また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 34507 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/水無川水系 沖大沢

日程 2009年02月18日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(予報よりも結構暖かい)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

新茅山荘前駐車場11:30−
11:45沖大沢出合−
F1−6m左岸高巻き−
570m二俣状を左へ−
650m二俣状を右へ−
13:00ソグラ沢右岸尾根(イノシシと遭遇!)13:10−
同尾根下降−
13:30ソグラ沢F1上−
13:35水無川本谷13:50−
14:00新茅山荘
コース状況/
危険箇所等
■沖大沢
  この沢の名前はあまり知られていないと思う。
  記録も昭和40年代に発刊された『丹沢の山と谷』(東京雲稜会編)に
  ちょっと紹介されているくらいであろうか。

  遡行グレード:1級?

  核心は出合のF1−6mのみ。水量はそれほどでもないが、滝も側壁も
  高巻きもすべて脆い。
  直登は流芯右側から斜上バンドであろうが、ほとんどボロボロで無理。
  今回は出合まで戻って左岸(右側)から滝右上の岩も巻くように
  高巻いたが、急なうえ、岩は落ちるは、ブッシュの半分は信頼できないは、
  で嫌な感じであった。
  それを越せば、あとはゴーロとガレ場で終わるが、自然落石が頻発していた。

■携帯電話通話状況(ドコモFOMA)
  ・新茅山荘 3本 通話OK
  ・標高650mあたり 1-2本 通話OK
ファイル 20090218okioosawa.xls (更新時刻:2009/02/18 05:05)
過去天気図(気象庁) 2009年02月の天気図 [pdf]

写真

本日目指す沖大沢
詰め上げれば大倉尾根の駒止茶屋付近に出る
2009年02月18日 11:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日目指す沖大沢
詰め上げれば大倉尾根の駒止茶屋付近に出る
新茅山荘脇から尾根を下降し、まずはソグラ沢出合に出る
2009年02月18日 11:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅山荘脇から尾根を下降し、まずはソグラ沢出合に出る
ソグラ沢出合から約50m下流に出合う沖大沢
いきなりF1(6m)から始まる
2009年02月18日 11:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソグラ沢出合から約50m下流に出合う沖大沢
いきなりF1(6m)から始まる
沖大沢F1
脆すぎて直登不可
側壁も脆くて登るのはやばい
出合まで戻り右側の尾根状から巻くがやはり脆い
2009年02月18日 11:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖大沢F1
脆すぎて直登不可
側壁も脆くて登るのはやばい
出合まで戻り右側の尾根状から巻くがやはり脆い
高巻き中からF1
2009年02月18日 11:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き中からF1
高巻き終了
写真左側から沢へ戻る
2009年02月18日 12:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き終了
写真左側から沢へ戻る
ゴーロ帯
2009年02月18日 12:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯
ゴーロ帯が続く
2009年02月18日 12:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯が続く
急なガレを登る
自然落石頻発
2009年02月18日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なガレを登る
自然落石頻発
標高650mあたりから右沢へ入る
ほとんど沢状を成していない
2009年02月18日 12:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高650mあたりから右沢へ入る
ほとんど沢状を成していない
急な小尾根状の潅木で休憩
あ〜平和だぁ
2009年02月18日 12:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な小尾根状の潅木で休憩
あ〜平和だぁ
こんな所にも石積
2009年02月18日 12:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にも石積
どうやらこの岩がどんどん崩れている感じ
2009年02月18日 12:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらこの岩がどんどん崩れている感じ
かすかな踏み跡が出てくる
2009年02月18日 12:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかな踏み跡が出てくる
ソグラ沢右岸尾根に向かい踏み跡はトラバースしている
2009年02月18日 13:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソグラ沢右岸尾根に向かい踏み跡はトラバースしている
ソグラ沢右岸尾根に出た
ココでイノシシ(ウリ坊クラス)に遭遇!
写真撮れなかった
2009年02月18日 13:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソグラ沢右岸尾根に出た
ココでイノシシ(ウリ坊クラス)に遭遇!
写真撮れなかった
ソグラ沢右岸尾根770m付近はカヤトの中に踏み跡がある
2009年02月18日 13:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソグラ沢右岸尾根770m付近はカヤトの中に踏み跡がある
標高750mあたりから植林帯
2009年02月18日 13:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750mあたりから植林帯
標高700m付近で展望が開ける
烏尾山方面
2009年02月18日 13:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高700m付近で展望が開ける
烏尾山方面
表尾根方面
2009年02月18日 13:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根方面
少し下って水無川下流部を眺める
2009年02月18日 13:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って水無川下流部を眺める
最後は降りられそうな踏み跡を追うと、ソグラ沢のF1上に出た
2009年02月18日 13:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は降りられそうな踏み跡を追うと、ソグラ沢のF1上に出た
新茅山荘に戻る
2009年02月18日 13:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅山荘に戻る

感想/記録
by kamog

水無川水系は、本谷、源次郎沢、セドノ沢、新茅ノ沢、モミソ沢がよく登られているが、その他の沢はなかなか日の目を見ず、次第に登られなくなり、巻き径も悪くなる。
遡行価値の有無云々もあるが、山や沢のルートも二極化が進んでいる。
何も美しさやおもしろさを求めなくてもよい。
その沢の個性を見つけられれば、僕はそれでよいと思っている。
今回の沢も距離的には短く、おそらく美しさもおもしろさもメジャールートに比べれば劣るかもしれないが、そいつらの個性を体感したくて、時間をこしらえて会いにいくことにする。

沖大沢・・・『丹沢の谷110』にも顔を出さない名前だから、知る人はほとんどいないであろう。
かつて昭和40年代に発刊された『丹沢の山と谷』(東京雲稜会編)に少しだけ紹介されている。
ソグラ沢の下流部に出合う沢として、上流から順に、沖大沢、中大沢、前大沢、そして深沢がいずれも大倉尾根から流れ込んでいる。
前大沢はそこそこメジャーゆえ、下流の滝にはしっかりした支点がある。

さて沖大沢・・・結果的には単調で、出合の6mF1と脆いゴーロ&ガレで構成されていた。
特にF1は滝も側壁も高巻きもすべて脆く、単独なので慎重に対応した。
沢も浅く、地形図から枝沢を読み取るのは、読図+勘。
自然落石も頻繁に発生しており、なるほどこれではこんなガレ場になるわけだと納得。

素敵な出会いもあった。
ソグラ沢右岸尾根(仮称)に到達したとき、三頭のイノシシを目撃★
ほとんどウリ坊サイズで逃げ足の早いこと。
訪問者数:1910人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ