また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3721522 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 蔵王・面白山・船形山

二口峠〜糸岳〜小東岳〜南面白山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年11月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 車・バイク
■二口峠に駐車
■面白山高原駅に下山〜仙山線で山寺〜タクシーで二口峠
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:25
距離
13.1 km
登り
1,208 m
下り
1,673 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
32分
合計
6時間25分
S二口峠06:1306:59糸岳07:0107:24石橋峠07:35山王岳07:3908:06小東峠08:0708:20小東岳08:2709:10猿鼻山09:1109:48南面白山10:0510:55権現様峠12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■二口峠〜南面白山は特に危険箇所なし。
■落ち葉が堆積しており粘土質の土や木の根が隠れていて滑りやすい。
■権現様峠〜長左衛門分岐は高巻やヘツリ状態が続く。
 要所要所に固定ロープはあるが、足元は不安定だし、掴める物もほとんどないので
 緊張の連続。不用意に立ち入らない方がベター。
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

二口峠の駐車場。
2021年11月07日 06:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口峠の駐車場。
葉を落とした木々。落ち葉が積み重なった登山道を行く。
2021年11月07日 06:35撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉を落とした木々。落ち葉が積み重なった登山道を行く。
糸岳に登る途中で陽が昇ってきた。
2021年11月07日 06:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸岳に登る途中で陽が昇ってきた。
下界は雲海で埋め尽くされている。背後に朝日連峰。
2021年11月07日 07:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雲海で埋め尽くされている。背後に朝日連峰。
山寺方面。右奥に月山。
2021年11月07日 07:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山寺方面。右奥に月山。
大朝日の雪はほとんど消えている。左端に祝瓶山が見える。
2021年11月07日 07:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日の雪はほとんど消えている。左端に祝瓶山が見える。
1
二口林道。急な山肌を切り開いて作られている。
2021年11月07日 07:13撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二口林道。急な山肌を切り開いて作られている。
左に小東岳、右に猿鼻山、中央奥に南面白山
2021年11月07日 08:08撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に小東岳、右に猿鼻山、中央奥に南面白山
猿鼻山の右に大東岳
2021年11月07日 08:08撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻山の右に大東岳
小東岳分岐から小東岳
2021年11月07日 08:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳分岐から小東岳
小東岳へ急登
2021年11月07日 08:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳へ急登
小東岳山頂。壊れた山名板はかろうじて判読可。
2021年11月07日 08:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東岳山頂。壊れた山名板はかろうじて判読可。
小東山頂から蔵王方面
2021年11月07日 08:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小東山頂から蔵王方面
飯豊連峰は真っ白だ。
2021年11月07日 08:35撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰は真っ白だ。
1
これから猿鼻山を越えて南面白山を目指す。
2021年11月07日 08:36撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから猿鼻山を越えて南面白山を目指す。
黒伏山方面。中央の尖がりは白森。
2021年11月07日 08:43撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒伏山方面。中央の尖がりは白森。
猿鼻山の山頂付近から振り返って蔵王方面。仙台神室、山形神室は天辺だけ。右端に竜山か。
2021年11月07日 09:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿鼻山の山頂付近から振り返って蔵王方面。仙台神室、山形神室は天辺だけ。右端に竜山か。
大東岳が近くなってきた。
2021年11月07日 09:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大東岳が近くなってきた。
南面白山へのルートがクッキリ見える。
2021年11月07日 09:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面白山へのルートがクッキリ見える。
南面白山へあと少し。
2021年11月07日 09:49撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面白山へあと少し。
南面白山山頂。逆光で大東岳は真っ黒。
2021年11月07日 10:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面白山山頂。逆光で大東岳は真っ黒。
1
歩いてきた道を振り返る。歩き始めはどこだろう・・・
2021年11月07日 10:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。歩き始めはどこだろう・・・
下山開始。斜面を下りて大東岳中腹を横切るように行く。この辺りは綺麗なブナ林で気持ちが良い。
2021年11月07日 10:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。斜面を下りて大東岳中腹を横切るように行く。この辺りは綺麗なブナ林で気持ちが良い。
何度か沢を横断して権現様峠。
2021年11月07日 11:07撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か沢を横断して権現様峠。
峠から下ると権現様の碑
2021年11月07日 11:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から下ると権現様の碑
下に権現沢を見て下って行く。
2021年11月07日 11:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に権現沢を見て下って行く。
沢を渡る。
2021年11月07日 11:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る。
足元が危なっかしいトラバースが続く。
2021年11月07日 11:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元が危なっかしいトラバースが続く。
先行する夫婦に追いついた。奥さんの方はかなり苦戦している様だった。先に行かせてもらう。
2021年11月07日 11:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行する夫婦に追いついた。奥さんの方はかなり苦戦している様だった。先に行かせてもらう。
下の沢まで降りる。
2021年11月07日 11:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の沢まで降りる。
渡渉する。
2021年11月07日 11:54撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉する。
急な山腹をトラバースしていく。足元は不安定で神経を使う。
2021年11月07日 12:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な山腹をトラバースしていく。足元は不安定で神経を使う。
長左衛門分岐
2021年11月07日 12:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長左衛門分岐
ここからは歩きやすくなる。
2021年11月07日 12:30撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは歩きやすくなる。
トラバースも足元がシッカリしている。
2021年11月07日 12:35撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースも足元がシッカリしている。
シッカリした橋
2021年11月07日 12:37撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シッカリした橋
1
吊橋もあった。
2021年11月07日 12:43撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋もあった。
1
紅葉川渓谷に落ちる滝。
2021年11月07日 12:45撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉川渓谷に落ちる滝。
1
面白山駅の前
2021年11月07日 12:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白山駅の前
仙山線で山寺下車。山寺は何かイベントがあった様で大賑わい。
2021年11月07日 13:46撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙山線で山寺下車。山寺は何かイベントがあった様で大賑わい。
1
撮影機材:

感想/記録
by TONO

 以前から狙っていた笹谷〜南面白山の稜線だが、先週「高取山」から北蔵王〜二口山塊の峰々を眺めてから、今週そこを歩こうか・・・と悩んでいた。道路情報を確認すると、笹谷への道は既に11/5に冬季通行止めだが、二口峠への道は11/8から通行止めだが11/7は通行できる。最近のヤマレコを見ると糸岳〜南面白山間は刈払いされている様。そしてこの日曜日は朝から快晴の予報。ここまで条件が揃えば行くしかない。
 早朝家を出て二口峠へ向かう。初めて行くところだが、特に迷うこともなく最初のゲートから10kmほど行くと二口峠の駐車場があった。まだ1台も停まっていない。
 準備をして歩き始め。糸岳〜山王岳〜小東岳〜猿鼻山〜南面白山とほぼノンストップでアップダウンを繰り返す。綺麗に刈払いされていて歩きやすいこともあり、10時前には南面白山に着いてしまった。ここで早いお昼休憩にするが、このままゲレンデ跡を下ってもつまらないので、まだ歩いていない権現様峠から権現沢沿いを下ることにした。
 ところがこのルートが凄かった。急下りで沢に下り立ち、飛び石伝いに何度か沢を渡ったり、高度感のある山腹のトラバースが続いたりするのだが、足元がかなり不安定で、掴むところもほとんどない様な所が多々ある。要所要所に固定ロープはあるものの、支点が抜けていたりで何とも頼りない。足を滑らせでもしたらただでは済みそうもない。長左衛門平からの道と合流してからは歩きやすくなったが、そこまではもう2度と歩こうとは思わないようなルートだった。そして何とか無事に下り立った面白山駅の平和なこと。
 今回はメインの二口峠〜南面白山間よりも、権現様峠〜面白山駅までの方が強烈なインパクトを残した山行となった。ゲレンデ跡地を登るルートとの対極にある様なルートで、面白山にこんな一面があったのかとちょっと衝撃的だった。まぁゲレンデ跡も過去に熊に出会っているから油断はできないのだが・・・(TONO)

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:223人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ