月24日 08:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクのコマクサ。
5
白いコマクサ。
2021年07月24日 08:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いコマクサ。
5
標高2120mの旧火口縁に立ちました。向かいのピークが本白根山です。
2021年07月24日 08:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2120mの旧火口縁に立ちました。向かいのピークが本白根山です。
3
ニホンカモシカ。悠然と歩き回っています。
2021年07月24日 08:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニホンカモシカ。悠然と歩き回っています。
5
ピンクの縁取りが美しい高山チョウ、ミヤマモンキチョウ(オス)。草津白根にいるということは以前から聞いていましたが、噴火を生き延びたんですね。うれしいことです。なお、かわいいからといって捕まえると捕まります。念のため。
2021年07月24日 08:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクの縁取りが美しい高山チョウ、ミヤマモンキチョウ(オス)。草津白根にいるということは以前から聞いていましたが、噴火を生き延びたんですね。うれしいことです。なお、かわいいからといって捕まえると捕まります。念のため。
本白根山の裾を道は斜めに上がっていきます。
2021年07月24日 08:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本白根山の裾を道は斜めに上がっていきます。
1
上がりきったところで向きを変え、尾根に取り付きます。この先は藪です。
2021年07月24日 08:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がりきったところで向きを変え、尾根に取り付きます。この先は藪です。
1
人はなぜ藪を漕ぐのか。その先に頂上があるから(笑) 藪が本当にひどいのは最初の数メートルで、中間部はこのようにはっきりした踏み跡となり、ご丁寧にテープまで巻いてあります。踏み跡はいくつもありますので、周囲をよく見回して、歩きやすいところを探すのがよさそうです。
2021年07月24日 08:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人はなぜ藪を漕ぐのか。その先に頂上があるから(笑) 藪が本当にひどいのは最初の数メートルで、中間部はこのようにはっきりした踏み跡となり、ご丁寧にテープまで巻いてあります。踏み跡はいくつもありますので、周囲をよく見回して、歩きやすいところを探すのがよさそうです。
1
本白根山頂上です。長居できるような場所ではなく、早々と退散。
2021年07月24日 09:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本白根山頂上です。長居できるような場所ではなく、早々と退散。
2
今は歩けない、白根レストハウスと湯釜方面。
2021年07月24日 09:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は歩けない、白根レストハウスと湯釜方面。
1
探勝歩道最高地点に向かいます。左手に見えるのは本白根の三角点ピーク。立入禁止です。
2021年07月24日 09:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
探勝歩道最高地点に向かいます。左手に見えるのは本白根の三角点ピーク。立入禁止です。
2
画面右上あたりが最高地点。入る人が少ないので、登山道には木が生い茂りつつあります。
2021年07月24日 09:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面右上あたりが最高地点。入る人が少ないので、登山道には木が生い茂りつつあります。
探勝歩道最高地点。向こうは本白根山の頂です。
2021年07月24日 09:45撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
探勝歩道最高地点。向こうは本白根山の頂です。
2
さて、戻りましょう。午前10時ですが雲が高々と湧いています。
2021年07月24日 09:58撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、戻りましょう。午前10時ですが雲が高々と湧いています。
3
また会いました、ニホンカモシカ。レンズを向けると警戒したのか、フーンと声を上げていました。
2021年07月24日 10:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また会いました、ニホンカモシカ。レンズを向けると警戒したのか、フーンと声を上げていました。
3
路面がいいので下りはスイスイ。無事に登山口に戻ってきました。
2021年07月24日 11:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面がいいので下りはスイスイ。無事に登山口に戻ってきました。
撮影機材:

感想/記録
by weber9

おそらく「立入禁止」の結果として人の出入りは減り、そのため山頂部の自然が豊かに保たれているのかもしれないなと思います。人を怖れないニホンカモシカ、噴火を生き延びたミヤマモンキチョウ、そして登山道上にまで広がろうとするコマクサの大群落。見事な自然でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:565人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ