また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3512692 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

霊仙山(今畑〜落合周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り(晴れ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
1時間25分
合計
4時間38分
S今畑登山口07:5908:38笹峠09:19近江展望台09:2209:30南霊仙09:3209:45南霊山09:4709:57霊仙山最高点10:0010:09霊仙山10:5210:53霊仙山三角点最高点分岐10:5411:00経塚山 九合目11:0411:18榑ヶ畑道八合目・お池11:26榑ヶ畑道七合目・お猿岩11:3011:31榑ヶ畑道六合目11:3311:39榑ヶ畑道五合目・見晴台11:4311:49榑ヶ畑道四合目11:5111:54榑ヶ畑道三合目11:5912:02榑ヶ畑道二合目・汗ふき峠12:1012:30落合登山口12:3212:36今畑登山口12:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 時計 サングラス タオル ツェルト ストック

写真

今畑近くの駐車場はすでに埋まっていました。縦列で止められる最後の一台でした。後から確認しましたが落合の駐車場も結構な台数でした。
2021年09月12日 07:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今畑近くの駐車場はすでに埋まっていました。縦列で止められる最後の一台でした。後から確認しましたが落合の駐車場も結構な台数でした。
2
笹峠近く。尾根筋もかつてはルートだったんでしょうかね。ここまででそこそこな人数のハイカーさんが(先に行かせて頂きありがとうございました)。
2021年09月12日 08:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹峠近く。尾根筋もかつてはルートだったんでしょうかね。ここまででそこそこな人数のハイカーさんが(先に行かせて頂きありがとうございました)。
ここを抜けると樹林帯を抜けます。
2021年09月12日 08:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを抜けると樹林帯を抜けます。
今まで登ってきた尾根筋を見返せます。
2021年09月12日 08:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで登ってきた尾根筋を見返せます。
樹林帯を抜けるといっきに急登です。
2021年09月12日 08:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるといっきに急登です。
一歩ずつ登っていきます。
2021年09月12日 08:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩ずつ登っていきます。
1
振り向けば絶景。晴れの日にまた来よう。
2021年09月12日 09:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば絶景。晴れの日にまた来よう。
2
急斜面の雰囲気はなかなか写真で表現しにくいですね。
2021年09月12日 09:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の雰囲気はなかなか写真で表現しにくいですね。
ザ登山な景色です。
2021年09月12日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザ登山な景色です。
1
最高点が見えてきた(結構前から見えていた)。
2021年09月12日 09:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点が見えてきた(結構前から見えていた)。
2
尾根にたっていることが嬉しくなる景色。
2021年09月12日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にたっていることが嬉しくなる景色。
1
霊仙最高点。
2021年09月12日 09:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙最高点。
2
向かいに伊吹山。霊仙に挟まれた関ヶ原の集落を見下ろせます。
2021年09月12日 09:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいに伊吹山。霊仙に挟まれた関ヶ原の集落を見下ろせます。
1
霊仙山頂。すてきな看板です。これを掲げて自撮りしているハイカーさんがうらやましかった。
2021年09月12日 10:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山頂。すてきな看板です。これを掲げて自撮りしているハイカーさんがうらやましかった。
2
山頂でかなりのんびりしました。明日からの仕事を思い出すと憂鬱です。さて,下山。
2021年09月12日 11:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でかなりのんびりしました。明日からの仕事を思い出すと憂鬱です。さて,下山。
1
再び樹林帯に入ります。
2021年09月12日 11:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入ります。
1
猿の親子発見。写真を撮っていると,別の木からこちらをにらみつけている父ザルの姿が。。。
2021年09月12日 11:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿の親子発見。写真を撮っていると,別の木からこちらをにらみつけている父ザルの姿が。。。
2
シカも目撃しました。
2021年09月12日 11:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカも目撃しました。
1
落合からのルートには渡渉が三回あります。途中で沢で手を洗ったときだと思いますが,指の間をヒルにやられました。油断した。。。
2021年09月12日 12:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合からのルートには渡渉が三回あります。途中で沢で手を洗ったときだと思いますが,指の間をヒルにやられました。油断した。。。
1
落合神社。なにか行事の集まりがあったみたいです。
2021年09月12日 12:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合神社。なにか行事の集まりがあったみたいです。
1
戻ってきました。
2021年09月12日 12:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
1

感想/記録

だんだんと登山に良い季節になってきました。
そうは言ってもまだ大汗もかきますし,水もそれなりに必要です。
さんざん購入を悩んだ Garmin Instinct Dual Powerをついに思い切って手に入れたので,これで取ったGPSデータをヤマレコで使う一発目ということで霊仙山を選びました。
到着まで思いのほか時間がかかり,今畑の駐車場はすでに満車状態でしたが,縦列でなんとか停められました。この車の数を見て大体の先行ハイカーさんの数を想像しながらスタートです。
今日は結構な人数が入山されていたように思います。快晴とはなりませんでしたが,それなりに天気も良かったからでしょうか。
それにしても霊仙の景色は本当に素晴らしいです。尾根筋の美しさ,山頂付近の広がり,雲が谷を流れていくのを見ていてもぐっときます。山頂ではけっこう長いことぼんやりしてしまいました。また来よう。積雪期に。


危険箇所はあまり多くはありませんが,樹林帯過ぎてからの急登エリアは,下山時のスリップに要注意でしょう。ザレ場を避けながら降りるべきでしょうけど,ザレ場に結構踏み跡があったりしてちょっと怖いなと思いました。

他の方のログでも書かれていましたが,汗ふき峠から落合方面の急斜面に道が流れてしまっているロープ場があります。ここも結構アブナイ箇所と思いました。
(その昔,似たような状況でロープを信じてザレザレの斜面を移動中,ロープにぐいと力をかけると,ロープを固定してあった木がそのまま折れて(腐ってたんでしょうね)自分に向かって転がり落ちてきたことがあります。運良くこれをよけられましたが,足場も草もないザレザレの斜面の真ん中に残されたときの不安感は忘れられません。それ以来ロープはあまり信用していないのですが,今回ばかりはロープを使いました。)

あとヒル。いますね。
沢で手を洗おうと屈んだタイミングでスマホを沢に落とし,それをあわてて拾い,そして手を洗いともたもたしている最中に指の付け根をやられました(その後グローブをしていて全く気づかず,運転中に気がつきました)。
沢周辺での長居はもう少し涼しくなるまで禁物かと。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:307人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ